言語聴覚士を辞めたい… 言語聴覚士から転職するときの考え方と転職先候補

言語聴覚士を辞めたいと思っている人には、『資格を活かせる職場に転職する』という選択肢と『資格を捨てて転職する』という選択肢があります。

それを踏まえつつ、転職の考え方や転職先候補について考察していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

言語聴覚士から転職するときにまず考えておきたいこと

言語聴覚士から転職するとき、最初に考えておきたいのは「仕事に何を求めるのか」です。

仕事に何を求めるかはそれぞれ違っていて、「誰かの役に立つこと」という人もいれば、「お金」という人もいます。

今一度、素直な気持ちを自分に問いただしてみてください。

仕事を辞めたいと切実に思っている言語聴覚士の多くは、「仕事のやりがい」「役に立つことの喜び」だけじゃあ続けられないとわかっていると思います。待遇を改善したいとか、人間関係を改善したいとか、仕事量が多すぎるのをなんとかしたいとか、色々な不満があるでしょう。

その不満に近いところに、あなたが本当に仕事に求めているものがあると思います。

言語聴覚士の資格を活かして転職

言語聴覚士の活躍の場は幅広いです。

病院で働く人が多いですが、医療現場というだけでも病院とクリニックと二種類あるわけです。病院とクリニックとだと施設の特徴が違うから、働き方も待遇も変わってきます。

また、医療の現場にこだわらなければ、デイサービスなどの介護業界補聴器を取り扱うお店にも言語聴覚士の資格を活かした職場があるわけです。あとは、ことばの教室や養護学校などにも活躍の場はあります。

言語聴覚士として今の職場や待遇に不満がある人は、これらの仕事が有力な転職先候補になると思います。

例として、介護業界への転職について掘り下げてみます。

介護業界の仕事は、主に加齢による言語・聴覚障害の方向けの仕事となります。病院で取り扱う分野よりは幅が狭く、専門的になるのが特徴的ですね。

また、言語聴覚士として働く以外にも、その経験とスキルを活かして普通に介護職として働く道もあります。

これまでリハビリにかかわってきた経験から、お年寄りなど「聴覚に難がある人たちに対する伝え方」などがうまいと思うんです。それは、介護職には必要となる素養なんですが、わかっていてもこれがなかなか難しいんですよね。

言語聴覚士のスキルは、介護の現場で必ず求められます。資格を活かすというのは、「資格がないと就けない仕事をする」だけじゃありません。

そう考えると、医療・福祉業界には言語聴覚士の資格を活かせる仕事がたくさんありそうですね。

言語聴覚士の資格を直接は活かさずに転職

言語聴覚士の資格をそのまま使うことに頭を使いすぎると、視野が狭くなってしまいます。

そもそも、資格を活かす限り「言語聴覚士ならではの悩み」は解消できない可能性が高いです。どうしても仕事内容や待遇などに多少の共通点が生じてしまうので、転職しても悩みを引き継いでしまう可能性があるんです。

なので、言語聴覚士の資格を直接活かさない方向でも転職先を探してみるのがいいと思います。

もちろん、言語聴覚士や個人としての経験やスキルを間接的に活かせる仕事はたくさんあるので、そういった仕事を積極的に狙っていきたいですね。

たとえば、「相手の意図していることを察するのが得意」「相手に物事を説明したり伝えたりするのが得意」という人が言語聴覚士には多いと思うんです。

今の仕事が関係なくても、「PCが扱える」「アイデアを出すのが昔から得意だった」「声が大きい」など、自分にできることはたくさんあります。

些細なものでもいいんです。

その「自分にできること」が、転職先の職種選びの道しるべになります。

たとえば、相手の意図していることを察するのが得意なら営業職、物事の説明が得意ならカウンター販売が向いているんじゃないでしょうか?

声が大きいなら広報とかイベント関係の仕事もありだろうし、アイデアを出すのが得意なら企画職、PCが扱えるなら事務。

言語聴覚士を辞めたい人は、資格を持っている時点で転職先の選択肢が人より多いです。柔軟で広い視野を持って転職先を探していくことで、自分に合った仕事にきっと巡り会えると思います。自信を持って転職活動に臨みましょう!

-仕事の悩み