最近は「自分アスペルガー症候群だ」と感じている人、増えている気がします。

昔は「変わった人」とかで済まされてきたことが、今は「アスペルガーかも」と認知されるようになったんですよね。ネットの発達から、アスペルガーという言葉が一般化して判断基準も溢れかえっています。

実際に診断を受けた人も、受けてないけどアスペルガー症候群と自覚している人もいると思います。

そして、それが原因で「仕事が辛い」「辞めたい」という思いを抱えてる人も多いのではないでしょうか。

今回は、アスペルガー症候群の人が向いてる仕事を見つけるための転職活動のポイントを僕なりに考えてみたので、参考にしてみてください。

まず、絶対にやるべきことがある

アスペルガー症候群の人が今の仕事を辞める決意をしたとき、絶対にやるべきことがあります。それをやらずして、転職活動のスタートラインには立てません。

自分がアスペルガーであるということを、受け入れてください。自分がアスペルガーだと実感しながらもそれを認めようとせず、普通の転職活動をする人が中にはいます。

言い方が悪いかもしれませんが、障害のある人には障害のある人の転職活動というものがあるんです。

誰もがみんな何かしらの障害や苦手や身体的特徴を抱えていて、その内容によって転職活動の方針は変わります。

別にアスペルガーの人が特別そうというわけではなく、これは世間一般に健常者と呼ばれる人にも当てはまることです。僕は健常者という言葉が嫌いなんですけどねえ…。

転職に成功している人は、自分自身の特性を自覚し、それを逆手に取った転職活動をしているんです。

たとえば、体が弱い人は事務職などのオフィスワークを選ぶし、コミュ力が無い人は営業は絶対に選ばない。

アスペルガーの人も同じように、自分自身の障害のことを考慮した転職活動をする必要があります。診断を受けている・受けていないにかかわらず、です。

良い仕事に巡り合える可能性というのは、その先にしかありません。

発達障害に向いてる仕事の見つけ方とは?

僕は、仕事は「興味があること」と「自分にできること」とのバランスをとるとうまくいくと思っています。ただ、そのバランスというのは人それぞれ状況によって変わるんです。

人によって「興味があること」に比重を置いたり、「自分にできること」に比重を置いたりしています。僕は後者に比重を置いて、興味があることというのは結構二の次にして仕事を選びました。結局、なんだかんだとうまくいっています。

アスペルガーというのはたくさんある発達障害の一種なんですが、このアスペルガー症候群という括りの中にもさまざまなタイプがあるんですよね。

孤立型・受動型・尊大型・混合型・積極奇異型・大仰型の6タイプです。そのタイプによって仕事の選び方や向いている仕事は違ってきます。

感情を出しにくく「白か黒か」という思考になりがちな孤立型の人は、「データを扱う仕事」に向いているでしょう。「興味があること」と「自分にできること」の比重は、後者に傾けるとうまくいく傾向があります。

受動型も同じような傾向があるため、「自分の能力・性格・障害の特徴」に合う仕事を見つけることを最優先しましょう。興味があるかどうかは二の次のほうが良いです。

積極奇異型は適切な距離感を掴むのが苦手な、芸人にしておくと危険なタイプ。

アスペルガー唯一の外向型の人で、感情型と言えます。仕事を選ぶときには、「自分の興味」を優先させ、その次に自分の適性を考えるという順番にするとうまくいくのでは?

距離感が近いということを活かして、子ども相手の仕事なんか向いているかもしれませんね。子どもにとっては親しみやすい人になれると思います。

大仰方は孤立型に社会適応力が身についたタイプだと言われており、異様に丁寧です。だから「大仰」ということなんですが、その異様な丁寧さが求められる接客業が向いているかもしれません。

ただ、孤立型の進化系だから「人と接するのは苦手」という人も多いでしょう。そういう人は、コールセンターなどの対面しないタイプの仕事を選ぶと良いと思います。

尊大型の人は孤立型が超進化した感じで、他責の傾向が強いです。ミスが許されないような仕事には向いていません。データを扱う仕事・お金を扱う仕事・技術職全般に不向きで、逆にそのプライドの高さと頭の良さを活かした仕事をすることを考えたほうがいいと思います。

たとえば、新規顧客開拓営業・広報などが良いでしょう。

混合型はごちゃまぜの人です。診断もされていなければ、自覚も出来ていない人が多いためこれを読んでいる人の中にはいないと思います。

以上、僕なりに分析してオススメの仕事や向いている仕事の選び方を紹介してきましたが、個人一人ひとりには当てはまらないかもしれません。

自分に向いている仕事を探すために、転職エージェントを使うことをオススメします。あなたの状況を分析して、僕がオススメした以外の仕事もオススメしてくれるはずですから。

最後に:一般雇用と障害者雇用を考えてみた

アスペルガーの人はタイプによって、出来ることと出来ないことの差が激しいです。「興味があること」を探すよりも「自分にできること」を探すほうが良いというタイプのほうが、圧倒的に多いように感じます。

そんな人たちにとって、雇用のされ方というのも重要になるんじゃないかと僕はこの記事を書きながら思いました。

一般雇用と障害者雇用があるわけですが、どっちのほうが良いのでしょうか。

個人的に、一般雇用は「出来ることを活かす」雇用だと感じています。一般雇用だと叱られることも多いですが、雇用側は労働者に期待をかけているんです。「君にはこれができるだろうから採用したんだ」という感じで、得意を業務に活かしてもらおうとしています。

障害者採用は「障害があるからできないかもしれない」という、苦手なことに対する配慮を前提とした雇用です。

僕はこれまで「アスペルガーの人に向いいる仕事」はどれかということを、語ってきました。

そのため「出来ることを活かす」雇用である一般雇用のほうが、良いのではないかと思います。

ただ、「興味があることを探そう」とアドバイスしたタイプの人や、「こういう仕事は苦手」とアドバイスしたタイプの人は、障害者採用のほうがうまくいくこともあるかもしれません。

アスペルガーだろう自分を受け入れた結果、「得意を活かしたい」「もっとちゃんと働けるようになりたい」と思ったなら一般雇用。

アスペルガーという診断を受けた自分を受け入れた結果、「安心して働ける職場がいい」「失敗したくない」「配慮が欲しい」と思ったなら、障害雇用。

結局は、そういうところなのではないでしょうか?

僕は「アスペルガーだから仕事ができない」ということは、無いと思っています。タイプごとに得意なことも苦手なことも違うから、それをしっかり自覚していれば、向いている仕事に出会えるはずです。

アスペルガーで仕事を辞めたいなら、まずは自分がどういう人間かを知り、得意不得意を考えた仕事選びを始めましょう!