精神保健福祉士は、心を削る仕事。

精神科等で働き、精神障害者に対して相談や援助を行う精神保健福祉士。そんな仕事をしている人たちは、逆に心を病んでしまうことが多いです。ミイラ取りがミイラになるみたいな感じですね。少し違うかもしれませんが。

人の精神に深く踏み入れるということは、その人の痛みや苦しみが自分の中に入ってくるのと同義。それだけでも大変なのに、職場に問題を抱える人も多い。健全な精神を持っている人ほど、精神保健福祉士の仕事は辛すぎるように思います。

仕事を辞めたいのなら、心を壊しやむなく退職する前に、自分から転職する決意も必要かもしれません。

精神科勤務にありがちな仕事の辛さ

医師や看護師との、足の引っ張り合い。

精神保健福祉士は福祉の分野において、特殊な資格・仕事です。他の資格に比べると持っている人の人数も少なく、更に精神保健福祉士としてしっかり働いている人はもっと少ない。そういう特殊な仕事だからこそ、他の職種の人との折り合いが悪いようです。

特に、精神科勤務の方は医師や看護師に雑務を押し付けられたり、本業の休憩中に受付業務を押し付けられたりすることが多くありませんか?

仕事量が多くて本来の仕事に支障をきたす。残業をしてまで雑用をすることになるが、残業代は貰えない。

働くには、劣悪な環境だなあ…。

そうやって心身共にすり減らした状態で、適切な相談援助ができるでしょうか。そのうちに、自分自身が辛くなって適切な仕事ができなくなる可能性が出てくるのではないかと、僕は思います。

常に死がそこにある

「常に、死がつきまとう」

通常の医療の現場における死とは違い、自殺という形で死がすぐそこにある仕事。患者の援助を行うため訪問したら、患者が首を吊っていることがある。包丁を持って自らを切ろうとしていたこともある。患者に、刃物を向けられることも…あるでしょう。

この仕事には、死が欠かせません。

「帰れ!」「死ね!」「殺す」といった暴言を吐かれることも多いようです。

長年この仕事を続けて達観している人の中には全く意に介さない人もいますが、純粋な心を持っていれば耐えられませんよね。慣れてしまえばいいんだろうけど、慣れない人はどれだけ経っても慣れません。

仕事を始めてまだ日が浅いという人には、特に辛いことです。

向き・不向きもある

外部の人間たる僕が思うに、精神保健福祉士という仕事は「他人をある程度突き放して見る人」に向いている仕事だと思います。逆に、「人の話に感情移入するような、常に他人に優しくしようとする距離の近い人」には向いていません。

精神的距離を患者に近づけようとすればするほどに、働く側の心がおかされていきます。

「生きるか死ぬか、それとも殺すか」という世界に生きている人たちに感情移入しているのだから、耐えられるはずがありませんよね。「他人は他人、色々な人がいるのだ、彼らの世界は彼らの世界なのだ」と考えることが、この仕事を続ける上で大事なことなのかもしれません。

それができないひとは、この仕事を辞めた方が良いと僕は思います。

寄り添いすぎては、ダメなんです。

未発達すぎる仕事

入院が必要な患者がいたとして、それを受け入れてくれる病院の数は少ないです。日本は精神科のベッド数を削減しようとしていますからね。世界的に「長期入院に頼らず、地域全体で患者を支える仕組み作り」が進んでいます。

だけど、日本にはまだ早い。

精神障害になる人は多いのに、それに対する理解が浅い。長期入院をしなければ自殺をしてしまう人が多いが、それを地域で支えるような動きはありません。この業界は、仕事は、アあまりに未発達すぎるように僕は思います。

精神的ケアを必要とする人は多いが、ケアをする人が少なく、地域や社会は理解しようとしない。

日本の自殺者数の多さがそれを物語っているように感じます。

そんな状態だから、精神保健福祉士ひとり一人の負担があまりに大きいです。仕事を辞めたいと思うのは当然のことだし、それを止める権利は誰にもありません。むしろ、僕は「辞めたらいい」と思います。

患者の前に、自分が壊れたら元も子もありませんからね!

転職先、どんなものがある?

別の資格を取得する人が、多いようです。

一度国家資格試験を突破しているからか、資格取得のハードルが他の人より低いんだと思います。仕事を辞めた精神保健福祉士は、「ケアマネージャー」「看護師」「介護福祉士」といった資格を取得し、仕事の幅を増やしている人が多いです。

大体は「福祉・医療」の分野で働こうとしています。

福祉の現場に居続けることによって、精神保健福祉士として働くだけでは見えてこなかったことが見えますからね。福祉の仕事にこだわる人にとって、とても面白いのでしょう。将来的に精神保健福祉士として復帰するとしても、その経験はプラスになります。

ただ、福祉関係職は全体的に職場環境に悩まされがちです。

残業が多いとか、残業代が出ないとか、雑用を任されるとか、そういった悩みは解消しきれない可能性があります。精神保健福祉士の仕事自体が何より辛く、職場環境は二の次という方には良いかもしれませんね。

ただ、職場環境が辛いという方は福祉から離れた方が良いでしょう。

福祉以外だと、サービス業や小売業に転職する方が多いですね。

人と関わる仕事をしていたということから、サービス業や小売業には転職しやすいです。元々門戸が広い業界ということもあります。だからこそ、それらの業界に転職する人が多いわけですよ。

だけど、それ以外の業界や職種に興味がある人も多いと思います。

そういう人は、どうすればいいのでしょうか。

戦略を立てれば、OK

先ほど紹介した業界・職種以外だとしても、しっかり戦略を立てておけば転職可能です。オススメの戦略は、自分の能力と適性を知り、適切な求人が得られるよう支援を受けること。自ら考えるだけでなく、誰かの力を頼って転職しようということです。

最初に考えなきゃいけないのが、自分の能力。

あなたは精神保健福祉士としてどんな能力を培ったか、それ以外に元来備わっていたスキルはあるかを考えましょう。たとえば、精神保健福祉士としてコミュニケーション能力を磨いたと思います。

他にも人の心のケアや社会福祉のノウハウがあるはずです。

資格取得に挑戦したということから、チャレンジ精神もあるように思います。

次に、そういった能力が何の仕事に役立つのかを考えないといけません。だけど、それが難しいんですよね。自分ではサッパリわからないと思います。そこで「誰かを頼る」ということが必要になるわけです。

誰を?

転職エージェントという、頼りがいのある味方がいます。

彼らの助けを得れば、自分の持っている能力がどんな仕事に役立つかを教えてくれるはずです。さらに、あなたの希望に合った適切な求人の紹介を受けることができます。僕がオススメした戦略には、転職エージェントの存在が必要不可欠というわけです。

ただ、この戦略さえしっかり守れば、道はかなり広がります。

戦略を立て、道を広げ、自分自身のために転職しましょう! 辞めたいと言っているだけでは、始まりません。自分が壊れる前に、この仕事から旅立つんだ。