自分が抱えている「仕事を辞めたい気持ち」はただの甘えなのか?

自分は転職するべきなのか? しないほうがいいのか?

そんなあなたの心の迷いを解消するべく、

今回は、転職経験者の筆者が

  • 「甘え」or「甘えじゃない」の判断基準
  • 早めに転職活動を始めることの大切さと転職活動の始め方

などを徹底的に掘り下げていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい!

自分に甘い人は転職を繰り返す可能性大

この記事を書くにあたって、自分に甘い人の特徴を整理しておこうと思い、ネットの情報と自分の意見をまとめていたんですが、そこであることに気づきました。

『自分に甘い人』と『転職に失敗する人』がよく似ているんです。

まず、以下が『自分に甘い人の特徴』です。

  • 自分自身を客観視したり誰かと比較することを無意識に避けている
  • 自分にとって都合が悪いことや信じたくないことはスルーしがち。スルーできない状況のときは、根拠の無いポジティブシンキングで乗り切ろうとする
  • 自己評価が高い。レベルの低さに気づかず「自分はやれてる」と過信している
  • 飽きやすく、1つのことが長く続かない
  • 有言不実行。口先だけで行動が伴わない
  • 言い訳が多く、自己正当化・責任転嫁しようとする。そのために嘘をつくこともある
  • 「今」のことしか見えてないから、楽な道を選んでしまう

そして、以下が『転職に失敗する人の特徴』です。

  • 「仕事が合わない」の決めつけが早い
  • 自分を高く見積もっており、ブライドが高い
  • 仕事内容よりも待遇や条件ばかり重視する
  • 「責任転嫁」と「言い訳」ばかりする
  • 飽きっぽい性格で努力が嫌い
  • 転職の目的が明確じゃない

…この両者、共通点が多くないですか?

これはもう、「自分に甘い人は転職に失敗する可能性が高い」と言っていいんじゃないでしょうか。

つまり、ただの甘えで仕事辞めたいと思っている人は、気軽に転職しないほうがいいですよってことです。

次の章からは、もっと具体的に、仕事を辞めたい気持ちを「甘え」と「甘えじゃない」に分類していきたいと思います。

【あなたは甘えてるだけ】辞めるべきではないケース

  • 特にこれといった不満はなく、ただただやる気が出ない
  • 努力や工夫を全くしないで「できない・苦手」と判断してる
  • 「働きたくない」という気持ちが強い

もうこれは甘え以外の何ものでもありません。

もちろん、実際に辞めるか辞めないかは当人の自由ですが、前章でも語った通り、自分に甘い人は転職に失敗する可能性が高いです。

安易に転職という道を選ばずに、プライベートで何か新しいことを始めてみたり、逆に思いっきり仕事に打ち込んでみたり、あなた自身の考え方や感じ方に刺激を与えるような行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

「辞めたい」という気持ちがスッと無くなるかもしれませんよ。

【あなたは決して甘えてない】転職活動を始めておいたほうが良いケース

  • 今の仕事に向いないと感じている
  • 待遇や人間関係には不満はないけど、仕事内容が嫌いでストレスを感じている
  • 仕事の大変さに比べて給料が低いと感じている
  • 職場の雰囲気や仕事の進め方が自分に合ってないと感じている
  • 職場で人間関係のトラブルを抱えている
  • 今の会社・業種・職種の将来性に不安がある
  • 今の職場に居たら自分は成長できないと感じている
  • 他にやりたい仕事がある

上記の項目に当てはまる人は、今の仕事・会社と自分の間にある負の要素を敏感に感じ取っているため、「辞めたい」という気持ちが生まれたのだと思います。

僕は、その「辞めたい」という感情は、甘えではなく、将来を見据えた建設的な行動のきっかけになる感情だと思います。

これらの小さな不満やミスマッチは、どんどん膨れ上がって取り返しのつかないことになる可能性を持っています。

例えば、向いてない仕事を続けたらどうなるでしょうか?

ミスの量が多い、成長スピードが遅い、結果が出せない、勤務時間内に仕事を終わらすことができず残業・休日出勤、上手くいかなくてストレスを感じることが多い etc.

この状況が5年・10年・20年と続いたらどうなるか想像してみて下さい。

「同期との差が完全に開いてしまい、後輩からもお荷物扱い」「順調に昇進・昇給できない」「プライベートを楽しむ時間的余裕と精神的余裕がなくなる」「ストレスが限界を迎えてうつ病を発症」

こうなってしまう可能性も十分にあるんです。

そう考えると、今から転職活動を始めておくことは、とても建設的で賢明な行動です。

「辞めたい理由」がそのまま転職活動の指針になります。新しい職場を探し始めましょう。

【甘えかどうかなんて言ってる場合じゃない】すぐに転職活動を始めたほうが良いケース

  • 身体や精神に不調が現れている
  • ブラック企業で働いている

上記の項目に当てはまる人は、今すぐに転職活動を始めるべきです。

身体疾患や精神疾患を患い、症状が一定のレベルを超えてしまうと、転職活動を始めることすら不可能になります。

話を1つ紹介させて下さい。

———-
僕の知人に、「軽度のうつ病」と診断された人がいました。

彼は、始めのうちは弱めの抗うつ薬を飲みながら仕事をしていましたが、そのうちに強い薬しか効かなくなっていきました。

最終的には薬の副作用や離脱症状(副作用がひどいと投薬を中止することがある)を繰り返し、仕事に支障がでるようになってしまい、休職。そして、休職中にそのまま退職しました。

3年間ほど療養したのち、今は新しい仕事に就いています。今でも薬は飲み続けているそうですが、仕事に支障が出ることはないそうです。
———-

この話と同じようなことが、あなたの身にも起こるかもしれません。

数カ月後には転職活動を始めることができない状態まで追い込まれているかもしれない。休職が必要なほど悪化してしまい、人生の数年間、もしくは一生を棒に振るかもしれない。

あのとき行動を起こしていれば… と後悔しないためにも、すぐに転職活動を始めて下さい!

※身体や精神に不調が現れている人は、念のため、転職活動を始める前に病院を受診しておくことをおすすめします。

転職活動を始めることに不安がある人へ

転職に対して不安になりすぎる必要はありません。

ひとつの会社に尽くし続ける時代なんてとっくに終わっていて、今は、多くの人が仕事を辞めた経験があって、転職を経験している時代になっています。

転職に対して前向きになれないというのは、現状を変えることへの不安からくる逃げの言葉です。

思い切って転職活動を始めてみれば世界が変わります。

僕はそうでした。

勇気を持って、ガチガチに固まった現状という扉を開けてみてください。嫌な現状を維持する必要はありません。それを捨てて、自分にとって良い未来を選ぶことが大切です。

だから、甘えではなく、正当な理由をもって今の仕事・会社を辞めたいと思ったのなら、すぐにでも転職活動を始めたほうが良いです。

実際に転職するかどうかは、この際一度置いておきましょう。転職するかどうかなんてまだわからないし、転職する気が今は無いにしても転職活動を始めることはマイナスにはなりません。

転職したらプラスになる、転職しなかったとしても転職活動を一度経験したという経験値が残ってプラスになるんです。

また、転職活動を始めたら「転職する決意が固まる」ことがあります。昔、「勉強したくない」と思っても勉強し始めてみると「案外やる気が出てきた」という経験がありませんでしたか?

転職もそれと同じです。

だから、どんな形でもいいからすぐに転職活動を始めておきましょう!

「辞めたい」と思ったら、兎にも角にも転職エージェントに登録

転職活動でまずやるべきことは、『転職エージェント』に登録することです。

転職エージェントは登録無料だし、今すぐ転職する・しないに関わらず登録することが出来ます。「とりあえず少しでもやっておくか」という気持ちの人には、ぴったりなんですよね。

まず、転職エージェントを利用することによって、自分に合っていそうな求人を簡単に集めることができます。

公式サイトで求人の絞り込み検索してもいいですし、希望の地域や年収や働き方にマッチした新着求人メールチェックするだけでもかなり多くの求人を見ることができます。

この『求人を見る』という行動が実はとても大切。

自分のいる職場よりも良いところがあるということを実感したり、今自分が置かれている環境を客観視することができます。

「ただ辞めたいと思っている状況」から抜け出せるきっかけになるんです。

さらに、転職エージェントに登録しておけば、好きなときにキャリアアドバイザーに相談をすることができます。

「次にどんな職場を選べばいいかわからない」「○○が原因で辞めたいんだけど…」「他の職種に転職できるのか」などなど、転職活動に関してわからないことをことごとく質問できるわけですよ。

とりとめもないような相談も、簡単な相談も、今更聞けないようなことも、全部聞いてくれます。そして、彼らの経験から適切なアドバイスをしてくれる。

実際、転職するとなったときには面接日時の調整もしてくれますし、選考書類の書き方のアドバイスや添削もしてくれて、面接アドバイスもしてくれます。

僕は実際にいくつかの転職エージェントを使いましたが、その中で特に自信を持ってお薦めするのがリクルートエージェントです。

↓こちらのページでも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

脱社畜に成功した僕が自信を持っておすすめする転職エージェントを3つ紹介しています。
今すぐ行動することの大切さとか、早めに転職エージェントを使い始めるメリットとか