今すぐ、明日にでも、仕事を辞めたい!

本当に辛くて、追い詰められていて、明日にでも…いや今すぐにでも仕事を辞めたいと思っている人は案外多いと思います。毎晩毎晩「今すぐ辞めたい」と鬱モード入って、眠るのが嫌で布団の中からスマホを見る。

そんな毎日から、さよならしたい!

だけど、明日から会社に行かないなんてアリなの? と不安なあなたに、元社畜の僕から贈る言葉があります。

明日から会社に行かなくても大丈夫

明日から会社に行かなくてもいいのかと悩んでいる人は、本当に辛くてキツくて追い詰められている人だと思います。

仕事を辞めたいと思うこと自体は誰にもあることだけれど、「今すぐに!」「明日から会社に行かずそのまま辞めたい!」と考えるのは相当末期です。

このままだと危ないと判断して、脳が自然と「他者」より「自己」を優先させている状態だから。

そんな状態にあるのなら、大丈夫。

明日から会社に行かず、そのまま仕事を辞めてしまっても大丈夫だから。

「自分が辛いことは、手順を踏まないで退職していい理由にならない」と語る人もいるかもしれません。それは正しいことだけれど、正しいことを貫こうとして、自分自身を傷つけ壊してしまうのは違うと僕は思います。

社会的に正しいことをして、自分が犠牲になるのはおかしい。

社会には自分の代わりなんて他にたくさんいるのに、どうして自分が犠牲にならないといけないんでしょうか。自分にとって、自分自身の代わりはいないのに。自分の心も、体も、ただひとつあるだけなのに…。

結局、最後に人が優先させるべきなのは自分自身の身と心です。

だから、誰に何を言われても「明日から会社に行かない!」と決めてそのまま辞めてしまってもいいんですよ。

明日から会社に行かない! と決めたら最初にすべきこと

明日から会社に行かない! 仕事を辞めてやる! と決意を胸に抱いたなら、最初にスマホの電源を切りましょう。

バックレると、会社から電話がかかってきます。始業時間が過ぎた段階から、上司による鬼電が始まるんです。電話がかかってくると、社畜は心が揺らぎます。一度は決意したものの、罪悪感にかられて結局会社に行ってしまうんですよ。

「遅刻しました、すみません!」と。

だから、スマホの電源は切るのが無難です。

家にいないほうがいい

鬼のような電話攻撃「鬼電」だけで済むこともありますが、まともな会社なら会社の人間が家に押しかけてきます。会社の人たちも心配になりますからね。

心配してきてくれている人たちを目の当たりにすると、決意が揺らぐ可能性があります。退職を理解してくれることもあるかもしれません。

ただし、真正ブラック企業の場合は心配よりも問い詰めることを目的としている可能性が高いです。最初は心配だったかもしれないけれど、あなたを見た瞬間に「心配」が「怒り」に変わり、退職を認めるどころか鬼のような馬頭をされるかもしれない。

いっそのこと、しばらく家を離れるのが良いのではないでしょうか。

たとえば、リフレッシュを兼ねて少し旅行をしてみるとか。一泊二日程度だと、家に上司が張っている可能性もあるため、最低三日以上の旅行が好ましいです。ただ、失踪と間違えられてはいけないので書置きだけでもしておきましょう。

僕としては、失踪とはいかないまでも一週間程度仕事から離れてのんびり旅行してもらいたいところです。

田舎だと宿泊費を抑えられることもありますし、街の喧騒からも離れられます。必ずしも田舎に旅行しろということではありませんが、選択肢のひとつとして覚えておいてください。

前々から行きたかったところに行くのも、楽しいかもしれませんね。

ただ、楽しむことに罪悪感を抱かないように意識しましょう。心から楽しむよう心がけることによって、気持ちは楽になります。肩の力もストンと落ちますよ。

退職届は郵送しよう

一応、退職届だけ郵送しておきましょう。

「もう会社には行きません!」と出社拒否の意向を示しながら、「辞めます」とハッキリ書いてください。退職の意思が伝わったなら、会社側は退職の手続きをしてくれます。退職届を出さなければ、「待ったら復帰するかもな」と思われて退職手続きをしない可能性が高いです。

保険証も、郵送で返しましょう。

辞めてからの生活は?

辞めた後の生活は、意外となんとかなります。今すぐ辞めたいと考えているということは、少なくとも一か月暮らせる程度の貯えはあるのではないでしょうか。現在ある程度蓄えがあるのなら、全く心配はいりません。

しばらくは、ゆっくりしましょう。

今の会社から受けた傷が治るには時間がかかりますからね。焦る必要はありません。家族や友人たちも、あなたを助けてくれると思います。

今はまだ次の仕事のことなんか考えられなくても、休めばまた考えられるようになる。そのときまた頑張れるように、転職エージェントに事前登録しておくとか準備だけしておくのも良いでしょう。

とにかく、思い思いに過ごしてみてください。

僕が勧めたように、明日から一週間突発的な旅行をするのもいい。ネットカフェで数日宿泊し、漫画を読み漁るのもリフレッシュになるかもしれない。急に実家に帰ってみるのも、気が休まると思います。

辞めてからは、「気を休めること」に集中しましょう。

大丈夫、明日からすぐ辞めたとしても人生はなんとかなります。

命がありさえすれば、心がありさえすれば、体がありさえすれば、人生はどうとでもなる。だから、今は今の自分が自分らしくあり続けるために休みましょう。