「仕事は金を稼ぐ手段だから」と「仕事に興味が持てない」というのは別の話。

就職活動があまりに大変だったからとか、希望する仕事に関する会社に軒並みお祈りされたとか、色々な理由から全く興味が無いような仕事に就いた新卒の人は多いと思います。

新卒から、好きな仕事・興味が持てる仕事をしている人は恵まれていると言えるでしょうね。

興味が無い仕事を続けるのは、めちゃくちゃ難しい!

今回は、興味がない仕事を選んで後悔している人が入社1年目足らずで転職するのはアリなのか?僕なりの考え方と立ち回り方を紹介したいと思います。

新卒が興味ない仕事を続けることのデメリット

  • 成長が遅くなり、同期との差が開く
  • 働くこと自体が億劫になる
  • 達成感が薄く、甲斐がない

新卒入社1年目の人が、興味が無い仕事を続けることにはデメリットがたくさんあります。まず、仕事の成長が遅いということです。人は興味が無い物事よりも、興味がある物事の方が覚えが早いし成長が早いものなんですよね。

興味があれば、自分から努力をしようとしますから。仕事の難易度が高い案件も、積極的にやりたいと思えるしねえ。

興味が無ければ、そりゃあ成長は遅くなる。同期と差が開いて、しまいには取り返しがつかないくらいに大きな隔たりが生まれるかもしれません。

また、新卒から気の進まない仕事を続けることは、働くこと自体に嫌気が差す原因になることが多いです。新卒はまだ働くことがどういうことかわからなかったり、狭い社会しか知らないから、興味が無い仕事を続けることによって、仕事=ストレスが強く苦行なものという意識が生まれかねません。

将来ニート化する可能性すらあります。

働き甲斐が無いというのも、その原因になるでしょう。

仕事は金を稼ぐ手段という考え方にはびこる誤解

新卒から「仕事に興味が持てない」という話をすると、「仕事は金を稼ぐ手段に過ぎないから」とたしなめる人がいるんですよね。だけど、それとこれとは別。

僕は、仕事は金を稼ぐ手段として結構割り切って考えています。僕には職業に関する夢が特に無く、その代わりに趣味やプライベートでやりたい事や夢を持っているんです。だから、仕事は金を稼ぐ手段に過ぎないと思っています。

ただ、それは「興味が無い仕事を続ける理由」にはなりません。確かに、「金を稼ぐ手段、生きる方法に過ぎないから興味が無くても続ける」というのは、理屈としては何も破綻していません。

だけどね、これは理屈じゃないんだ。

人間は、自分が興味が無いことは続けられないように出来ていると、僕は考えている。

ある女芸人が言っていたように、「味のしないガムを噛み続けますか?」という話なんです。飽きたゲームをプレイし続ける人はほとんどいない。新しいゲームを買う余裕のない経済状況にある人は、そのときゲーム自体を辞めてしまうでしょう。

または、苦行だと感じながらも他にやることが無いからとダラダラ続けると思います。

興味が無いことや興味を失ったことを続けるのは、苦行なんです。

興味が無い仕事を長く続けていくことは、不可能と言っても良いと思います。

僕は、営業職として働いて稼いだ金で自分の楽しいことをすることが楽しくて、仕事を続けていますよ。だけど、営業に全く愛着や興味が無いわけではありません。

金を稼ぐ手段に過ぎないけれど、仕事は少しでも興味が持てるものをすべきです。

興味ある職種よりも、興味ある分野を見つけよう

ここまでお話ししてきたとおり、僕としては「興味がある仕事への転職」は1年目だろうと何年目だろうと積極的に考えるべきだと思っています。

では、どうやって興味がある仕事を見つけるのか。

職種自体に興味を持つことが出来るというのが一番良いんですが、最初に見つけるべきなのは興味ある分野だと僕は思います。

僕はIT企業に勤めていますが、営業には元SEの人も結構います。

彼らが語るのは、「SEは向いていなかったけど、ITには興味がある」ということでした。

だから、まずは興味がある分野・業界を見つけましょう。その方法は単純明快! とにかく、世の中にどんな業界・分野があるのかを知り、興味が持てそうなものを調べましょう。

  • メーカー
  • 商社
  • 小売
  • 金融
  • サービス
  • マスコミ
  • ソフトウェア/通信(IT)
  • 官公庁/公社/団体

日本にある業界は、大きく上の八つに分けられます。

ただ、メーカーの中にも「食品」「自動車」「玩具」など色々ありますよね。サービスにも「ホテル」「旅行」「飲食」「レジャー」など、たくさんの分野がある。まずは大きな分類を見て「興味が持てそう」と感じた業界の様々な分野を調べてみてください。

調べてみると、その分野にはどんな仕事があるかがわかります。興味がある仕事は、そこから見つかるでしょう。

転職するなら転職エージェントは必須

新卒1年目から転職をするとき、そして興味がある仕事を探すとき、一人だと本当に大変。様々な業界のことを知っている人間が味方に付けば、かなり楽になります。だから、転職エージェントを使いましょう。

第二新卒の転職活動方法や、効果的なアプローチの方法などを教えてくれるから、新卒1年目の転職も安心です。

興味がある仕事も、「どんなことに興味がありますか?」などの質問から一緒に探ってくれます。転職エージェントは色々な業界の人と関わることがあるから、豊富な知識からあなたが興味ありそうな仕事を提案してくれるでしょう。

また、自分で探した上で転職サポートだけを期待して利用するのもアリです。

何にしても、新卒から全く興味が無いと言い切れる仕事をすることはデメリットしかありません。金を稼ぐ手段に過ぎないとしても、少しは興味が持てる仕事を探して、転職することが大事!

興味がある人は強く、興味が無い人は弱いんだ。