「追われるように働く」と言いますが、とにかく営業マンは「ノルマ」に追われているわけですよね。

僕は新社会人当初も転職した今も営業ですが、以前の会社ではノルマに追われてばかりでした。「営業が仕事」というよりも「ノルマこそ仕事」のようになってしまって、「きつい」「辛い」と負のワード大量生産の日々。

転職するなら「ノルマがない仕事がいい」「これまでの経験を活かせる営業職がいい」

そんな一見矛盾したような考えを抱いている人に、ノルマがない営業に転職するためのアドバイスを贈りたいと思います。これが…営業のノルマなし求人に出会うための方法と注意点だ!

ノルマがない営業と言われている「ルート営業」

ルート営業というのは、既存顧客を対象にとる営業のことです。

決まった顧客のところを訪問して回るため「ルート」営業と言います。

ルート営業に求められるのは、ヒアリング力です。顧客の現状や要望・本音を引き出すための共感力と傾聴力、そしてトーク力も必要とされます。あとはどの営業にも大事な清潔感とか身だしなみとかマナーとかそういうものですね。

そんなルート営業は、ノルマがない営業と言われているんです。

既存顧客から取れる売上というのは、最初からある程度決まっていますからね。通常は同じようなモノを同じような数量発注してくれるし、信頼関係が築かれていれば新商品もしっかり検討してくれるし…。

だからノルマなしの営業だと言われているわけですよ。

「ルート営業は楽だ!」も、よく言われること。

信頼関係がある顧客と接するから「毎回信頼ゼロから売る辛さ」はないし、飛び込みもテレアポもありませんしね。訪問先も時間もあらかじめ決まっているため、仕事がある程度ルーチンになるのもルート営業が楽という根拠です。

しかし、少し注意しておきたいことがあります。

ルート営業だとしても、目標設定はあるんですよ。

明確に厳格なノルマを強いているわけではないとしても、「既存の顧客からこれくらいは少なくとも売上欲しいよねえ」という目標があります。

前年度の売上より上を目指すのが、基本ですね。

経営的に考えたら当たり前のことだけど、僕らサラリーマンな営業マンはそれを失念してしまいがちになります。

売上をアップしていかないと、企業として生きていけないじゃないか!
前年度を超えていないと成長できないじゃないか!

目標達成すれば問題ありませんが、無理そうなら新規開拓の仕事をさせられることもあります。

中には完全にノルマが無くてプレッシャーになるような目標もないような会社もありますが、かなりの少数派。

ルート営業にはノルマがないと言うよりも、ノルマ重視で働くよりも「お客様重視」で働く仕事と言うほうが正しいのかもしれませんね。営業という仕事の本質が見えてくる、非常にやりがいがある仕事でもあります。

何はともあれ、追われるがままにノルマこそジャスティスになってしまっている状況にある人や、ノルマがきついという人には…ルート営業、かなりオススメです。

それに…新規開拓をさせられる会社を選ばないようにすれば、問題は全くなくなりますから。

ノルマがない・ノルマがゆるい営業の求人を見つけるための予備知識

ノルマがない営業の求人を探すときには、注意しないといけないことがあります。そして…ルート営業を選ぶこと以外にも、転職先選びや転職活動のポイントがあるんです。

それらを知れば…営業の重圧の多くから逃げられるぞ!

1.狙うべき会社の特徴

営業の仕事を続ける限り、完全に重圧から逃れることはなかなかできることではありません。

ただ、その中でも「ルート営業の求人」を探しながら「なるべく重圧の少ない会社」を狙うことによって営業に関する重圧を最小限に抑えることはできます。そのために狙うべき会社の特徴が、次の通りです。

  • 大手企業子会社・関連会社
  • 大手と取引のある中小企業

大手企業子会社と関連会社や、大手と取引のある中小企業を狙うべき理由は単純にして明快。

取引が…安定しているからだ!

特に大手企業子会社と関連会社に関しては、ネームバリューにより営業がかなりしやすいんですよねえ。よく知らない企業の物を買うのは怖いが、知っている企業の物を買うのは個人も企業もかなり安心でハードルが低いんです。

だからルート営業の売上目標も達成しやすく、新規開発をしたとしても無茶な営業手法になることもないという話。

転職活動をするときには、この話を思い出してみてください。

2.求人票の「ノルマなし」は簡単に信じてはいけない

求人に「ノルマなし」と書いていることは、意外と多いです。そのほうが多くの人が求人に飛びついてくれますからね。営業ノルマがきつい辛いと思っている人たちにとって、ノルマなしのインパクトは絶大だから。

しかし、ノルマなしと言いながら実質的なノルマが存在するケースがあるんです。

たとえば「(チーム)ノルマなし」だけど「(個人)ノルマあり」のケースが非常に多い! その逆もまたしかり。

また、「ノルマなし」と言いながらも営業予算だけは存在するということもあります。

ここがノルマなし営業求人最大の落とし穴となっているわけです。求人票にある「ノルマなし」という記述は、簡単に信じてはいけません。

ノルマがない・ノルマがゆるい営業の求人を見つける方法

結局、ノルマがない営業の仕事に就くときには「ルート営業を選ぶ」としても、「求人にノルマなしと書かれていた」としても、企業の内情を調べる必要があるということです。

調査をせずにノルマがない・ゆるい営業の仕事には就けないと心得ておきましょう。

そのために、転職エージェントを使うことをオススメします。

自分で企業の内情を調べるのは、現実的ではありません。口コミサイトもあるにはありますが、個人が主観で語っている掲示板のようなもので正確性と客観性に欠けます。個人でやれることには限りがあるわけです。

転職エージェントを使えば、「ノルマがない、またはゆるい営業に転職したい」ということを担当アドバイザーに伝えるだけで、そういう求人を紹介してもらうことができるんです。

転職エージェントは求人先企業の実態調査を独自に行っており、「実際にノルマがあるか(きつくないか)」を把握しているため、僕ら利用者は特に深く考えず希望を伝えるだけでOKということ。

転職エージェントを使うだけで、ノルマがない営業の求人がグッと見つけやすくなります。

転職後も営業の仕事がしたい人は転職エージェントを使い、なるべく重圧が少ない働き方ができる会社を狙っていきましょう。