人生に後悔は付き物? だけど、なるべく後悔したくない! それが人間。

新卒で入った会社を辞めたいと考えているけど、迷っている人は多いと思います。

成功した人のことも知りたいけど、逆に後悔してしまった人のことも知りたいですよねえ。特に、何か行動を起こすときにはプラス側よりマイナス側の方が気になりませんか?

僕は気になります!

ということで、新卒で入った会社を辞めた人が後悔するケースと、そうならないための考え方を紹介しましょう!

転職先がさらなるクソ会社で後悔

「この会社クソだなあ」と思って辞めたものの、転職先の会社が自分にとって更なるクソだった! 前の会社の方が良かったなあと後悔するケースに陥る人、実はめちゃくちゃ多いです。転職にリスクがあると言う人の多くは、「今よりダメなところに転職するリスク」を考えていると思います。

新卒から会社を辞めて後悔する人のほとんどが、たぶんこのケースじゃないでしょうか。転職先が新卒で入った会社よりダメだったケースなんて、たくさんありますからねえ。

給与が下がるとか、給料が良くなっても残業時間が長くなるとか…。

たまたま嫌な上司に当たってパワハラを受けているとか、前の会社を1年目で辞めたことをことあるごとに掘り返されるモラハラを受けているとか。とにかく、転職先選びを間違えてしまって後悔する!

だけど、この手の後悔は転職先選びの対策をしていれば心配ありません。

前の会社、言うほどクソじゃなかったという後悔

転職先の会社がどうとかではなく、単純に「前の会社の良さに気づかなかった」という後悔をする人もいます。一度クソだと思うと、クソフィルターがかかってしまい、会社の良い部分を見つけられません。特に、最近は新卒に「ブラック企業」という言葉が浸透してきて、その判断を下すハードルも下がっています。

実はまともな会社だったけど、何かしらのきっかけでクソフィルターがかかったことにより、まともさや良さに気づけず退職後後悔する…。

このケースになる人は、転職活動をする前に「会社を辞めてしばらくして」後悔することが多いです。だけど、後悔してももう遅く転職するしかないわけですよ。

後悔しながら転職するものだから、転職活動にも身が入らず、結局前より良い会社を見つけることが出来ない人も、このケースには多いと思います。

結局やりたいことが分からずに、辞めたことを後悔

新卒で入った会社を辞めた…。

だけど、僕のやりたいことは何だろう? 前の会社が嫌だったからというだけで行動したけど、転職して僕は何がやりたいんだろうか。わからない…。結局、辞めなかった方が良かったのかな?

そういう後悔もありますよねえ。

僕の知人にも、います。

その知人は会社を辞めた後、1年間無職をしながらやりたいことを探していました。結局やりたいことを見つけることが出来たものの、やりたいことを見つけられない人も多いと思います。

「誰もがやりたいことをやっているわけじゃない」

そう納得しようとしても、「やりたくないことは続かない」人は多いです。人間、嫌なことは続けられないように出来ているんだと思います。だから、何がやりたいのか…少なくとも何をやりたくないのかくらいは考えてから辞めた方がいいのかもしれませんね。

転職の後悔は、失敗から生まれることがほとんど

入社1年目で辞めたことに対する後悔よりも、転職先を失敗したことに対する後悔をする人が多いと思います。

新卒1年目だと、まだまだ社会的に未熟です。多くの社会を知らないから、一人で転職すると失敗するのは当たり前だと言えます。ただ、多くの社会を知らないからこそ、それを知るために転職する価値が大きいのも新人からの転職の真実だと思うんです。

だったら、転職のプロの手を借りて転職すればいい。

転職エージェントの手を借りて、あなたの希望する条件に沿う求人や、あなたの性格と能力にマッチした求人を得て転職することで、転職を失敗するリスクは減らせます。ということは、会社を辞めて後悔するリスクも減らせるということですよね。

後悔、に関する僕の考え方

道を選べば、後悔することがあります。

大学受験のときも、「あの大学を選んでおけばよかった」と思うことがある。彼女と別れたときも「あの時こうしていればよかった」と思うし、休日に外出したときにさえ「今日は家にいればよかった」と後悔する。

人は、「IF」を考える生き物です。

だからこそ、「過去に戻り現在を変える」というフィクションがたくさんあります。タイムトラベルに思いを馳せるわけです。多次元理論とか、並行世界理論とかね。

「もしかしたら、あの時こうしていたら、あるいは」

道を選んだ結果、自分が思っていたものとは違う道だったとき、人はその「もしも」の考えに「しまった、間違えてしまった」という考えを付け足します。それが、後悔の正体です。後悔というのは、どの道を選んでも付きまといます。

新卒で入った会社を辞めた道を選んでも、辞めなかった道を選んでも後悔するでしょう。

何もしなくても後悔するんだから、僕は「自分がこうしたい」と思っている道を選ぼうと、転職したときに思ったんです。何もしなくても後悔するのなら、何かをして後悔しない可能性に全力で賭けよう。

その方が、未来が明るくなる可能性は高い!

そう思いませんか? あなたも。