気付いていますか? あなたの心と身体のSOSサイン。

仕事と向き合うあなたの心と身体は、日々着実に疲れを蓄積しています。人は何かと向き合おうとしているとき、向き合うことに対する痛みや疲れに無頓着になりがちです。見て見ぬふりしたり、そもそも気づいていなかったり…。

自分が仕事に対して限界を感じていることを、心と身体がサインを出して知らせてくれています。たとえば、知らない間に涙が出るとか…。

それに気づかなければ、放置していれば、最悪うつ病になりますよ。

うつ病にならないために、限界を知らせるサインにはどのようなものがあるかを紹介しましょう。

眠気が取れない

心と身体の限界を知らせるサインは、睡眠に関わることが多いです。睡眠は心にも、身体にも、両方ともに関係していますからね。

眠気が取れないというのも、限界を知らせるSOSサインのひとつですよ。

寝ているのに、何をしていても常に眠いという人は要注意。特に、仕事中や歩いている最中に目が勝手に閉じてしまうようならヤバイです。意識していないと目を開けていられないのなら、確実にあなたは限界を迎えています。

過眠症になっているのかもしれませんよ。

全然、寝付けない!

眠気が取れない・延々と寝てしまうというのも危ないけど、逆に全然寝付けないのも危ないですね。不眠症というのは、心身ともに限界を感じているサインとして超メジャー級の症状です。原因はストレスや不規則な生活にあるとされています。

疲れていても眠れない人、寝付くのに1時間以上かかる人は要注意!

もう既にあなたの心と身体は限界だ。

起きた瞬間、疲労感

しっかり寝たけど身体がだるかったり、心が重かったりする人は限界がきている可能性が高いです。「朝が来るのが嫌だなあ」と思うことから、身体のダルさや心の重さが発生しているのかもしれませんよ。心理的状態に身体の調子は引っ張られてしまいますから、朝からだるくてもうしょうがないという人は心が危険です。

なんか最近体重が増えてない?

ストレスが溜まると、体重が増えるよ!

結構色々なところで言われていることなんだけど、理由がわからないと謎ですよね。ストレスと体重に何の関係があるんだろう? 理由には二種類あります。

ひとつ目は、ストレスによって食事の量や質、食べる時間が変わるからです。たとえば、ストレスが溜まると暴飲暴食してしまうとか、質の低い食事が増えるとか…。残業が多くて食べる時間が遅いというのも理由になっています。

前まで自炊していたけど、最近やる気が出なくてコンビニ弁当ばかりなのでは? 最近食べる量が増えたのでは? 時間が遅くなってない? チェックしてみましょう。

次に、ストレスが溜まると分泌されやすくなる「コルチゾール」というホルモンが死亡を貯える働きがあるということも理由になっています。

だから、食生活関係なしにストレスが溜まると体重が増えるわけです。ストレスによって暴飲暴食をすることが増え、暴飲暴食すること自体に罪悪感というストレスを抱いている人は二重に太りやすくなっているということなんですねえ。

最近体重が気になりだした人、実は限界なのかもよ? ダイエットするより仕事を辞めるか一度休むかしたほうが、体重が減る可能性があります。

趣味に対する興味が失せる

精神的に限界がきている人は、趣味に対する興味を無くすことがあります。前は楽しかったのに、今は特にやりたいとは思わないということがありませんか? 仕事より趣味だったはずなのに、気づけば仕事ばかりだったというのも要注意ですよ。

また、好きだったことをしても楽しめないというのはうつ病の典型的な症状です。

この症状がみられると、うつ病と診断されます。うつ病の診断には「興味や喜びの喪失」または「抑うつ症状」のどちらかの症状がみられることが必要なんですよ。どちらの症状もあったら、「特にヤバイうつ病」とされます。

趣味を楽しめなくなるのは、うつ病そのものと言えるわけですね。

仕事のことを考えると、腹が痛くなる

腸は心の窓という言葉があります。

腸は内臓の中でも、特に心の影響を受けやすいんですよ。プレッシャーを感じると腹が痛くなったとか、嫌だなと感じたら腹が痛くなったとか、そういう経験が誰しもあるのではないでしょうか。

仕事のことを考えると腹が痛くなるというのは、仕事から受けるストレスが大きいことを意味しています。

このままだと、胃酸過多や逆流性食道炎…果ては胃潰瘍もあり得るんじゃないでしょうか。

仕事のストレスから胃潰瘍、心の病が一般的じゃなかった時代からの王道コースですからね。

ちょっとしたことでイライラする

街を歩いていると、なんだかとてもイライラしている人が多いなあと感じます。ちょっとしたことでイライラして、他人に当たってしまうんですよね。コンビニ店員さんに対して強気の態度を取ったり、電車が1分遅れただけで悪態をついたり…。

「なんだか最近イライラすることが増えたなあ」

そんな人は、精神的に限界がきているのかもしれません。それだけ心に余裕が無いということです。周りのことを考えられないほど、他人の気持ちを思いやることができないほどに…。小さいことでイライラするのは、自分自身を守るためですから。

通常、その上で他者を守る余裕もあるんだけど、今はそれが無いんです。

それだけで十分、ヤバイと言えます。

弱音が知らないうちに口から出る

「消えたい」「死にたい」「俺はダメだ」そんなこと言いたくもないのに、口から言葉として出てしまう。口から出ることはなくても、SNSに思わずつぶやいてしまう。そんな人は、限界を迎えてからしばらく経っているかもしれません。

そういう弱音を言葉にすることは、パソコンが熱を吐き出すのと同じようなことなんですよ。これ以上ため込んでおくと爆発してしまうから、動きを止めてしまうから、思わず出してしまいます。

だから、少しでも心当たりがあるのなら、一旦休んでみてください。

涙が出る

ストレスが限界に達すると、勝手に涙が出ます。これも、言いたくない弱音が言葉として出てしまうのと同じ理屈です。これ以上感情をため込んでおけないから、涙という形で放出しているんですよ。

涙は、感極まった時に出ますよね。

悲しみ、寂しさ、怒り、喜び…どんな感情だとしても抱え込むことができなくなると涙を流します。人間というのは、そうやってうまく感情をコントロールしているんです。

だから、涙が勝手に出てくるという人は既に限界を迎えていると言えます。

そもそも、この記事を見ている時点で限界なのでは?

仕事と向き合うあなたの「限界」を知らせる心と身体のサインを紹介してきたけど、この記事を見ている時点でもう限界なのでは? 既に限界を少なからず感じているからこそ、「仕事 限界」とか「仕事 うつ」とか検索して、今ここにいるんだと思います。

だったら、この時点でもうあなたは限界です。

紹介したSOSサインは一般的なもので、限界に気づいていない人がそれに気づくための指標。だけど、限界を感じた時点で、あなたにとってはこれが限界なんですよ。紹介したサインに対して自覚症状があっても、なくてもね。

だから、もう休みませんか?

今休まないと、本当にうつ病になりますよ。

最悪、死んでしまうということもあり得るんです。人は、自分が思っているよりも簡単に死にます。死ぬことよりも、辛さを抱えて生き続けることの方が難しいからです。「そんなバカな」と笑っていた人が、翌日死体として見つかるなんて日常茶飯事だ。

だから、そうなる前に一旦休むか、辞めるか、決断しましょう。

限界なら、逃げようよ。