新卒入社1年目で会社をすぐ辞めること自体、何も悪いことじゃない。

だけど、辞めた後に運命が決まる。辞めた後の行動次第で、あなたは勝ち組にも負け組底辺クズ人間にもどちらにもなれるんです。

1年目に辞めた本人は元からクズでなくとも、その後に人生が転落してクズと呼ばれる人間になってしまう人はとても多い。

会社を辞めたいと思っている入社1年目のみんなに、新卒すぐ会社を辞めたその後の最悪のパターンを紹介し、そのパターンにならないために何をすればいいかをお伝えしましょう!

辞めたあとにずるずる無職生活が続いてしまう

よくあるパターン、新卒入社した会社をすぐ辞めた後に無職生活がずるずる続いてしまうこと。これは本当によくあることなんです。「前の会社が恐ろしいトラウマになり、社会に出るのが怖くなった」という人も多い。

ただ、それ以上に多いのが「少し休憩をしよう」として無職になる人。

新卒すぐ辞めたけど、その後に「今は辞めたばかりだから、休憩してから社会復帰しよう」と無職生活を開始。「まあ1ヶ月くらい様子見るか」と実家に戻り、毎日自分の好きなことを好きなように貪る生活を送る。

1ヶ月が過ぎ、「まだなんとなく疲れが残っている気がする」と無職続行。2ヶ月が過ぎ、3ヶ月が過ぎ、会社に居た期間より無職期間の方が長くなった。結局、転職するやる気を起こさず親に呆れられ、実家で毎日を消費するだけの日々を送る。

まさに、人間のクズ…! 圧倒的堕落…! 怠惰…!

働いた期間よりも無職期間の方が長くなると、人間は不思議と働けなくなるんですよ。だって、無職の方が長いから、無職生活に慣れてしまうから。

逆に、社会人生活に慣れすぎると休憩のために無職期間を設けようとしても、途中でたまらなくなって転職活動を始めます。悲しい人間の習性、人生において期間の長い状態から、期間の短い状態に移行するのは困難。

休憩だからと、無職期間を挟むのはめちゃくちゃ危険ですよ!

仕事を辞めるという癖がついてしまう

癖というのは、同じ行為を何回も繰り返すことによって無意識につくものです。一度癖がつくと、自分の意思だけでそれを直すのは難しいんですよね。意識して直そうとしても、無意識のうちにやってしまうから。

気づいたとき、「またやっちまったよ」と思うんです。

新卒1年目ですぐに仕事を辞めると、辞め癖が付いてしまうことがあります。直接の原因になるのは、転職先の会社がまた嫌な会社だったということ。だけど、辞め癖が付いてしまう大元の原因は、新卒入社した会社をすぐ辞めたということなんです。

すぐ辞めたことにより、仕事を辞めることに対するハードルが下がります。

ハードルが下がった状態だから、少し嫌なことがあると辞めてしまい、辞め癖が付くわけですよ。

辞め癖が付くと、もう本当に最悪。職務経歴書がビッシリと埋まり、そのどれもが短期間しかた働いていないという地獄絵図になります。「こんなはずじゃないのに」「次こそは続けるぞ」と努力しようとしても、無意識がその努力をふいにする。

どうして、仕事が続けられないんだ…! 俺はクズだ、ダメ人間だ、もう働きたくない。

社会人人生の、終わりの始まりです。

転職先がしっくりこなくて後悔

辞め癖はつかなかったものの、転職先がしっくりこないという人はとても多いです。

会社はバカみたいな数ありますからねえ。前の会社のように自分にとって合わない会社というのも、またバカみたいな数あるわけです。もちろん、そうでない会社も同じようにたくさんあります。

だけど、結局は運の要素が絡んでしまい、転職先選びに失敗してしまうという人が多いわけです。言わば、転職先ガチャを回して自分にとって不要なものを引いてしまったということ。

転職活動は、しっかり対策を立てていれば運の要素を極力排除することが出来ます。闇雲にやると、転職先がしっくりこないという最悪なケースになってしまう可能性が高いので注意しましょう。

その後、道は三つに分かれています。

再転職し、今度こそ合う会社を見つける道。
再就職したが、今度もダメで辞め癖が付く道。
我慢して働き続け、元気が失われる道。

自信を喪失してしまう

社会人1年目で会社をすぐに辞めた人の中には、自信喪失する人もたくさんいます。無職生活を続けた末に自信を無くす人もいれば、再就職先が合わないことにより自信を無くす人もいるし、新卒入社した会社がダメだったということから自信を無くす人もいる。

「俺はもう、まともに働くことなんてできない」
「僕みたいな人間は、社会に出ないほうがいいんだ、もう嫌だ」

仕事が原因で自信を失うと、働きに出ること自体が嫌だと感じてしまうようになります。結果、無職になるわけです。無職をしているという人の話を聞くとわかりますが、退職がきっかけの挫折で無職になる人はめちゃくちゃ多いんですよ。

最初から無職という人は、少ないです。

自信を取り戻すには、自分に合う会社に転職して働くしかありません。

一度自信を喪失した人にとっては、それはとんでもなく高いハードルですけどね。だから、自信喪失する前に対策を打っておく必要があります。

備えあれば憂いなし。

備えましょう、今すぐに。

早めに転職活動を始めよう

入社1年目、もう既に会社を辞めた人も、これから辞めたいと思っている人も、今すぐに転職活動を始めましょう。僕が紹介した「最悪のパターン」に自分が陥らないようにするための備えというのは、つまるところそれしかありません。

とりあえず、今この記事を読みながらできる行動は転職エージェントに登録することだと思います。

「新卒入社1年目で辞めた人間に転職なんてできるのだろうか」「無職期間あるけど大丈夫だろうか」

そういう不安を、転職エージェントを使うことで払拭しましょう。キャリアコンサルタントに相談したり、サポートを受けたり、あなたに合う会社の求人を紹介してもらうことによって自身喪失の危機も回避しよう。

転職を繰り返さないためにも、ね。

転職は運の要素が絡むが、転職エージェントを使えば転職のプロがあなたの性格や状態・スキルに合った会社を勧めてくれるから、運の要素が極力排除されます。第二新卒を必要としている会社とマッチングしてくれる。再転職の可能性は減るし、辞め癖も付かないでしょう。

これから転職活動を始めて、最悪の未来を回避しよう!