仕事を辞めたい、毎日が辛い、と嘆いている新卒1年目のあなた。

会社は社会の一部だ、社会の全部じゃない。

だから、新卒だからとか入社1年目だからとか難しいことを考えすぎないで、もう少し自由でもいいんです。

仕事の辞め方を動画サイトで調べると、海外の面白い退職のワンシーンを撮った動画が結構見つかります。突然「僕は仕事を辞めるー」と歌いだしたり、職場で思い切りダンスしたり。

そこまで自由にはなれないけど、「新卒だから」という理由で我慢することはありません。

会社が辛い、辞めたいと思っているあなた。今の状況をチャンスに変えてみませんか?

クソな上司、しんどいよね

新卒入社した会社の配属先、職場の上司がクソだった!

心中、察します。クソ上司だけは本当ね、どうしようもないですよね。新卒入社は部署を自分で選べないから、会社選びに成功しても上司選びに失敗することはよくあります。上司なんて、完全に運だから。

怒鳴ることしか能がない上司、「根性が足りないんだ!」という根性論をぶつける上司、「見て盗め」とか無茶なことを言う上司…。そんな上司を、どうか責めないでやってください。

彼らは、新人に仕事を教えるほどの能力が無い無能なだけなんだよ! 人の上に立つ器が無いだけなんだよ! クソクソ&クソだけど、「無能なんだしょうがない」と割り切り、そんな上司の下を去りましょう。

先輩による、新人いじめ

先輩に、いじめられたという人も多いと思います。

ただ、虐められた人に言いたいのは「彼らは特別な理由があり、あなたをいじめているわけではない」ということ。会社でいじめをしてしまうような残念な先輩にとって、新人いじめは恒例行事なだけなんです。

だから、あなたが悪いというわけではありません。いじめられ、「自分が悪い」と悲観しなくてもいいんですよ。

彼らはただただ幼稚で、誰かを下げることでしか自分の地位を上げることが出来ない「人生を諦めてしまった哀れな人」なんです。入社1年目の新人を蹴落とし、先輩としての地位を上げ、職場内で昇進しようという浅ましい奴なんだ。

だから、自信を持って転職しましょう。

転職先で活き活きと働くことが、先輩からのイジメに対する復讐になります。

理想と現実のギャップに苦しむ

新卒にありがちなのが、理想と現実のギャップに苦しんで辛いという悩みですよねえ。

新社会人になるとき、誰もが期待と不安を持っているものです。新しい環境に身を置くときは、いつもそういう感情が僕らの心を揺さぶってくれますからねえ。だけど、いざ入社してみると現実はあまりにも理想とかけ離れすぎていたということがよくあります。

たとえば、残業。

「毎日定時で帰って、帰りにジムに寄ったり居酒屋に寄ったりして…仕事後の運動とか酒は凄く楽しくておいしいんだろうなあ!」

しかし、入社後は残業に次ぐ残業の残業地獄で天手古舞。運動と言えば仕事中に動くくらいだし、酒と言えば毎晩ヤケになって飲む缶ビールとかストロング系チューハイ。どこか退廃的な雰囲気を身にまとい、生活も顔もやつれた気がする。

辛い、辞めたい、こんなはずではなかった!

残業以外にも、そういうことはありますよねえ。どんな種類の理想と現実とのギャップだとしても、このギャップというのは本当に辛いんです。理想と現実のギャップは、「人間の悩みにおいて根が強く問題が大きいものトップファイブ」に入ると思います。

「理想を追うなんて…」と言われることもあるかもしれません。

だけど、理想に近い形を求めるのは誰もがそうだし、悪いことじゃないんです。理想とあまりにもかけ離れているのなら、少しでも近づけるように転職したほうがいいと思います。

辛い・辞めたいと嘆く今、逃げることで戦いに向かうという考え方

会社を辞めるということに対して、人は過剰に反応しすぎです。

辞めない方がいいという理屈はわかりますが、だからと言って辛いのを我慢してまで続けないといけないという理屈にはなりません。人は壁に直面したとき、三つの選択肢を取ることができます。

  • 逃げる
  • 乗り越える
  • 壁なんてなかった、と見て見ぬふりをする

今、目の前に壁が立ちはだかっています。新卒入社した会社が合わないとか、上司がクソだとか、色々な理由で辛いと、辞めたいと感じているという壁です。この壁を、乗り越えることが出来ますか?

乗り越えられる壁なら、乗り越えた方がいいかもしれません。

だけど、乗り越えられない壁も世の中にはたくさんあります。クソな上司は僕らの力でどうにかできるものじゃないし、理想と現実とのギャップも今の会社にいては埋めることは出来ず乗り越えることはできない。

だったら、逃げるか壁を見て見ぬふりするかの二択になります。

見て見ぬふりをするというのは、たとえば理想と現実のギャップの場合「理想を捨てる」ことと同義です。理想を捨ててしまえば、理想と現実とのギャップを見て見ぬふりできますからね。

ただ、その果てに残るものは「喪失感」と「何のために働いているかわからないという状況」の二つだけです。

だから、逃げる方がいい!

乗り越えられない壁からは、「辛い」「辞めたい」という問題からは、逃げた方がいい! むしろ、逃げることこそが戦いなのだと僕は思います。逃げると言っても、その道は決して楽ではありません。

壁を乗り越えず、回り道をして壁の裏に回るというのは本当に遠回りです。

だからこそ、逃げることには価値があります。

「こんな会社辞めてやる!」と転職をすることで、あなたは成長できる。多くの社会を知りながら、壁を乗り越えたのと同等の結果を得ることが可能になるわけだ。結果、理想と現実とのギャップは埋まり、クソな上司と離れ、いじめはなくなり、自分に合った会社に転職してやりがいも感じられるようになる!

だから…!

逃げろ。

新卒・入社1年目はやり直しがきく。ある意味チャンス。

新卒・入社1年目は、今の会社を辞めてもやり直しがききます。僕も、結構早い段階で転職したからわかるんです。

辞めるなら早いか遅いかのどちらかが最善ということと、それなら早い方がより良いのではないかということがわかる。

新卒が仕事を辞めて、転職するとき、第二新卒という肩書がつきます。

第二新卒というのは、「社会人として最低限のマナーなどは知っているが、前の会社・仕事に染まらずフレッシュで、扱いやすい人材」なんですよ。会社からしたら「マナー講習する必要ないから新卒より楽だし、新しくうちの会社好みに教育出来て扱いやすいわあ」という感じ。

それに、新卒だけでは埋まらなかった採用枠を埋めたり、退職した新卒枠の穴埋めをしたりするのにも、第二新卒はとても良い。

需要があるから、転職しやすい。ある意味チャンスなんです。

逆に、転職するタイミングが遅いと「前の会社でしっかり勤めた人」というイメージが付きます。それだけ前向きな転職理由も浮かびやすいし、転職先の会社からしても前向きなイメージが沸きやすいからいいんです。

ただ、新卒の場合は我慢して長く勤めるよりも、早く辞めた方がお得。

第二新卒を必要としている会社を、転職エージェントに登録してキャリアコンサルタントに探してもらうことによって、転職の難易度は圧倒的に下がります。転職エージェントを使うと、あなたに合う会社や理想に近い会社を追い求めることも簡単です。

今すぐあなたが出来ることは、転職を前向きに考え始めることと転職エージェントに登録すること。

決意したなら、転職エージェントを使って働きながら裏で転職活動を進めましょう。そして、今のクソな上司やクソな先輩、ブラック企業や自分に合わない会社などを見返してやろうじゃないか!

転職するなら今だ!