【JR東海を辞めたい】私鉄や異業種など、転職先の選択肢を徹底考察!

JR東海は、営業利益率がJR各社の中でトップ。社員の平均年収は730万円を超えており、傍から見ると安定したホワイト企業にしか見えません。

しかし、退職者の口コミやSNSでの声を調査してみると、「JR東海を辞めてよかった」という声や「JR東海を辞めたい」という声がいくつも見つかりました。

そこで今回は、転職経験者の僕なり視点で、東海エリアでの転職先候補を考えてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

【転職プランA】JR東海から私鉄に転職

鉄道会社での勤務経験を活かして有利に転職活動を進めるなら、真っ先に思い浮かぶ転職先の選択肢は「近隣の私鉄」です。

関東と関西は大手と呼ばれる私鉄がたくさんありますが、東海地方は大手と呼ばれるものはひとつしかありません。

名古屋鉄道株式会社、通称名鉄です。事実上、JR東海と名鉄の二強みたいな構図が出来上がっているのが東海という地域の特徴と言えるでしょう。まあJR東海の路線範囲の中でも、三重県あたりに入ると近鉄もありますが…。

JR東海の中心となる地域は、JR東海と名鉄一強なんです。

関西は阪急・京阪・近鉄など、たくさんの大手私鉄が入り混じっているし、関東もまた然り。東海はある意味わかりやすいですよね。

ただ、ほかにも私鉄はあります。例えば…

  • 静岡鉄道株式会社
  • 長野電鉄株式会社
  • 伊勢鉄道株式会社
  • 愛知環状鉄道株式会社

JR東海から転職するとき、給料以外の部分を重視したい人や名鉄で働くにはしんどい地域の人は、名鉄だけでなくこういった地方私鉄も候補に入れてみるのもいいかもしれませんね。

例えば、名鉄に転職したらどんなメリットがあるのか

名古屋鉄道株式会社とJR東海とを比べてみたいと思います。

まず年収、JR東海のほうが高いです。ドライバー系の仕事で比べると、名鉄は404万円(平均年齢28.2歳)、JR東海は493万円(平均年齢29.0歳)となっています。平均年齢は同じくらいなのに、こんなに差があるんですねえ。

加えて残業、JR東海はエンジニア職と企画職以外「ほとんど残業なし」となっています。名鉄は1時間から2時間程度の残業があり、JR東海のほうが「残業が少なく給料が高い」傾向があるようです。

「じゃあ名鉄はダメなのか?」というと、そうでもありません。

たとえば有給消化率は、名鉄の方が圧倒的に高い! JR東海は40~60%、名鉄は60~80%ですからね。日頃の残業はJR東海の方が少ないけれど、名鉄の方が休みは取りやすいということです。

さらに、JR東海のような超大手に比べてると忙しさも変わってくると思います。残業が無い分、JR東海の方が密度が高いんじゃないでしょうか?

休み重視の方にはオススメできると思います。

また、待遇面は正直JR東海の方がいいけれど、JR東海を辞めたいと考えている人にとっては社風は名鉄の方が魅力的に映るかもしれません。JRというのは本当に独特な企業体質があり、特にJR東海は緊縮財政を強いられている部分があったりして、ほかに比べて殺伐としてしまいがちです。

人間関係など精神的なストレスは、名鉄の方が軽いと僕は思います。

【転職プランB】JR東海から異なる職種・業種に転職

前章では別の鉄道会社への転職というプランを紹介しましたが、鉄道業界以外への転職も視野に入れることで選択肢が格段に増えます。

たとえば、JR東海の中心となる愛知県とその周辺は工業や製造業が盛んなので、挑戦してみるのもいいと思います。いきなりトヨタの社員に未経験で採用されるのは厳しそうですが、工場などの現場仕事なら十分可能性があります。

工場の仕事といっても、実際に製造する仕事から購買部などたくさんあります。製造部門と購買部門は製造業の中でも比較的求人をよく見かける仕事だし、転職ハードルは低めです。

あとは、少しでも興味がある職種や業種を転職先の候補にして、情報収集をしてみるといいと思います。

未経験の職種や業界に転職した場合、最初は今より年収が下がるかもしれません。でも、納得のいく会社で納得のいく仕事ができるようになったら、今よりも幸福度は上がるはずです。

広い視野を持って転職活動に臨みましょう!

-仕事の悩み
-