妻子持ち・家族持ちだって、転職がしたい!

家族を持つ身。責任ある立場ということはわかっている。けれども、それでも転職がしたい。

僕は、そんな既婚男性たちを全力で応援します。

僕は家族持ちではありませんが、転職経験者として転職に関する注意点やアドバイスを書いてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい!

転職のタイミングに注意!「働きながら転職活動」はマスト

まず最初に、転職活動を行う際の第一前提を紹介します。

それは…働きながら、転職活動をするということです。

タイミング悪く仕事を辞めてしまえば、「転職をしなければならない」という追い込まれた状況になります。転職できなければ無職ですからね。家族を持つ男性がここまで自分を追い込むのは、誰が考えても危険でしょう。

リスクを少しでも減らすため、働きながらの転職活動を断固としてオススメしますよ。

「働きながらの転職活動なんてどうせ上手くいかない」と言う方も多いですが、出来ます。どんなブラック企業で働いていたとしても、可能です。

だって、僕がそうだったんだから。黒々としすぎて逆に黒いと認識できなくなるほどのバリバリのブラック企業で働きながら、僕はホワイト企業への転職を果たしました。

自分なりに、この結果にはとても満足しています。だからこそ、ここでいろんなことをお伝えしているわけです。

ただ、求人を探す時間はあまりありませんでした。

そこで役立ったのが、転職エージェントです。

登録してカウンセリングを済ませたら、勝手に良い求人が届くんだから、便利ですよ。

仕事しているときに「ポーン」と通知が入って、「なんじゃらほい」と思ったら求人のお知らせ。時間があるときにそれを閲覧しておくだけで、求人チェックができるんです。

送られてくる求人は、自分の希望条件とマッチしているものばかりなので、それを見て「応募するかどうか」を判断するだけで良いんですよ。

選考の日程などは担当者が調整してくれますし、僕らはなんとしてでも時間を空けて選考を受けるだけ。

もちろん、仕事選びに関しても【妻子持ち・家族持ち】という実状をしっかり理解したうえでアドバイスをしてくれます。

また、内定までのトータルサポートには「書類添削」「条件交渉」なども含まれるんです。

転職エージェントを使うことによって、忙しく働いていても転職活動を進めやすくなるということですね。

僕も、転職エージェントのサポートを受けてブラック企業で働きながら転職しました。面接もこちらの都合を重視してもらったり、昼休みに対応してくれる企業もあったりしました。

使えば働きながら転職活動できるというよりも、使わないと無理かもしれませんね。

「家族の理解」を得るには?信頼することが大切

家族持ちが転職を決意する一番のハードルになっているのは、恐らく「家族の理解」じゃないでしょうか。

僕が思うに、妻子とうまく関係を築けている人ならその不安は必要ありません。

試しに、「僕が転職したいと言ったらどうする?」と聞いてみてください。その反応は、あなたが想像しているよりずっと「好意的」なはずです。

ただ、好意的な反応が得られたからと「もしもの話」で終わりにすることがないように注意してくださいね。

好意的反応が得られたなら、そのまま転職したいという旨を伝えましょう。もちろん、子どもにもしっかりと話を通してください。年齢によっては理解が難しいかもしれませんが、子どもは「自分に話をしてくれた」というだけで嬉しいものです。

逆に、「話してくれなかった」ら悲しくなります。

家族を信頼して、相談してみましょう。

貯蓄額はどのくらいあったら良いのか?

転職をした結果、どうなるかはわかりませんが、給料が多少減額されることもあるでしょう。

転職先に選ぶ仕事が未経験だった場合は、多少どころじゃないかもしれません。

未経験でも前のキャリアが少し絡んでいる仕事であれば、給料は据え置きの場合もありますが、ほとんどの場合は下がります。

それ以外でも、休日日数や残業ナシを重視した場合も下がりやすいですね。

一度給料が下がっても、その会社がブラック企業でない限りはまた上がります。未経験でも経験を積めば普通に上がりますし、徐々に生活は良くなっていくでしょう。

ただ、それまでの間は以前よりも生活が厳しくなるかもしれません。

そこで必要になってくるのが「貯蓄」です。

働きながらの転職を前提とするとこんなには必要ありませんが、一度退職する場合は、失業手当を貰うことを計算したうえで1年無収入でも生活できるくらいの貯蓄があれば安全でしょう。

急に生活が厳しくなるとなかなか対応できないものですから、給料が上がるまでの間これまでと同じ生活レベルを少しでも保てなければ、現実問題厳しいです。

給料据え置き以上であれば問題ありませんが、万が一下がった場合には貯蓄が必要だということを肝に銘じておきましょう。

また、どんなことでも不安なことがあったら、転職エージェントのアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

「空白期間なしで転職したいから、できれば入職時期を調整してもらいたい」「給料が上がるor据え置きの求人だけ紹介して欲しい」「家族手当や住宅補助がある職場なら、多少の収入ダウンもOK」といった感じで希望をどんどんぶつけてOKです。

ラスト転職のつもりで!どんな転職先を選ぶべき?

子供がいながら転職を何度も繰り返すというのは、家庭の安定のためによろしくありませんし、何よりも子供の教育のためによろしくありません。

親の仕事や家庭の環境・状況がコロコロ変わると、子供の精神状態が不安定になりやすいです。

僕の友人の親が、昔コロコロ職を変えていたんですが、その友人は中学生・高校生時代少しグレていました。当時は親に対してとても反抗的だったんですよ。

今でも、割と反抗しているようで決して仲の良い親子ではありません。まあ、今はグレているときの面影なく真面目一直線ですけどね。

そういう例もありますし、やはり家庭は安定しているに越したことはありません。

だから、「これが最後の転職」だと腹をくくってください。

これは20代だろうと30代だろうと、年齢は関係ありません。

最後の転職だから、慎重に。「ここで長く働くことができるかどうか」を重視して転職活動をしましょう。

僕がおすすめしたい「転職先に求める条件」

自分なりの希望条件がある方も多いと思いますが、「よくわからない」という方のために僕が個人的にオススメしたい職場の特徴を紹介します。

  • 残業が少なく、土日休みが取れる
  • キャリアアップ可能な仕事or職場
  • 福利厚生が充実した職場

残業が少なく土日休みが取れる職場というのは、子どものために重視したい条件です。子どもにとって、両親がともに家にいる時間が多いというのは大切なことです。

僕が調べたところによると、子どもの情緒が安定しやすいそうです。両親が家にいないと、少なからず寂しい思いをさせてしまいますからね。

また、子ども同士の関係にも影響を与えます。両親が土日休みじゃないと出来ないこと、案外多いです。たとえば「お泊り会」「おうちパーティ」なんかは、親がいないと許可できませんよね。

キャリアアップを視野に入れるというのは奥さんのためにオススメしたいことです。

転職活動の前向きな口実になり、奥さんの理解も得やすくなります。そして何よりも、キャリアアップすると待遇が良くなるから家計に嬉しいですよね。

福利厚生の充実度は、あなた自身の心身の健康のために必要な項目です。家族持ちには、自分自身の幸せや健康を考えて欲しいと思ったからオススメに含めました。

大切な人には幸せ&健康でいて欲しいというのは、あなたが妻子に対して思うのと同じく、妻子もまたあなたに思っていることですからね。

給料に関しては自分の希望額の下限をしっかり決めておいて、そこまでは下げてもいいという心積もりで転職に挑みましょう。

再転職を防ぐには、やっぱり自分自身の希望を叶えてこそです。

違う仕事がしたいなら、奥さんと相談した上で、やればいいんです。新しいキャリアを作って、そこでスキルアップして今よりも成長してやればいいんです。

そうすれば仕事も生活も張りが出て、結果的に楽しく安定した家庭を築けると僕は思いますよ!