男には、二つ大事なものがあります。

それは、「プライド」「認めること」

そして、男には色々な仕事がありますが、その中でも一番大きな仕事は「決断すること」です。

これは僕が勝手に思っていることですが、プライドだけでは生きていくのに苦労するし、認めることだけでは男は成り立たないと思うんですよ。

そして、仕事にプライベートに重要な決断を迫られる場面って多いですよね。男の決断に必要なのは、これまたプライドと認めることです。

今からするのは「プライド」ばかりを考えてしまって、自分の辞めたい気持ちと向き合えず認めることができなかった人の悲惨な末路の話――。

彼の名は。

まず、彼のことについて語りましょう。

名前は、仮に伊藤とします。

伊藤と僕は近からず遠からずの知人、友人の友人といった微妙な関係です。友人を介して、一緒に飲むことがあります。

僕が転職してからは僕も友人も時間を多く取れるようになって飲み会の頻度が上がったので、一時期伊藤ともよく会っていました。

ただ、ある日を境に伊藤はほとんど飲み会に来なくなったんです。

元々伊藤が勤めている会社は「残業があるけど、特別多くない代わりに残業代が出ない会社」でした。だから時間があったし、友人が飲み会に呼び出したら必ず来てくれたんですよ。

そんな伊藤が、どうして飲み会になかなか来なくなったのか、伊藤の職場に何があったのか。

これからお話しましょう。

これから話すのは、全て伊藤本人から聞いた話です。

勤務先がブラック企業化

伊藤の会社は元々残業がそれほど多くはありませんでしたが、あるときから社内体制が変わって残業が増えるようになりました。

徐々に、徐々にと残業が増えていきますが、残業代は以前のままで出ません。

前までは「残業多くないから、残業代でなくても、まあいいか」と思っていた社員たちに、不満が溜まります。

今までは無理の無い範囲で受注し、仕事をこなしていく方針だったのですが、それだと売り上げがなかなか上昇しないということで「発注された仕事はとにかく受ける」「営業がとってきた仕事は全て受ける」というスタンスになったんです。

伊藤の仕事はSEなので、受注生産が基本なんですよ。

現場の状態を無視した受注状況と納期に、残業を余儀なくされていたわけですね。

はい、典型的なブラック企業の出来上がりです。

案の定、辞めていく社員がチラホラと現れ始めました。

中には退職届を上司の机に叩きつけたり、上司に向かって投げつけるほど怒り心頭だった社員もいたようです。この状況が一年間で作られたというのだから、まさに激動ですよね。

この状況下、伊藤の心の中にも「辞めたい気持ち」が芽生えていくのを少しずつ自覚し始めていきます。

自覚したくない、認めない性分

伊藤がよく言っていたことがあります。

「風邪引いたということを認めたら、余計にしんどくなるから自覚したくない」

一理あるような、無いような微妙な理屈ですよね。なんとなく気持ちはわからないでもないんですが、全面的に賛同できないような…「うーん?」と首を傾げたくなる感じ。風邪だと認めないということは、風邪薬も飲まないということですからね。

「飲んで楽になれよ」って思いますよ、端から見てると。

でも、彼はその理屈を頑なに信じているんです。

だから、「仕事辞めたい気持ち」が芽生えていたときも「自覚」しているはずなのに、「認めたくない」一心で「自覚していないフリ」をしていました。

非常に無駄な努力ですが、「自らの信ずるところに従っている」という意識があって、この努力を辞められないんです。

この「認めたくない」「自覚したくない」というのは、彼自身が「情けない」と感じるようなネガティブなことに適用されています。

「風邪なんかで弱りたくない」「弱いところを見せたくない」「一度やると決めた仕事を辞めるなんて…」

男のプライドが、彼にそうさせているんですよね。プライドが邪魔で認めることができず、自分にとってベストな決断ができない状態になっているんです。

彼は、辞めなかった

周りの人間が辞めていく中、結局彼は辞めませんでした。

心は「辞めたい!」「早く辞めろ!」「辛い! もう嫌、もう嫌だ…」と、彼のプライドにSOSを送り続ける。

それでも、伊藤のプライドは「辞めてたまるものか」とSOSを拒み続けました。結果、どうなるかは簡単に想像できますよね。

心が、ぶっ壊れたんです。

躁うつ病になりました。

うつ病の中でも、特に厄介な病気です。日中はやる気が起きず元気が出ず鬱屈としていて、夕方を過ぎると急に元気ハツラツでファイト一発なテンションになるんですよ。

だから、周りからは「ただのやる気の無いやつ」と思われることがあります。うつ病だと認識してもらえずに、周りからの理解が得づらいんです。

本人の「弱さを認められない性分」もあって、なかなか本人も自覚できませんでした。たまたま似たような人を見ていた友人の薦めにより診療内科を受信したところ、躁うつ病と診断が下されたようです。

結局、伊藤は自分の心が壊れてしまうまで「自分の辞めたい気持ち」と向き合い、それを認めることができませんでした。

これが、男のプライドが邪魔をして向き合い、認めることができなかった男の悲惨な末路です。

男にとって大事なのは、プライドだけではありません。

プライドは「自分自身と向き合って認めること」とセットにしておくことによって、男として大切な決断力に進化します。

向き合って認める心の無いプライドは、ただ邪魔なだけ。

捨てるか、自分自身と向き合い認める心を持つかのどちらかを取らないと、大変なことになりますよ