JRの総合職は、鉄道会社のエリート街道。だからこそ辛い面もあるし、大変なことも多いし、辞めたいという人も多いようです。

でも、就職難易度が高いJR総合職になることができたあなたなら、新しい活躍の場も見つけることができると思います。

辞めたい気持ちが少しでもあるのなら、転職に向けて動き出してみてはいかがでしょうか。

今回は、転職経験がある現役営業マンの僕なりに、JR総合職からの転職を徹底的に考えてみました。

転職活動を始めるきっかけにしてもらえたら幸いです!

JRの総合職は最初の頃が特に辛い

入社からどれくらい経ってから辞めたいと言っているのかにもよりますが、JR含む鉄道会社は、総合職として採用した人に最初から総合職としての仕事をさせません。1年から3年程度は現場勤務の仕事を転々とさせるんですよね。

総合的に自社の仕事をすべて体験した後、総合職として本来の仕事が始まるわけです。

一般企業にもそういう会社があるにはありますが、数年単位というのはあまりありません。一般企業の総合職としてキャリアをスタートした人と、鉄道会社の総合職としてキャリアをスタートした人とだと、同じ総合職・同年齢だとしても総合職としての経験年数が変わるわけですね。

最初1年から3年くらいの我慢をするのが辛くて辞める人もいるし、他業界から比べると遅れをとっているのではないかという不安から辞めたいと考える人も多い。

鉄道会社総合職ならではの苦悩ですよね。

総合職の仕事がスタートする前に辞めるのはアリ?

僕個人的にはアリだと思います。

総合職の仕事がしたいのに、現業職の仕事を経験させられるのは辛いと思います。短期間ならまだしも年単位ですからねえ。しかも体験とはいえ、ガッツリ本業の現業職と同じように働くことになります。現業職の仕事が辛いから辞めたい! と言う人を止めることは誰にもできないでしょう。

本来やりたい仕事ができないという不満と、本来やりたいことを差し置いてキツイ仕事をやらされるという不満は、たとえゴールがあったとしても我慢しがたいものです。

しかも、我慢を続けた結果、うつ病などの精神病を発症してしまう可能性だってあります。

そして、入社1~3年目なら第二新卒の扱いになるので、逆に転職のチャンスといえます。

早めに転職活動を始めれば、転職先の選択肢は無限。

自分に合った仕事を求めて動き出してみてはいかがでしょうか。

JRの総合職は転勤の多さに悩んでる人も多い

総合職が現業職をある程度経験するのは鉄道会社全体の特徴ですが、JRと私鉄が違うのは「転勤」の有無と頻度です。JRは日本全国にレールがあるためか、転勤があります。そして、JRの総合職は転勤を基本的には拒めません。

転勤と言われたら、従うか辞めるかの二択を迫られます。

しかも、転勤後すぐに帰ってくることはできないんですよね。転勤のとき「このエリアに転勤ね」と言われるわけですが、基本的に同じエリアには3年・4年程度は働き続けることになります。単身赴任になる場合はキツイですよねえ。

たくさんの路線があるJRだからこそ、転勤の多さは仕方が無いことだとは思いますが、仕方がないと割り切れない人も多いでしょう。

転勤に不満があるなら「私鉄に転職」という選択肢も

転勤が最大の不満という人や、転勤以外に不満が無いという人は、私鉄の総合職への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

私鉄は地域を限定しているため、転勤が無い会社が多いです。比較的規模が大きい私鉄だとしても、「関西から関東にかけて走っている」なんていうことはありませんしね。

大きな私鉄と言うと阪急電鉄などが浮かび上がりますが、阪急も路線は兵庫・大阪・京都間くらいです。

「神戸線から宝塚線、宝塚線から京都線」というような路線ごとの異動はあるにしても、JRのように大規模な転勤は私鉄にはありません。

そして、JRで総合職を経験しているということで採用が有利になる可能性もあります。

総合職も鉄道会社も辞めたいという人は…

JRだけじゃなくて鉄道会社自体を辞めたいし、総合職も辞めてしまいたいという人も多いと思います。そういう人は、一般企業の一般職に転職することになりますね。

一般事務・営業事務・貿易事務・経理事務などが、代表的な一般職となります。

総合職に比べると給料は低いものの、転職のハードルは低いです。

ただ、給料が低いと言ってもJR総合職と比べたらの話。

平均給与くらいは貰えることが多いから、その点は安心できますよ。

給料よりも仕事の安定性・休みやすさ・残業の少なさ・転勤が無いことなどを重視したい人にはピッタリです。

会社によっては一般職のほうが倍率が高いということもあるくらい、魅力的な仕事です。昔は女性ばかりでしたが、今は男女ともに一般職の採用がありますしね。