不動産事務を辞めたい!悩みを解消できる転職先候補を紹介

不動産事務を辞めたいと思っている人は多いじゃないでしょうか。

調べてみると、不動産事務ならではの悩みがいろいろあるようです。

というわけで今回は、その悩みから転職活動に繋げるアドバイスを、僭越ながら、転職成功者の僕から送りたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

不動産事務を辞めたい理由で多いのは…

人間関係のストレス

不動産という業界は、全体的に強固な縦社会の関係が築かれています。上司・先輩の言うことは絶対! という感じで、事務の職場には「お局様」が数名あらせられるのが現状です。

お局様からの攻撃もとい口撃にストレスを感じて「辞めたい!」と考える人は多いと思います。

クレーム処理のストレス

不動産会社は売買・賃貸かかわらず、顧客からクレームがあることが多いです。特に賃貸の管理を行っている場合は、「隣の客がうるさい」「設備が壊れた」などのクレームを何故か不動産会社に口汚く言う人がいますよね。

「いや、私に言われても…」ということをたくさん言われるの、超辛いと思います。

マルチタスクが辛い

契約書の作成、解約通知書の送付作業、電話対応、来客対応、その他雑務 etc.

仕事の種類が多岐にわたるので、精神的にも体力的にもキツいと思います。「もう少し一つの仕事に集中できたら…」と思っている人も多いのでは?

古臭い慣習に嫌気がさした

不動産業界は長い歴史があり、昔ながらの勤務体系・評価基準を受け継いでいる会社が多いです。

「仕事が終わっても上司より先に帰らない」「お局様の言うことを聞く」「若手は先輩が出社する前に掃除を行い、退社後にも片づけを行う」など。僕もこういうの大嫌いです。

休みが取りにくい

不動産は水曜日が定休日という慣習があるので、土日営業の会社が多いです。

「家族や友人と休みを合わせるのが難しい」「(雰囲気的に)土日に休み希望を出しにくい」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

最近は事務は土日休みありますよーというのを売りにした求人もあるようですが、まだまだ数が少ないです。

不動産事務から転職!仕事の選択肢がかなり多い

不動産の事務から転職するときの選択肢はかなり広いです。

ただ、悩みを解消しないと転職する意味がないので、前章で挙げた悩みを踏まえながら転職先候補を考えてみたいと思います。

「休みが取りにくい」と悩んでいる人は…一般事務・営業事務。

業界にもよりますが、不動産業界のように顧客対応のため土日祝を定休日としない傾向のある業界を避ければ土日祝にしっかり休めるようになります。事務職のような内勤は、会社の休日に合わせて休日を取るため土日祝休みの会社を探せば土日祝に休めるんです。

ただ、営業事務の場合「今週はこの支部全体、休日出勤な」というケースがたまにあります。営業職が休日出勤するなら営業事務も…という感じですね。

経験を活かすなら営業事務がベストですが、休日を安定させたいなら一般事務がベストです。

「クレーム処理のストレス」を感じている人は…一般事務・経理・総務。

営業事務は顧客と関わる部署だから電話対応でクレームがありますが、一般事務や経理・総務に関しては顧客とほとんど関わらない部署のため、クレーム対応の心配がありません。一般事務に電話対応をさせる会社もありますが、そういう会社を避ければOKです。

経理や総務に関しては完全に顧客と関わらないため、顧客からのクレーム処理は絶対にありません。

経理は正確性・簿記の資格、または簿記の勉強をする姿勢が求められます。事務職関係だと難易度が高めですが、やってみたいなら挑戦してみても良いのでは?

「マルチタスクが辛い」という人は、特定のスキルを活かせる仕事。

仕事の幅が広いということは、業務経験の幅が広いということです。その経験ひとつひとつに注目して、それを活かした形で転職すれば、転職先の候補は企業内勤以外にも広がります。

たとえば、「来客対応と電話対応」の経験に注目して、事務処理能力を加えれば「ホテルフロント業務」が視野に入れられるのではないでしょうか。

フロントの仕事は来客対応・電話対応・事務処理です。中でも来客対応の割合が増え、その質は高く求められます。ホテルフロントに転職するということは接客スキル・対人スキルを高めることになり、今後のキャリアの幅も広がるでしょう。

不動産の仕事で来客対応や電話対応を鍛えられたことをアピールすれば、転職も難しくありません。

また、雑務や清掃業務をパワーアップさせて、ハウスキーパーというのもアリだと思います。

…このように、悩みを解消しつつ、経験を活かせる転職先はたくさんあります。

不動産事務を辞めたい人は、広い視野を持って転職先を探していきましょう!

-仕事の悩み
-