女性が働きやすい会社の特徴8個!転職先を探すときの見極め方を解説

女性が働きやすい会社に転職したい!

近年は女性の雇用環境改善に力を入れる企業が増えていますが、それでもまだ女性に優しくない企業が蔓延っています。

そんな時代遅れな企業で働いていて、一刻も早く転職したいと思っている女性も多いと思います。

この記事では、女性が働きやすい会社の特徴と、その見分け方について解説しています。

ぜひ参考にしてみてください!

女性が働きやすい会社・職場の特徴8個

女性が働きやすい会社・職場とはなんだろう? その特徴や条件は福利厚生・働き方・職場の雰囲気などなど、さまざまなところに隠れています。そんな女性が働きやすい会社・職場の特徴を8個紹介します。

1.残業が少ない

男女関係なく、残業が少ないとすごく働きやすいです。

子どもができたときには早く家に帰って子どもの相手をしたいじゃないですか。共働きの場合は特に、両方とも帰りが遅いと子どもは凄く寂しいですからね。

2.時短勤務・フレックス制度あり

結婚・出産後に時短勤務させてくれれば、すごく働きやすいですよね。

時短勤務制度があるかどうかは、女性が働きやすい会社の条件としてすごく大事だと思います。

あとは、フレックス制度があるとありがたいですよね。朝起きてお腹が辛いときに少し時間をずらしたり、準備で慌ただしい朝に余裕が生まれたりするだけでも、かなり働きやすくなると思います。

3.在宅ワーク・リモートワークが可能

常に在宅ワークが可能な会社もあれば、状況に応じてリモートワークが可能な会社もあります。

結婚した後、家事をしながら会社に行って働くのは辛いですよね。旦那さんも当たり前のように家事をする人だったらいいけど、そうじゃないと共働きの場合に女性の負担が大きくなります。

育児と通勤を両立するのも大変だし…。

そういうとき在宅勤務・リモートワークが可能なら、女性にとって働きやすい会社と言えるでしょう。

5.女性の数が多いが、男性も少ないわけではない

女性が働きやすい会社の特徴には、男女比が大きく関わってきます。

まず、男女かかわらず同性ばかりの職場は要注意です。異性の目が無いときの同性同士でのコミュニケーションの複雑さやノリのようなものに、精神的ストレスが溜まる可能性があります。

また、男性が多すぎる職場も女性の働きやすさに関する理解が足りない傾向があります。

女性が多いけど、男性の数もそれなりにあるという6:4から7:3くらいの男女比が女性にとって一番働きやすいのではないでしょうか。

6.社員の年代が偏っていない

男女比が偏り過ぎていないことも大事だけど、年代も実は大事。

社員の年代が偏るということは、価値観が偏るということと同義です。特に避けたいのが、高い年代ばかりの職場。

女性が働くということ自体への正しい理解が進んでおらず、究極に女性が働きにくい会社になっている可能性が高いです。年代が高くなると頭も固くなり、これからどうしようも変わりようがありませんしねえ…。

若い人も、年長者も両方多い職場が一番健全です。

7.男女関係なく子育て両立支援制度があり、利用者も多い

子育て両立支援制度が、男女関係なく使える会社は最近少しずつ増えてきています。

ポイントなのが「男女関係なく利用できる」という点です。

男性が育児休暇を使えなかったり、使いにくいような雰囲気があるような会社は、「女性が家事や子育てをするべき」みたいな古い価値観に縛られている可能性が高いので警戒が必要です。

8.男女関係なく育児経験者の管理職がいる

男性管理職だろうと、育児に積極的に関わっている経験がある人は女性への理解が深いです。それだけ夫婦協力し合って、理解し合って生きているということですからね。

当然、女性管理職でなおかつ育児経験者なら女性の働きやすさに関する理解が深いだけじゃなく、育児に関する理解も深いです。結婚出産していてもしていなくても、あなたが働きやすい環境を整えてくれるのではないでしょうか。

女性が働きやすい会社の共通点と見極め方

  • 制度や評価などが男女平等
  • 職場の人に心の余裕がある
  • 柔軟な働き方が出来る

ここまで紹介してきた、女性が働きやすい会社の特徴には以上3つの共通点があります。

逆に言えば以上に当てはまらない会社が、女性にとって働きにくい会社ということです。

問題は転職をするとき、どうやってその会社を見極めれば良いのかということですよね。制度などは求人を見れば良いかもしれないけど、それ以外の特徴に関してはかなり見分けるのが難しいんですよね。

まず、口コミサイトを利用するという手があります。

例えば、転職会議という口コミサイトが、女性が働きやすい企業ランキングを作っています。

このような口コミサイトで、自分が気になった企業で働く女性の口コミをチェックするのが有効だと思います。

あとは、転職エージェントを使うのもおすすめです。

転職エージェントを使い、各種制度が整っていることを条件にして求人を紹介してもらいましょう。

そこから「女性管理職の有無」「職場の雰囲気や男女比・年齢層の偏り」などを質問していき、可能なら職場見学を申し込むことによって女性が働きやすい会社を見分けることができます。

会社の取り繕ったホームページや求人票だけを鵜呑みにせず、いろいろな角度から検証していくことが大切ですよ!

-仕事の悩み