「こんなはずじゃなかった!」

大学を出て新卒で入社してSEになったけれど、「こんなはずではなかった! 辞めたい…」と思う人は案外多いです。SEはストレスフルな仕事で、月の残業時間80時間じゃまだ甘いと言われていますからね。80時間越えたら過労死ラインなんだけど…。

研修からすでに厳しい会社も多いと思います。

半年間の研修が終われば先輩の下で実務作業に入りますが、そうなると社員は立派な戦力。残業時間は青天井と化し、SEの辛い現実が牙をむいてくるんです。この先どうなっていくのかという不安と、こんなはずではなかったという後悔などが胸に押し寄せ…限界が来る。

既に、何人か会社を去っているのではないでしょうか。

「僕も辞めたいけど、辞めていいの?」

その悩みに、僕なりの答えを出してみたいと思います。

状況は悪化する

1年目から長い残業を課す会社が多いですが、2年目・3年目以降に状況が良くなるなら少しは希望がありますよね。

ただ、状況は年数を追うごとに良くなるどころか悪化します。仕事を覚えて色んなシステムに対応できるようになった途端、仕事が更に増えるんです。「やっと戦力として使える状態になった新卒」から、「立派な戦力」になりますから。

2年目・3年目以降の仕事が前衛での仕事だとすると、1年目の仕事は先輩方の後方支援。

年数を重ねていくと自分が「頼られる先輩」になり、前衛に回ります。前衛の方が後方支援よりも任せられる仕事の数が多く、経験がある分「納期ギリギリ」の仕事も任せられることになるでしょう。今でも残業時間が月に数十時間という人も多いはずです。

それが、2年目からは百数十時間になると言っても良いでしょう。

続けられますか?

僕には無理です。

石の上にも三年は、嘘

仕事の面白さはある程度続けないとわからないし、やりたい仕事は実力が付くまでできないことは確かです。だけど、それは残業が多い・給料が低いなどブラックな特徴を持つ会社には、当てはまりません。

「石の上にも三年って言うじゃない?」

僕は、その言葉が嫌いです。

石の上に三年も座ってたら、石像になって死んじまうわ!

石(ブラック企業)の上に三年も居続ければ体がバッキバキに固まって、脳も硬くなって何も考えられなくなって石像のような人間になってしまいます。その先に待っているのは「鬱」か「過労死」です。そんな状態だと、本来学べたことも学べなくなりますよ? 脳まで石になってるんだから。

「三年続けろ」とか「とりあえず続けてみろ」が通用するのは、ホワイト企業だけです。

「石の上にも三年」じゃなくて「ソファの上にも三年」を提唱します!

快適な環境でなければ人は成長できないんだ! あなたがもし、ブラック企業に勤めているのなら石の上にも三年なんて悠長なことを言わず、今すぐ転職すべきです。ただ、ブラック企業勤めの場合「SE自体を辞めるかどうか」は少しだけ待ってください。

ホワイト企業に転職すれば、解決できる人もいます。

SE自体を辞めるべき人、職場を変えるべき人

転職すべき1年目SEには、二種類の人間がいる。「SEの仕事自体を辞めるべき人」と「職場を変えるべき人」の二種類だ。それぞれどんな人が当てはまるのかを、簡単に説明しましょう。

前者から説明すると、「SEの仕事内容自体が合わない・嫌だという人」は、SEの仕事自体を辞めるべきです。ただそれだけの簡単な話。自分が仕事内容自体に嫌気が差しているのか、それとも職場に対してかがわからない人は、自分の不満の矛先がどこに向いているかを考えてみてください。

「この仕事は自分の性格や考え方に合わないのではないか?」「SEなんてクソッタレだ!」と思いますか?

「残業時間多くて辛い!」「クソ上司ふざけんな!」と思ってますか?

SEを辞めるべきは前者、職場を変えるべきは後者です。ブラック企業勤めの人も、これに当てはまりますね。不満の矛先が職場の業務体制や職場の人間に向いているのであれば、会社を変えるだけで解決できます。「ソファの上にも三年理論」です。

ホワイト企業や自分に合った職場に変えるだけで、仕事の面白さがわかるだろうし成長もできるだろうから。

わざわざキャリアチェンジする必要は、ありません。

転職していいの? できるの?

「1年目で転職なんて、していいの?」

そういう人に僕から質問です。アレルギーのある食べ物を、食べ続けますか? 肌に合わないシェーバークリームを、使い続けますか?

薬品や化粧品・シャンプーなどの説明書きに、「不都合が出た場合は使用を中止し…」と書いてありますよね。仕事や会社もそれと同じで、自分に不都合が出た場合には辞めて転職してもいいんですよ。肌に合わないシャンプーを使うとハゲるから、肌に合うシャンプーに買い換えるでしょう。たとえそれが、中身が残っていたとしても。

転職して、いいんですよ。

仕事や会社を変えることは、シャンプーを買い換えるくらい自然なことなんです。

「簡単に言うなよ、転職なんて難しいだろう?」と思うかもしれませんが、決して難しくはありませんよ。新卒であればまだ若く、新卒で会社を辞めた人や第二新卒を狙う会社からの需要があります。思っている以上に、転職は簡単です。

ただし! 戦略は練ること

転職は思っている以上に簡単だけど、戦略はしっかり練ってください。

転職の難度がどうのという問題ではなく、そうしないと転職先でも早々に辞めたくなるからです。SEを辞めるとして自分には何の仕事が向いているのか、何の仕事なら不満が出にくいのかを考えてください。職場を変えるとして、次の職場に何を望むのかをしっかり考えましょう。自己分析を怠らないでくださいね。

「一人じゃよくわからない」

自己分析は、一人より複数人で行うほうが正確ですよ。人間には自分自身には見えない部分があるものなので、友達や同僚に相談するなどして他人の意見も貰いましょう。身近な人に相談しづらいなら、転職エージェントに相談するのもアリです。

僕は転職エージェントを活用して、自己分析から実際の転職活動までを行いました。

自分が信じられる人の意見と自分の意見をクロスさせて、自分の進むべき道を見つけてください。その先が自分の進むべき道です。明るい明日を信じて、飛ぶんだ! 手を伸ばして「自分が本当にするべき仕事」「自分が本当にいるべき会社」を掴み取ろう。