入社3年目で仕事を辞めたい人が考えるべきこと。転職に失敗しないためのコツ。

入社して3年目は「新人」という看板が外れる直前、一人前になる寸前です。どの世界でも、一人前になるのには大きな壁が立ちはだかるものですよね。その壁を登り切った先には何があるのかと見てみたい気もするけど――。

3年目に「仕事を辞めたい」と思い始める人は結構多いです。

このページでは、「入社3年目の転職」について、重要なポイントを様々な角度から掘り下げいきたいと思います。

3年目で辞めるべきか迷っている人、転職を成功させたい人は参考にしてみてください!

3年目に仕事辞めるべきではない人

3年目で仕事を辞めたいと言うと、「もう少し頑張りなよ」という人がどこからともなく現れます。それは一理あるんですよね。

あと少しで「とりあえず3年」と言われている3年が経過するわけだから、止めたくなるのが人情というものでしょう。

でも、それは誰にでも当てはまるわけじゃありません。

3年目で「仕事を辞めたいと思う人」は、二通りの人間に分けられます。「もう少し頑張ったほうがいい人」と、「辞めたほうがいい人」との二通りです。

それを判断する基準は何なのかというところを、ちょっと語りたいと思います。

まず、最初に断っておくと、これから語るのは「今の職場」ではなく「今の仕事」を辞めないほうがいい人についてです。

「今の職場を辞めたい(同じ職業間でに転職したい)」という場合は、明確な原因がわかっているのであれば、辞めるべきだと思います。

3年目に「今の仕事」を辞めないほうがいい人というのは、こういう人です。

「今の仕事の先にやりたいことがある人」

今の仕事を続けた先に、自分のやりたい仕事がある人は辞めたら後悔する可能性がとても高いです。今は自分の思うような仕事ができなくて面白くないかもしれませんが、まだ新人なのでそれは当然。面白い仕事は新人という看板が外れてから、任されるものですから。

「やりたいこと」の種類によっては、キャリアアップが必要な場合もあります。

自分が心の底から「やりたい!」と思っていることをやるというのは、時間がかかるものです。パン屋開きたいと思ってすぐ開けたら苦労しないし、やり手の営業職になりたいと思っても経験が無いとなれません。

今はその「下地」を作っている段階で、3年目というのはその下地がある程度固まってきている段階だと思います。そんな段階で辞めてしまうのは、非常にもったいないと思いませんか?

転職するべきかどうか、その点を踏まえて一度じっくり考えてみましょう。

3年目の転職を成功させるためのポイント

転職は計画的に、そして大胆に

3年目で仕事を辞めたいと思っている場合、転職するかどうかの判断は慎重にしましょう。

少しでも「転職すべきではないな」と思ったら、一度立ち止まって自分の置かれている状況や環境を再確認してみてください。

そして、「転職すべきだ」と思ったらしっかり計画を立てましょう。

ただし、慎重になりすぎて転職の機会を逃したり、うやむやになってしまわないようにだけ注意してください。3年目で転職する人は1年目で転職する人よりも、大胆さが足りない傾向があります。「これまで続けてきた」からこそ、慎重になりすぎてしまうんですよね。

辞めると決めたら、一思いに辞めましょう!転職は計画的に大胆に!

空白期間なしでの転職を目指そう

3年目ならある程度は貯金があると思いますが、その貯金は取っておいたほうが良いです。3年目程度の貯金額は、無職期間を過ごすと一瞬で無くなります。

仕事を辞めてから転職活動をするのではなく、働きながら転職活動をして無職期間なしでの転職を目指しましょう。

とは言え、働きながらの転職活動は案外大変です。特に忙しい仕事をしている人や、ブラック企業勤めの人は求人探しをする余裕が無くて苦労します。

そういう人の心強い味方となってくれるのが転職エージェントです。求人は僕らが仕事をしている間に探してきてくれるし、面接日の調整もしてくれます。

僕らは選考書類を作ったり、求人先企業の情報を集めたりといった作業に集中できるんです。

とにかく、辞めるより先に転職先の確保が重要。転職先を確保していれば、辞めるのもスムーズですからね。引き止めなんてもろともせず、スパッと辞められます。

転職エージェントについては以下の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください↓

-仕事の悩み