仕事が苦痛でしかない ←この危険性と原因、対処法を解説します。

仕事をしていれば辛いと思うことは誰でもあります。

でも、「仕事が苦痛でしかない」というレベルに達してしまうのは異常なことです。

人生のほとんどの時間を占める「仕事」。それが苦痛でしかたがないというのは、「人生が苦痛でしかたない」とほぼ同義ではないでしょうか。

その状況からどうやって抜け出せばよいのか?転職経験者の僕なりの意見を語りたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

仕事が苦痛でしかたない。その状況が続くと危険

日本社会において、仕事は人生の大半を占めています。毎日8時間以上も仕事をするんだから、当然ですよね。定時帰宅が可能な人だとしてもそうなのに、残業が多い人だともっと大半を占めることになります。

そんな仕事が苦痛でしかないということは?

人生が苦痛そのものということです。

まさに、精神的な逃げ場がない状況です。

この状況が長く続くと、最悪の場合、精神を病んでしまう可能性があります。

仕事で人生を台無しにされる前に、転職に向けて動き出すべきではないでしょうか。

転職先は「好きな仕事」である必要はない

苦痛でしかない仕事を辞めたほうがいいなら、好きな仕事をしないといけないのかという疑問が浮かびますよね。

僕が思うに、好きな仕事をする必要はありません。

僕の場合、今の仕事が好きではなく、むしろ嫌なことも多々あるんですが、「プライベートを楽しめるだけの時間と、給料が得られる仕事」だから、とても満足しています。趣味を仕事にしているわけではないので、純粋に仕事を「金儲けの方法」と割り切れますしね。

僕と同じように、私生活が充実していればどんな仕事でもいいという人も多いと思いますし、求人探しもより現実的になると思います。

「好きな仕事を見つけないと!」「やりがいのある仕事を見つけないと!」と思っている人は、待遇面や働きやすさの充実にも目を向けるようにしたら、転職先の選択肢も広がるのではないでしょうか。

仕事が苦痛でしかないのは、今の仕事が向いてない可能性が高い

仕事の全てが苦痛になってしまい、仕事がうまくいかないのなら、その仕事に向いていない可能性があります。職場の状態がひどすぎる人は仕事自体に問題があるとは限りませんが、それ以外の人は仕事自体に問題がある可能性が高いです。

今の仕事に求められることと、自分の能力・性格とが一致すれば向いていると言えます。

仕事を辞めたいと思ったら、まずは今の仕事に求められることと、自分の能力・性格を列挙してみてください。

一致していないのなら仕事自体を変え、一致したのなら職場を変える方向で転職活動を進めましょう。

向いている仕事を探すという方向に進むのなら、先ほどと逆のことをしましょう。先ほどは今の仕事に要求されることと自分の能力・性格の不一致を探りましたが、今度は自分の能力・性格と一致する仕事を探すわけです。

自分の能力・性格は既に列挙しているので、この作業の準備は整っています。問題はどうやって仕事を探すかということです。

僕がオススメするのは、転職エージェントを使って探すという方法。

転職エージェントの担当アドバイザーに相談する際、自分に合う仕事を探したいということを伝えましょう。そして、前もって列挙しておいた自分の能力・性格を挙げてください。

そうしたら、アドバイザーがあなたに合う仕事を探してくれます。最初は、あなた自身のキャリアを潰さない方向…今と同じ業界内で職を探してくれるはずです。業界内だと解決できない場合は、給料が下がるかもしれないと注意しながら業界外の仕事を探してくれるでしょう。

「職場」が原因で苦痛が生まれている可能性もある

前章で「今の仕事に向いてない」という結論に至った人は、それが苦痛の原因になっていますが、そうでない人は「職場」に原因がある可能性が高いです。

まずは、今の仕事のどこが苦痛なのか…枚挙にいとまがないと思いますが、全て挙げてください。

列挙してみると、それぞれの苦痛が「ひとつの苦痛に集約される」ことに気づきませんか? 家に帰るのが遅く趣味を楽しめないという苦痛と、最近心身共に疲れ切っているという苦痛は、残業が多いということに集約されます。

そうやって集約していくと、次のような苦痛・不満が残るのではないでしょうか。

  • 残業が多い
  • 残業代が出ない
  • 給料が低い
  • 職場の人間関係が辛い
  • 本業以外の雑用が多い
  • ハラスメント

もちろん人によって当てはまるものと当てはまらないものがあると思いますが、職場に対する不満というのは大体上の6つに集約されます。

以上の中から特に苦痛に感じていることワースト3を決めましょう。そのワースト3は最低限あなたが解消すべき苦痛です。

自分が苦痛に感じていることワースト3を決めたら、その苦痛を解消するために転職エージェントを頼ることをオススメします。

まず、転職エージェントを利用すれば、質の高い求人を紹介してもらうことができます。これだけで、自分で求人を探すよりも、ブラック企業や苦痛を感じる職場に当たってしまう可能性が下がります。

さらに、転職エージェントは求人企業の実態を調査しているので、より細かい条件で求人を絞り込むことができます。自分が今の職場で苦痛に感じていることをアドバイザーに伝えるだけで、それを回避できる求人をピンポイントで紹介してもらえます。

転職のアドバイスやサポートもしてくれるから、転職自体のハードルも下がるし、一石二鳥です。

上手に活用して、自分にとって働きやすい職場を探していきましょう。

-仕事の悩み