医療関係の事務には、いろいろな活躍場所があります。

病院・クリニックや診療所、そして調剤薬局。病院は医者との人付き合いに悩まされ、調剤薬局は薬剤師との人付き合いに悩まされる人が多いんですよねえ。どちらも「専門分野を持つ人との関係性」が難しいということなんですが、人間関係を理由に調剤薬局事務を辞めたいと感じる人は多いでしょう。

調剤薬局事務から転職するなら、転職先として浮かぶのは…やはりほかの医療事務か。

どんな転職先が考えられるのか、医療事務を中心として他にも無いか考えてみましょう。

調剤薬局以外の医療系事務に転職するという選択肢

調剤薬局事務の仕事は、患者さんから処方箋を受け取って、その内容をレセコンに入力、後のことは薬剤師さん任せましたよと交代するのが流れですよね。レセコン入力業務だけではなく、受付もこなすことになります。

病院の医療事務の仕事も、かなり似ているんですよ。

その病院・クリニックの顔として受付を行い、発生する事務作業全般を請け負います。病院の場合は検査データの準備などの仕事も加わるけど、基本は事務仕事です。専門性が高い仕事と言えば、レセプト業務ですね。レセプト業務に関しては、調剤薬局でも行います。

異なる点も多いというか、調剤薬局に比べると仕事の種類が増えるものの、基本の仕事は共通しているんです。

そのため、転職先として候補に入れるのは当然と言えます。

ただ、近い仕事である分、調剤薬局事務の仕事をしていて不満に思うところを、そのまま引き継いでしまう可能性も高いです。たとえば、薬剤師との人間関係を理由に辞める人が多いですが、病院やクリニックだとそれが医者や看護師に変わるだけだと思います。

むしろ、医者や看護師などさまざまな専門知識を持つ人とかかわることになるから、人間関係はより複雑で大変になるでしょうねえ。

経験を活かすということならオススメですが、薬剤師など別の立場の人との人間関係を理由に仕事を辞めたいと思っている人にはオススメできないのが医療事務の現実です。

他業種の一般事務に転職するのが平和的!

事務系の仕事と言えば、一般事務を語らないと始まりません!

一般事務はデータ入力など、その会社で発生する事務作業を行います。必要になるスキルは、エクセルとワードを問題なく扱える程度のものです。ただ、その程度のスキルは一般企業だとどんな仕事をしても求められるものだから、他業種を考えるなら、職種はどうであれまず取得しておいたほうがいいでしょうねえ。

とりあえず、その手のスキルを習得するということを前提にして考えてみましょうか。

一般事務がオススメできる理由は、一番は「人間関係が比較的楽」「接客仕事がほとんど無い」という点です。

事務員の職場にも上下関係はありますが、調剤薬局や病院みたいに別の職種の人間と一緒に仕事をすることはまずありません。面倒な薬剤師に嫌味を言われたり、キツくあたられたりすることは無いんです。「あの薬剤師腹立つわあ」と思うことが無いだけで、精神衛生はかなり良くなりますよ。

もちろん「あの人腹立つわあ」という個人的なものはあるでしょうけどねえ。個人間の軋轢なんか、どの仕事にも起こりえるものだから、そんなことを言っていたら何にもなりません。それに、実際仕事をすると軋轢が生まれることはマレです。よほど運が悪いと言えます。

立場が違う人とは、その違いから軋轢が生まれやすいために、調剤薬局や病院の人間関係が大変だねえという話なんですよ。

また、一般事務をしていると調剤薬局事務や医療事務のように接客をすることがありません。

電話対応があるとか、たまに来客対応をするとかくらいのものですね。来客対応に関しては事務が行う会社とそうでない会社があり、たいていは求人の業務内容欄に「来客対応あり」などと書かれています。やりたくなかったら、なるべく来客対応が無いか少ない職場を選べば解決です!

…とまあ、調剤薬局事務と比べると何かと平和なわけですよ。

事務の仕事にこだわるのなら、一般事務はかなりオススメだ!

他にもたくさん! 事務の仕事

事務と言えば、医療事務や一般事務だけではありません。一般企業には、一般事務・営業事務・経理事務などたくさんの事務がいるんですよ。

営業事務は、営業職と同じ職場で働く事務員のこと。営業活動のサポートや書類作成・整理などを行う、前線で働く営業を影から支える立役者です。誰かを支える仕事がしたいという人には、オススメ!

経理事務は、企業のお金を管理する仕事と言えます。金額を入力することが多いため、正確性が求められるだけでなく、経理関係の知識も必要なんです。経理事務になるなら、簿記3級以上は必要。本当は2級があればもっと活躍の幅が広がるんですけどね。

経理事務が特徴的なのは、資格が求められる分、営業事務や一般事務よりも給料が高い傾向があるということです。

だから、事務の仕事をしながら「給料を重視したい」というなら経理事務がオススメ! 几帳面な人ならこの仕事に向いているし、大きな苦痛も無いと思います。逆に大雑把な人はミスが増え、イライラとやり直し作業で残業地獄になる可能性が否めないからオススメできません。

経理の仕事をしていてミスが発覚すると、どこから間違っているのか遡って、ミスした箇所からやり直しですからねえ。

数字の羅列を追っていくと、「あ゛ー!」と頭をガシガシかきむしりたくなります。

事務の仕事を続けるなら、医療事務・一般事務・営業事務・経理事務の中から自分に合っていそうなものを、慎重に選びましょう。合わないものを選ぶと、事務と言えどもか・な・り! 辛いですよ。

職場選びに気合を入れよう!

転職先もそうですが、調剤薬局事務から転職するときは、職場選びにも気合を入れたほうがよさそうです。特に、人間関係を理由に辞めたいと思っている人や、医療事務に転職しようと考えている人は要注意! せっかく転職先を慎重に選んだのに、職場選びを間違えると全部パーになってしまうんDA!

ただ、「気合を入れろと言ってもよくわからない」というのが本音だと思うんです。

だから、僕は転職エージェントをオススメしたい!

転職エージェントに登録すると、職場選びの大部分をエージェントに任せることができます。あなたが「こんな職場だと嬉しい」という条件を担当者に伝えたら、担当者がその条件に合った求人をピックアップしてオススメしてくれるんです。そのいくつかの求人を比較検討するだけで、職場選びが万全になります。

転職先選びも大事だけど、職場が大事。

特に事務系の仕事は「職場内を離れることがない」から、職場環境や人間関係が最重要なんだ! 逆に、それさえ希望にかなっていたら天国とも言えるかもしれません。

転職先も求人も、慎重に選んで転職に勝利しましょう!