仕事を辞めるのは逃げではない!自分の弱さと向き合うことの大切さと「転職」の捉え方

真面目な人ほど、自分が仕事を辞めたいと思っているということについて深く悩みます。自分の弱さのせいか、逃げているだけなのか、今逃げていいのか…。

そんな状況で悩んでいるあなたに、転職経験者の僕なりの意見をお伝えしたいと思います。

転職活動を始めるきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

まずは自分の弱さを受け入れることが大切

「仕事を辞めたいのは自分が弱いからだ」という考えを僕は否定しません。

「え、否定してよ」と思った人も多いと思います。「辞めたい 弱い」と検索してみると「弱さじゃないよー」という記事がたくさん出てきますからね。そうやって励ますというのも、間違いじゃないんでしょう。

でも、仕事を辞めたいと思ったことに「弱さ」が関係ないかと問われたら? 関係なくはないでしょう。少なからず、あなた自身の弱さも絡んでいるはずです。もちろん、僕の場合もそうでした。

大切なのは「弱い自分を受け入れること」だと思います。

自分のどこが弱いのか、その弱さは仕事をする上で克服したほうがいいのか? それらを考え自覚することによって、今の仕事から逃げた先…転職先をバッチリと見つけることができると思います。

弱さは必ずしも悪にはなりません。自分の身や心を守るために、必要な弱さもあります。自分自身をないがしろにしてまで戦い続ける強さなんか要りません。だから、仕事を辞めたいと思った弱さは大切にすべきだと僕は思います。

仕事を辞めるのは「逃げ」ではない

仕事を辞めるのは逃げだ、と声高に叫ぶ人がいます。「仕事を辞めたいです」と言ったら、「逃げちゃいかんよ」と返す人もいます。ただ、僕が思うのは「仕事を辞めるとき、ほとんどの場合は『逃げ』ではない」ということです。

大変な思いをしてまで就いた仕事を辞めたいと思うということは、それだけ辛い状況だということでしょう?

余程の破滅願望主義者でない限り、苦労して手に入れた場所・地位を手放すのは惜しいと考えるものです。その口惜しさよりも「辞めたい」という気持ちが勝っているということは、それ相応に辛いということ。

辛いことから逃げているのかもしれないけれど、「ただの逃げだ」と一蹴することはできません。そんな権利は誰にもないと思います。

嫌な環境や辛い状況に身を置き続けること以上に厳しいことはなかなかないし、その状態が続いたら心や体を壊してしまうかもしれません。嫌だ、辛いと思いながら仕事をすることには何の意味も無いと僕は思います。

そんなことを感じながら仕事をしていても、成長しないし成果も残せない。ただダラダラしてしまうだけです。嫌なことからは逃げないと、明るい未来は掴めません。今の環境で戦うのではなく、新しい環境に移るために戦いましょう。

しかし、考え方・行動を間違えると「ただの逃げ」と言われても仕方がない状況になってしまうことがあります。どういうケースが「ただの逃げ」になってしまうのか? 建設的な転職とは何か…。

これからじっくりと紹介しましょう。

「ただの逃げ」ではなく、「建設的な転職」にするために

建設的な転職をして勝組になった人のことを「転職勝組」、ただの逃げになってしまった人のことを「転職負け組」としましょう。

転職勝組になるためには、大前提となる条件があります。

これは、僕がこのブログで何度も語ってきたことです。その大前提というのが、「仕事を辞めたいと思った理由をハッキリさせること」。転職勝組になれるかどうかは、正直これに尽きます。

この大前提がしっかりできていないと、それだけで負け組になってしまうと言っても過言ではありません。

「どこに逃げればいいか」がわからないと、逃げ切れませんよね。辞めたい理由を整理しておかないと、その理由を解消できる仕事・職場を見つけることができません。逃げる先が見つからないまま走っても力尽きるだけです。

建設的な転職をするために、あなたが最初にすべきなのは「転職理由を明確にすること」です。自分が今の仕事や職場のどういうところに「辛い」と感じているのかを紙に書いていけば、自ずと見えてきます。

例えば…

  • 給料が低い
  • 残業が多い
  • 残業代が出ない
  • 休みが少ない
  • 自分に合っていないと思う
  • 人間関係が合わない

悩みが見えてきたら、それをひっくり返してみてください。「給料が低い」は「給料が高い」に、「残業が多い」は「残業が少ない」に。そうすると、あなたが選ぶべき仕事や職場の特徴が見えてきます。

そして、実際に求人を探す際は、転職エージェントを活用することをおすすめします。このブログで一貫しておすすめしている転職支援サービスです。詳細はこの記事の下部にあるリンクから確認してみてください。

結局のところ、ただの逃げになってしまう転職負け組と、建設的な転職をして逃げ切った転職勝組との違いは「逃げる」という行為に対する考え方の違いだと僕は思います。「逃げる」ということを、ただの「逃げ」だと考えているから対策を立てないし無暗やたらに突っ走って失敗してしまう。

「逃げる」という行為を幸せや理想の人生を掴むための戦いだと捉えることで、転職成功の道が開けると思いますよ。

-仕事の悩み