「駅員ツラすぎ辞めたい…」
「鉄道は好きなんだけど駅員の仕事は向いてないみたいだ…」
「駅員から転職したいんだけど、どんな仕事がいいんだろ?」

ネットで調べてみるとこんな声が多数見つかります。

そこで今回は、転職経験者の目線で、駅員の悩みを分析しつつ、おすすめの転職先や転職活動のコツを考えていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

駅員を辞めたい理由。特に多かった声は?

まずは、ネット上でよく見る、駅員を辞めたいと思い始めた理由を紹介したいと思います。

代表的なのが、「クレーマー」ですよね。

どこかの駅で人身事故が起こったら駅員に怒鳴り、泥酔していたところを心配の声がけをされたら急にキレ始め、女性専用車両に協力せず文句を言う…。特に人身事故とか遅延とかで怒鳴る人はよく見ますねえ。

そんなの駅員に言ったってしょうがないでしょうと、思うんだけど…。キレるなら線路に飛び込んだ人にキレて欲しいものです。まあ、故人にキレるのはそれはそれで人格を疑う事件だけど、駅員にあたるのはお門違いというもんですよねえ。

そのお門違いの怒りをたくさんぶつけられる駅員は、ストレスが半端ないと思います。通勤中のサラリーマンというのは、ある意味獰猛な珍獣。おそらく一番イライラがマックスの人種だと思うんです。それを相手にするというのは、キツすぎる!

怒鳴るだけならまだしも、殴りかかる人までいますからねえ。

また、そんな気苦労と肉体的な苦労を強いられていることを考えると、給料が良いとは言えません。心の痛手手当てとかあればいいのにと、半分冗談半分本気で思うんですよ。

さらに、悩みは客と給料以外にもたくさん。

「勤続年数がすべてなのだ」という古臭い社風、軍隊チックなキツイ上下関係、ハラスメント被害などなど社内の問題も山積みな様子。

駅員から転職!おすすめの転職先候補を紹介

  • 別の鉄道会社
  • 営業職
  • カウンター販売
  • 接客業
  • 事務職

駅員が選ぶ転職先とし、一番多いと言われているのが「別の鉄道会社」です。やはり、鉄道にかかわるという夢は捨てたくないということなんでしょうね。

もう一度駅員になる人もいれば、事務などの総合職に回る人もいて、一口に「別の鉄道会社」と言っても転職先は多様にあります。

どうしても鉄道会社で働く夢を諦めきれないのなら、別の鉄道会社に転職するのはアリだと思います。

そして、個人的におすすめしたいのは、営業職やカウンター販売。駅係員として培った、対人スキルを活かすことができますからね。駅員は接客業と言われているくらいだし、接客業との相性も良いんじゃないでしょうか?

営業職なら新規獲得か法人ルート営業かを選ぶ必要がありますが、個人的に「自分の努力で稼ぎを増やしたい人は新規獲得」、「まったり働きたい」なら法人ルート営業がオススメですよ。新規顧客はノルマがありますが、出来高で給料が増えることが多くガンガン稼ぎたいならピッタリ。

法人ルート営業は残業もノルマもあまり無いけれど、稼ぎはそれなりになります。

カウンター販売というのは、旅行会社でよく使う言葉です。店頭カウンターに待機して、お店を訪問してくれたお客さんに各種商品をオススメするタイプの営業職と言えます。ノルマはありますが、待ちの姿勢なのでそれほど多くはなく、飛び込み営業などをする必要もなく働きやすいですよ。

あとは、各種接客業も駅員との親和性が高いと思います。究極にイライラしている獰猛な珍獣の相手をしてきたわけだから、それに比べたらどんなモンスターな客もピグモンかピカチュウかみたいなもんですよ。

事務職だけ毛色が違うけど、これは「もう接客なんてコリゴリだー!」という人にオススメな仕事。

仕事で顧客とかかわることが無いし、クレームとは無縁だし、鉄道会社駅係員で疲れた心はかなり癒されると思います。

いろいろ語ってきましたが、駅係員からの転職先は結構あるんですよね。経験を活かしたいなら「人とかかわることが多い仕事」、悩みをフルに解消したいなら「人とかかわることが少ない仕事」を選びましょう。

駅員からの転職活動で失敗しないために

「できれば空白期間なしで転職したい」という人が多いと思います。(もちろん、精神的・肉体的に限界を感じている人はすぐにでも辞めるべきです!)

でも、働きながら転職活動をするのは結構骨が折れます。

そこでおすすめしたいのが転職エージェント。僕も実際に利用した転職支援サービスです。

転職エージェントを利用したら、求人はメールで送られてくるのをチェックすればいいし、面接の日程調整は担当のキャリアアドバイザーが代行してくれるから当日に行けばいいだけになるし、かなり楽です。転職活動の精神的苦痛からかなり解放されます。

また、何かがあったときすぐに相談できる心強い味方がいてくれるというだけで、転職活動はものすごく楽になります。

実際、僕も転職エージェントを使うことで、ブラック企業の営業をしながら比較的楽に転職できました。あのとき一人だったら、完全に心がバキバキに折れて再起不能だったと思います。

転職先の選択肢はたくさんあります。

広い視野を持って転職活動に臨みましょう!

※転職エージェントについてはコチラの記事で詳しく解説しています↓

仕事にツラさや不満を少しでも感じるなら、”今すぐに”転職エージェントに登録するべき。その理由は?
今すぐ行動することの大切さとか、早めに転職エージェントを使い始めるメリットとか
社畜の僕をがっかりさせなかった転職エージェント【おすすめ一覧】
ブラック企業からの脱出を成功させた僕が自信を持っておすすめする転職エージェントを3つ紹介しています。