物流事務、事務も現場も、てんてこ舞い。

事務の仕事も大変だけど、倉庫内での仕事も大変。それら二つが合体したら、大変さは倍々になりどうしていいかわからなくなりますよねえ。しかも物流業界には今時変わった慣習もあったりして…?

そんな物流事務の仕事を辞めたい! という人に、僕から転職のアドバイスがあります。

物流は時代遅れな風習があることが多い

物流とか運送とか、そういう長い歴史のある業界は未だに時代に取り残されたかのような風習や慣習が残っていることが多いです。

物流の場合、たとえば「人間関係のアレやコレやが原因で配置が突然変わることがある」というのを知り合いに聞いたことがあります。知り合いに元物流事務の人がいるんですが、彼女は仕事と職場に馴染むことができず、配置換えといういやがらせを受けたそうです。

しかも、キツイ部署に。

また、宗教のようなブラック社風がある会社も少なくはないとか。創業者の人生を書いたエッセイを入社時に読まされたり、その読書感想文を要求されたり、創業者のお墓参りに一泊二日もかけて出かけたり…。

ボーナスをもらったら、全員で社長室に向かって「ありがとうございました!」と頭を下げるというルールも知り合いの会社にはありました。

有給=給料泥棒という考え方、社長には右ならえの社風、会社独自のわけわからない体操などなど…。彼女はそんなトンデモ社風に、完全に冷めていました。

彼女が言うには、ドライバーや作業員の男性よりも、事務の女性のほうがそういう洗脳教育やブラック社風には冷めやすいらしいです。だからか、現場の人間よりも事務員のほうが退職率が高かったとか。

物流倉庫の仕事は事務と作業を兼任することが多く、大変

物流事務を辞めたいと語る人は、「社風」「業界の慣習」が嫌という人が多いです。その理由と同じくらい辞めたい原因として語られるのが、事務と現場仕事を兼任させられるということ。

物流倉庫を職場とする事務員は、事務なのに何故かピッキングや点検などの作業をさせられるんですよね。女性でもやりやすい作業というのは倉庫内にはたくさんあるから、そういう作業を優先的に回されてしまうわけです。

だからと言って事務仕事が少ないわけでは決して無いから、残業をすることになります。

現場作業と事務作業の両立は、単に仕事量が増えるだけじゃありません。作業効率も悪くなるから、残業時間はかなり伸びます。

その分給料は高くなりやすいけど、事務を仕事に選ぶ人は「金より時間」という考えをしている人も多いはずです。

思ったように生活できないストレスと、現場仕事の体力的しんどさ…。

事務仕事がしたいのに! 辞めたい! と思う人は、辞めたほうが絶対に幸せだと僕は思います。「やりたい仕事じゃなかった」とか、「理想の生活ができない」とかいうストレスは、最終的にあなたの命も狩りとってしまうことがありますからねえ。

専門ソフトを使った数字入力に強いのを活かして転職

物流事務の仕事は、伝票入力がメインだと思います。

伝票の入力は専用のソフトを使って数字やデータを打ち込んでいくというものだから、その業務と近い仕事を転職先に選ぶのが個人的にはオススメです。事務関係で言うなら、こういう仕事だとやりやすいと思いますよ。

データ入力、経理。

データ入力は専用ソフトというよりExcelが基本ですが、数字をひたすら入力していくという伝票入力の経験を活かせます。物流事務の経験者は、そういう仕事に強いんですよ。

ただ、Excelよりも専用ソフトを使うような仕事のほうが向いていると僕は思います。

そういう意味だと会計ソフトを使う経理の仕事が、一番合うのかもしれませんね。実際元物流事務の知り合い、今は経理の仕事をしているんです。

Q.経理には資格が要るんじゃないの?

A.あったほうがいいけど、無くても大丈夫です。

経理に求められるのは「経験や資格」と「勉強する意欲・姿勢」なんですよ。面接のときに、これから簿記を勉強するという姿勢を見せ、更にコツコツと数字を入力することに慣れているとアピールすることで転職しやすくなります。

知り合いも最初は資格無しでしたね。

会計ソフトが充実してきたことにより、入力自体はかなり楽になりました。あとは「経費に対する理解」が得られればいいんですが、職場によっては「こういうのはこう入力する」というマニュアルが用意されている場合もあります

だから、無資格でも勤まるんです。

ただ、経理をするなら仕事をしながら資格を取ったほうがいいですよ。

勉強する姿勢の証明にもなりますし、給料も無資格より上がります。

メーカーの入出庫管理、搬入管理の仕事が向いているかも

物流事務の仕事に求められるのは、コツコツと数字を入力することだけではありませんよね。

会社で扱うものを「どのようにするべきかを見極める力」も必要とされます。事前に入手した品物の情報から、それらをどのように振り分けるべきかがわかる。そういう能力を身につけている人にオススメの仕事が――。

自動車部品メーカーの入出庫管理、搬入管理の仕事です。

特に、自動車メーカーに対する部品の搬入管理がオススメ。自動車メーカーはオンラインからバーコードの部品票を送ってきます。現在の物流の現場もバーコード管理が基本なので、出荷準備とか実績の管理とかが物流経験者にはやりやすいんです。

現場仕事と兼任されてきたからこその、転職先というわけですよ!

今の仕事だと悪い要素も、転職のときには役に立つことがあるから面白い。

転職エージェントを使えば、こういう一見考えにくいような転職先の求人もたくさん見つかります。もしも自分が本当に向いているかわからないと思ったら、適性を診断してもらうのも良いでしょう。

経理の仕事に転職するときにも、言えることですけどね。

物流事務は、事務能力を使う転職もできるし、現場仕事経験を使う転職もできる。

転職には、結構有利なんです! 自信を持って、辞めたいなら辞めてやりましょう。