保険代理店・保険会社というと、営業の大変さばかりがピックアップされているけどさ、事務だって大変ですよねえ?

「保険会社 辞めたい」なんて検索してみると、営業の話ばかり…。「事務だって辛いんだよ!」と言いたくなります。

だから、僕が、保険事務を辞めたいという人にささやかながらのアドバイスをしたい!

保険代理店・保険会社の事務の仕事は、ほとんど営業事務

保険関連のの事務の仕事ってどんな仕事だろうと思って調べてみると、「これほぼ営業事務じゃん」と感じました。

保険会社専用システムを使って見積書・申込書を作成し、申込書の内容をシステムに登録する「計上作業」を行い、営業マンのサポートまでも行うというのだから、保険代理店の事務は大変ですよね。

見積書・申込書作成なんて本来営業職の仕事なんですが、保険会社は営業が忙しすぎるからか営業マン自ら作成することは少ないと思います。営業マンの仕事だったとしても、「忙しいからこれやっといて」と言われることも少なくはないでしょう。

営業事務と言っても、保険の事務は僕らIT業界の営業事務よりも過酷なイメージです。

事務量が圧倒的に多いじゃないか…! それで残業になることも多いですよね。

特に営業のサポートね。

お客様からの問い合わせ内容を営業マンが調べるのが本来の仕事なんですが、営業マンが忙しいと代わりに事務が調べる。事務は営業が商談をしやすいようにしてくれているわけだけど、誰に感謝されるわけでもなく…。

保険の事務を辞めたいという人の悩みは、営業事務の悩みをさらに強くした感じですね。

転職先は営業事務なら経験を活かせるけど…デメリットも

保険の事務は営業事務ということで、違う業界の営業事務に転職するなら経験を活かせます。

ただ、「そんなの今と同じ状況になるでしょ?」と思うじゃないですか。実際そういう側面もありますが、事務量を減らすだけでも悩みはかなり軽減されると僕は感じています。保険会社・代理店は営業マンが異様に忙しいため、つられて事務も異様に忙しくなるんですよ。

「特にこの業界は忙しい!」と言われているところを、避けましょう。

保険・不動産・商社の営業事務は、めちゃんこ忙しいことで有名です。こういう業界を避けて転職をするだけで、忙しさはだいぶ軽減されますよ。

ただ、営業職との人間関係とか仕事を押し付けられてしまうとか、そういう悩みは引き継ぐことになります。それが営業事務に転職するデメリットです。

ストレスの大部分が忙しさという人にはオススメできる転職の道ですが、ストレスの大部分が「営業めえ…覚えておいてよ!」という感じなら、オススメできません。

事務から営業はアリ?

保険会社以外なら(一部例外あり)、アリだと思います。

別に保険会社を悪く言うわけではありませんが、事務をしている人たちならわかりますよね。彼ら彼女らの、吐き気を催すほどの忙しさが。保険会社の事務は「忙しい」「残業が多い」というのが不満の元になりやすいのだから、営業を目指すにしてももう少し緩やかなところのほうが良いと思います。

メーカー法人営業が、営業初心者にはオススメです。

もうすでに顧客となっている企業に挨拶に行く仕事、と言えばわかりやすいと思います。保険営業みたいにガツガツすることはなく、マイペースに営業活動が出来るのが強みです。

保険事務をしているときに見積もり作業をしたと思いますが、そういう経験を活かしながら自分のペースで今より高い待遇で働けます。保険事務から違う事務というのも良いんですが、事務以外に転職したいという人にはメーカー法人営業、オススメですよ。

ただ、同じ業界で転職したい! という人もいるかもしれない。

敢えて保険業界で転職先を探すのなら、保険代理店のカウンターセールスが良いでしょう。

自分から出向く営業スタイルじゃなく、保険代理店のカウンターに座って客を待つスタイルです。客として出向く感覚からすると、カウンターセールスのほうが女性率が高いと思います。

結構、事務から転職した人は多いんじゃないでしょうか。

業界の知識も見積書作成経験もそのまま活かせるし、事務以外を目指すなら、意外と穴場なのかもしれませんね。

保険会社の事務から転職するときのポイントまとめ

保険会社の事務から転職するときに一番最初に考えて欲しいことは、自分が何に一番ストレスを感じているかです。

先ほど、「ストレスの大部分が忙しさ」なら忙しさの度合いが低い業界・職場で営業事務をするだけでOKと語りました。逆に、営業職との関係にストレスを感じているならそれはオススメできないよ、とも。

結局、転職先選びの肝はそこです。

「後者の人に関してはどんなところがいいの?」

うーん…。

一般事務・経理事務あたりが、自分のペースでコツコツ仕事できると思いますよ。違う職種の人間にペースを乱されることも仕事を押し付けられることもなく、自分の仕事だけをこなしていけばいいんです。

経理事務は繁忙期には忙しくなりますが、保険代理店の事務のほうが常に忙しいと思うから、経理業務の繁忙期は乗り越えられると思います。

繁忙期には残業が発生しますが、普段はほとんど残業がありません。

一般事務に関しては残業する人もいますが、職場全体としては残業が少ないです。自分の仕事をしっかりとしたペースでこなしていれば、残業をすることはないでしょう。あとは、誰かの仕事を肩代わりしないという鉄の意志があれば完璧です!

ただし、給料は注意してくださいね。

経理事務は簿記の知識が必要になる分、比較的給料が高いものの、一般事務は低めの水準です。保険会社の事務から転職すると、給料が下がる可能性があります。

また、転職するときのポイントとしては「転職エージェントを使うこと」も大切です。

「忙しさの度合いが低い業界や職場」というのは、実はなかなか見つかりません。そもそも「クッソ忙しい業界を避けるだけ」だと、ダメなんですよ。じゃあどういう職場が忙しさの度合いが低いの? というと、一概には言えません。

だから、転職エージェントを使って、担当キャリアコンサルタントに「この求人先の残業時間は?」と聞いてみてください。転職エージェントには職場の実態がデータとして記録されているため、実際に働き始めてからの残業時間に近い数値を教えてくれます。

求人情報みたいに、誇張された表現はありません。

それを目安にすると、職場選びがしやすいですよ。

保険会社の事務職は、驚くほどに忙しいです。

解決するキーは、「自分のストレス源」にあります!