新卒入社1年目で転職を決意!でも、いつ転職するのがいいんだ?

転職時期、難しい問題ですよねえ。一般的に、転職に向いている時期というのは数パターンあります。「ベスト」が何個もあるというね、同率1位が多すぎて困ったな状態になっているんです。

だから、僕も考えてみました。

新卒が転職するとき、いつどのタイミングで転職したらいいんだ? 入社1年目の転職時期論争における答えを、僕が導き出しましょう!

「ボーナスを貰ってからが良い」という説

恐らく、この説を唱える人が一番多いんじゃないでしょうか。

「ボーナスを貰ってから、転職したらいいんじゃない?」

貰えるものは貰っておいた方がお得という、駅前ティッシュ理論です。確かに、ボーナスが出るならボーナスを貰った後の方がお得感はありますよ。だけど、僕がこの理論で心配しているのは「お得だから」なんです。

そんなの、皆ボーナス直後に転職しちゃうじゃないですか。

実際、一般的にボーナスの時期と言われている7月と12月を過ぎてから、退職者が増えるため求人が増えます。求人が増えるということは転職者にとって良いことなんです。選択肢が増えますからね。

その分、良い求人には転職者が集中しやすい時期とも言えると思うんです。

求人が増えると言っても全部が全部人気求人にはならず、時期を選ばず人気が出るような求人に人が集中し、結果的に競争率が激しくなるんじゃないかという心配。

特に長年勤務した人も辞めやすい時期だから、実績のある人と第二新卒がぶつかったらと考えると新卒1年目の転職にベストな時期とは言えません。

「求人数が増える月が良い」という説

求人が増える時期を考えて、転職するなら2月・9月がいいという説があります。

「新卒 仕事 辞める タイミング」などのキーワードで調べるとすぐ出てくるから、もうすでにその説を見たという人も多いはずです。

1月から3月は人員補充のために求人が増え、8月から10月あたりにはボーナス後退職のため求人が多いという理屈なんだけど…。

9月はまだしも2月はどうなのよ? というのが僕の本音なんですよね。

人員補充と言っても、新卒採用間近だから中途採用の求人が言うほど増えるか? と。僕は11月から2月くらいにかけて転職活動をしたけど、1月から2月が求人増えるという印象はそれほどありませんでした。

確かに、予算を使い切らないといけないから人事に採用をせがむということもあると思います。ただ、それは大きい会社だけの話でしょう。余裕があるからこそ、そういう要望が人事に寄せられるわけですから。

8月から10月に増えるというのは、あると思いますけどね。

ただ、その時期を待たないと転職できないわけではありません。

中途採用の求人は、常にいろいろなものが出回っています。時期によって多くなったり少なくなったりはするけど、そこまで神経質にならなくてもいいというのが僕の意見です。

転職エージェントを使って非公開求人を得るという手もありますし、たくさんの求人を得ようと思えば方法はありますからねえ。

まあ…8月から10月という求人が増えると言われている時期が近いのなら、待てば良いと思います。「数ヶ月先か」と思うんだったら、待たなくても良いでしょう。

「閑散期が良い」という説

閑散期というのも色々あると思います。業界の仕事の忙しさが落ち着く閑散期と、求人活動転職活動が落ち着く閑散期。どちらの閑散期だとしても、似たような理由で「この時期がベスト」と語る人がいますよ。

その理由が、教育に時間を割いてもらいやすいという点です。

仕事自体が閑散期に突入していたとしたら、新人教育に当てる時間がたくさんあります。むしろやることが増えて嬉しいと感じる人もいるでしょう。逆に、忙しい時期だとろくな教育が出来ないため実績のある人しか中途採用しないところが多いです。

求人と転職活動が落ち着く閑散期だとしても、一度の採用数が少なく、一人当たりの教育に割ける時間が多くなります。

教育時間をたくさん取ってもらいやすいというのは、第二新卒にとっては嬉しいですよねえ。

業界の閑散期は業界別に異なりますが、求人自体の閑散期は12月と1月と言われています。年末年始は企業が休みモードに入り、求人を活発には出さないという理屈です。

求人が少ない分転職活動をするのは厳しいかもしれませんが、ライバルも少ないから採用率は上がるかもしれませんね。

ただ、1年目で転職を決意した人にとって12月から1月というのは少し先の話という気がします。1年目で「辞めよう」と思う人は、もう少し早い時期に決断するでしょうからねえ。

ゆっくり転職活動をしたい人は「失業保険が貰えるようになるまで我慢」

失業保険を貰いながら、ゆっくり転職したいと考えるなら、待ったほうが良いでしょう。

失業保険というのは、1年以上勤務しないと受給できないんですよねえ。

新卒1年未満で辞めてしまったら、失業保険は出ません。「それはお前の責任だろう?」というような圧力を感じるけど、まあ仕方がないことだと思います。

ただ、リストラとか倒産とか特別な理由があれば半年でも受給可能です。この記事を読んでいる時点で、そういう状況の人はいないと思うけどね。

あとは、うつ病の診断書があるなど「病気のためやむを得ず」という理由でも半年勤めたらOKです。

空白期間を空けてもいいと考えていて、少しでも余裕があるなら1年経過するまで待ちましょう。虎視眈々と! 息を潜めて時をうかがうのだ!

しかし、空白期間をなるべく空けたくないなら別に待つ必要はありません。

「辞めます」と告げるタイミングも大切

僕は、「辞めます」と上司に告げるタイミングも大切だと思います。

入社1年目で辞めるというだけで、会社の人から反感を買ってしまいます。その上、辞めることを上司に伝えるタイミングを間違えてしまうともう円満な退職なんかできないんですよ。

円満退職ができないということは、その業界の繋がりをひとつなくすことになります。

業界内の企業間の繋がりが強いようなところとか、狭い業界だと転職活動にも悪影響を与えることがあるんです。

「この人あの会社が言ってた人じゃないか、採用はナシだな」と、事実上の業界追放すらありえます。大げさ? いやいや、割とある話なんですよ。

じゃあ伝えるタイミングはいつがいいのかというと、なるべく円満に辞めたいなら1ヶ月以上前に言っておくのが好ましいです。

法律上は2週間前に退職届を出せば退職可能となっているけど、退職届というのは「辞めてやるからな!? お前らの言い分なぞ知るか!」というようなもの。

引きとめにあっているなどして「どうしても辞められない場合」には効果的だけど、円満に辞めようと思ったら使わないほうがいいんです。

退職願となると「退職のための面談・相談」が開かれるのは避けられないし、もろもろの手続きなどもあるから1ヶ月前には提出しておいたほうがいいと思います。なるべく、退職願を提出する前に一言相談くらいしておくとさらにいいでしょう。

退職届を退職2週前にというのは、最終手段だよ。

精神的・体力的に限界な人はすぐ辞めよう

入社1年目で辞めるタイミングを気にしている時点で、限界が到来している人は少ないと思うけど、一応アドバイスしておきます。

精神的・体力的にもう限界だ! しんどい! という人は、すぐにでも辞めたほうがいいです。

ボーナスのために我慢したり、失業保険のために我慢したり、そういう時期を伺っていても辛いだけじゃないですか。

その間に状態が悪化してうつ病になったり体を悪くしたりしたら、元も子もありませんよね。そんなことのために、これからの大切な時期を潰してしまうのはもったいないです。

限界が近いと感じたら、タイミングや時期なんて気にしないで今すぐ辞めましょう。

一つの結論を出すとしたら?

色々語ったけど、結局一つの結論を出すとしたらどうなるのさ? んー…難しいけど、僕としては――。

時期にこだわる必要は無い。

結局、どの時期も何かしらの理由を付けて「転職しやすいよー」と言えちゃうんですよ。閑散期すら「ライバルが少なく教育されやすいから」という理由があり、オススメしてしまえるわけで…。

それなら、転職する時期になんてこだわる必要は無いのでは?

僕自身は12月から1月に転職活動をしていましたが、転職を決意したのが冬前だったからそうしたに過ぎません。結局、転職活動を始める時期なんて「転職を決意して、自分が転職活動できる状況が整った時期」になるんです。

だから、時期にこだわるよりも、転職先にこだわりましょう。

転職成功のために一番大事なのは、1年目も2年目も3年目も変わらず「転職先選び」です。

効果的な転職選びをするために、転職エージェントを利用してもいいと思います。転職エージェントを使うと、比較的条件の良い非公開求人の紹介が受けられるし、自分の希望に沿った求人が得られるからオススメです。

そして、「仕事を辞めるタイミングはいつにすればいいか」「会社にはどうやって伝えればいいか」を相談することもできます。

僕自身も、転職の決意を固めてすぐに転職エージェントに登録して、働きながら転職活動を始めました。

新卒から転職する時期は、自由! 入社1年目だからこの時期がいいとか、この時期は少しなあと言うのはあるけれど、どの時期も甲乙つけがたい! 時期に神経を割くよりも、転職先選びに神経をフル稼働させた方が成功率は上がります。

結論、時期は気にするな、転職先を気にしろ!