女性ばかりの職場を辞めたい… ストレスから解放されるための転職先選びを解説

男女比が偏ると、良いことねえな!

その最たる例として言われているのが、「女性ばかりの職場」が辛いということ。女性ばかりの職場に放り込まれた男性も、そこにいる女性自身も、みんなそれぞれストレスを抱えるんだ。そんなストレスフルな職場を辞めたいあなた!

よーく考えよう、男女比大事だよー。

女性ばかりの職場、辛いのは人間関係のストレス

女性ばかりの職場が辛いと言われている理由は、人間関係のストレスです。

陰口と悪口が頻繁に聞こえてくるだとか、誰か一人を執拗に叩いているだとか、陰湿じめじめとした意地悪な人間関係が構築されているんですよねえ。女性なら自分がターゲットになることを恐れながら、周りに迎合しないと生きていけない自分に苛立ちストレスが溜まります。

男性はターゲットにされやすいし、標的にならなくても周りで陰口と悪意が渦巻いている環境にストレスが溜まりますよねえ。

酷いときは派閥みたいなものも出来たりしちゃって、派閥争いなんてしたりしちゃって…。とにかく気を使うし、とにかくイライラするし、怖いし無理! 辞めたい! という話ですよ。

だけど、どうしてこんなことになってしまうんだろう?

どうして女性ばかりだと人間関係がグチャグチャになるのか

女性ばかりの職場で人間関係がグチャグチャになりやすいのには、いろいろな理由があります。

僕は心理学に興味があって独学でいろいろ本を読んでいるので、その中で得た知識で語ろうか。男と女は子供のころから身を置いている環境が違うため、考え方も感じ方も異なる生き物に育つという考え方があるんですよ。

男は言いたいことを言う、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いというハッキリとした人間関係が多いです。何か嫌なことがあれば口喧嘩なり、殴り合いなりをしてきました。僕は殴りあったことはありませんが、子供のころの口喧嘩なんて日常でしたねえ。

喧嘩するから、翌朝普通の顔で「おはよう!」とスッキリして言えるんです。

だけど、女性は子供のころからそういうことをしない環境で育った人が多いんですよ。

親が「女の子だから喧嘩はダメ」とか、そういう教育をします。逆に男だと「男は喧嘩くらいするだろう」と親が言うんですよ。直接的にお互い思っていることを言い合わないという環境に身をおき、そういう教育をされている女性。

だから、嫌なことがあると遠まわしに忠告をし、それを無視されると嫌がらせを行うという方向にシフトします。

一度言い合ってスッキリ! みたいなことがないから、じめじめするわけです。

また、女性というのは昔からコミュニティを重視してきました。

これは太古より続く男女の役割の違いと言われていて、狩りの時代に男は外で狩りをし、女は拠点で生活のことをする。そうなると女性同士のコミュニティが形成され、それが「ご近所付き合い」みたいなものに発展するわけです。

狩りの時代から続いているこの役割分担が、女性をコミュニティ重視の生き物にしている説があります。

だから、「空気が読めない」「察しが悪い」みたいな和を乱す人を排除しようとするんです。結果、虐めや嫌がらせに発展します。これが職場においても発揮されているため、女性ばかりの職場は人間関係が崩壊しやすいという意見もあるんですよ。

育った環境論と、性別の生物としての役割論。

女性のあなたは、たまたまそれに馴染めなかったのかもしれません。性別の役割と言っても、遺伝とか本能的なものは人によって大小がありますし、育った環境が異なれば男性に近い考えにもなりますから。

男からすると、理解が及ばないこともあるかもしれません。

どちらにしても、「今更どうしようもない理由」なんですよ。今の職場にいながら状況を変えるというのは、不可能です。

対処法は異動か転職か

女性ばかりの職場をストレスから辞めたいあなたの前には、二つの対処法があります。

異動か、転職か。

職場内で虐めがあるという理由なら、異動もワンチャンスあります。ただし、かなり波風立つことは覚悟しておきましょう。職場としては職場内虐めとか嫌がらせとかそういうのは見逃せないものだから、それを理由にするのは結構危険です。

また、ただ悪口が横行しているだけだと見逃される可能性もあります。

異動を希望するときは、適当に違う理由を見つけたほうが無難ですね。

ただ、異動は確実性がありません。確実に異動させてもらえるとは限らないし、また女性が多い部署に異動になる可能性もあります。

個人的に一番オススメなのは、転職することです。

転職したら、対策を立てることで確実に女性が多い職場を避けられますから。転職エージェントを使って「この求人先の男女比が知りたい」と言えば知ることが可能だし、そもそも男性が多い仕事を希望したら確実性はめちゃくちゃ上がります。

男が多い仕事とは?

女性の社会進出が進んできたとはいえ、まだまだ会社という組織は男性のほうが多いのが当たり前です。日本全人口の男女比率は女性のほうが多いとか言われているんですけどね、社会は男性のほうが多いんだ。

だから、特別女性が多い仕事を避けるだけでOKです。

あとは転職エージェントに任せてしまえば、女性ばかりの職場を避けられます。

特別女性が多い傾向がある仕事は、「事務」「経理」「総務」「看護師」「介護系全般」「美容業界」などですね。事務・経理・総務に関しては会社によっては男女比が半々とか女:男=6:4くらいのところもあります。

あくまでも女性が多い傾向があるという感じです。

ただ、看護・介護・美容など業界全体で女性が多いところもあります。

女性ばかりの職場に転職してしまう可能性を少しでも低くするなら、上記六つの仕事は避けたほうがいいでしょう。転職エージェントを使うなどすれば、事務なども選択肢に入れられるようになるとは思いますけどね。

何はともあれ、特別女性比が高い職場を避けながら、転職エージェントを使って男女比を確認する。

これが、女性ばかりの職場を辞めたい人にとって、最善の対処法です!

© 2020 さよなら社畜人生