仕事のために心の病にかかる人が年々増えているようです。うつ病なんかがその典型ですよね。

うつ病は本当に辛い病気なのですが、近年は何でも「なんとか病」と付けたがるなあと思ってるんですよ。

そして、最近耳にしたのがコレ。

仕事辞めたい病。

仕事を辞めたいと常に思っているが、仕事を辞められない。辞める決断ができない。辞めたいという想いばかりが膨らみ続け、精神的にも身体的にも辛いという状況が、仕事辞めたい病。

「うつ病は甘え」という人は、流石に酷いなあと思いますよ。精神病というものを理解していない、馬鹿な人だなって。

僕は、「仕事辞めたい病」を抱えるのはある意味で甘えだと思っています。

この記事では、元社畜の僕がなぜそう思うのか、そして、その状況からどうやって抜け出せばいいかを書いてみようと思います。

「仕事辞めたい病を抱えるのは甘え」の真意

「仕事辞めたい病を抱えるのは甘えだ!」

そのように僕が一見厳しいようなことを言うのには理由があります。

仕事辞めたい病を抱えている人は、「仕事を辞めたい今の状況は解決できる可能性がある」というポジティブな発想が影を潜め、辛さや不安ばかりが拡大されてフットワークが極端に重くなっています。

その状況が続けば、自分の身体や精神が取り返しのつかないところまで悪化してしまうかもしれないのに、根本的な解決に向けた行動を起こさずにいる状態。

それは、夏休みの宿題を最後の日まで手をつけないのと同じようなもんです。然るべきときに自分を奮い立たせなかった甘さが後悔を生むんです。

みんなそれぞれ事情や考え方があって行動に移すのが難しいのかもしれない。でも、とにかく自分のことを大切にしてほしい!そのためにも一念発起して何か行動を起こしてほしい!

そんな思いも込めて、僕は「仕事辞めたい病を抱えるのは甘えだ」と言わせてもらいます。

「仕事辞めたい病」の治し方

仕事やめたい病をどうやって治せばいいかということを調べると、「羽を伸ばして遊ぼう」「仕事に遊び心を足してみよう」ということばかり出てきます。

これはまだわからないではないですが、酷いものだと「とりあえず仕事をがんばろう」「職場に目標となる人を見つけよう」「できない仕事は他人に回そう」というアドバイスがあるんですよね。

仕事辞めたくて辛い思いをしてるのに、なんでその仕事を頑張らなければならんのだと言いたい。

それが出来ないから悩んでるのに…。

結局、仕事辞めたい病の治し方なんてひとつしかないと思うんですよ。

仕事を辞める。これに尽きる。

「仕事を今月辞めるつもりで頑張る」とかではダメ。

結局、それは精神論でしかなくて最初はいいですが、実施してから二ヶ月目には通用しなくなります。

だって結果辞めないんだから。今月辞めるから頑張れるっていうのは、本当に辞めると決まってるというのが前提条件なんですよ。

心が疲れている原因を取り除くには、その原因になっている仕事を辞めるしかありません。

仕事は辞められる。辞めても大丈夫。

その「仕事を辞めたい」という想いは一時的なものではないはずです。

もう何度も何度も考えて、何日も何ヶ月も前から温めてきた考えのはず。

仕事辞めたい病に当てはまる状態なら、もう仕事の辞め時が来ているってことです。

「自分は仕事辞めたい病だ」と感じているくらいだから、「仕事は辞められない」と考えている人が多いでしょう。

違います。

仕事は辞められます。

ひとつの会社に尽くし続ける時代なんて、とっくに終わってるんです。

多くの人が仕事を辞めた経験があって、転職を経験している時代になっています。

生活のために仕事を辞められないというのは、現状を変えることへの不安からくる逃げの言葉です。

思い切って仕事を辞めて、転職をしてみれば世界が変わります。

僕はそうでした。

また仕事に情熱を持って取り組むことだってできるんです。

勇気を持って、ガチガチに固まった現状という扉を開けてみてください。嫌な現状を維持する必要はありません。それを捨てて、自分にとって良い未来を選ぶことが大切です。

甘えるな、そして逃げるな。

自分の人生は、自分にしか決められない。仕事辞めたい病という状況で完結してしまっては、何も解決しません。

どんな形でもいい!すぐに転職活動を始めておいたほうがいい

逃げていては何も始まらない、仕事は辞められる。

だから、仕事を辞めたいと思ったのなら、すぐにでも転職活動を始めておいた方が良いです。

実際に転職するかどうかは、この際一度置いておきましょう。転職するかどうかなんてまだわからないし、転職する気が今は無いにしても転職活動を始めることはマイナスにはなりません。

転職したらプラスになる、転職しなかったとしても転職活動を一度経験したという経験値が残ってプラスになるんです。

仕事を辞めるとき、転職活動をしておらず無手の状態より、既にある程度活動済みの方が良いでしょう?

武器や盾が無いと戦えないから、戦いの準備だと思ってレッツ転活!です。

また、転職活動を始めたら「転職する決意が固まる」ことがあります。昔、「勉強したくない」と思っても勉強し始めてみると「案外やる気が出てきた」という経験がありませんでしたか?

転職もそれと同じです。

だから、どんな形でもいいからすぐに転職活動を始めておきましょう!

「辞めたい」と思ったら、兎にも角にも転職エージェントに登録

転職活動でまずやるべきことは、『転職エージェント』に登録することです。

転職エージェントは登録無料だし、今すぐ転職する・しないに関わらず登録することが出来ます。「とりあえず少しでもやっておくか」という気持ちの人には、ぴったりなんですよね。

まず、転職エージェントを利用することによって、自分に合っていそうな求人を簡単に集めることができます。

公式サイトで求人の絞り込み検索してもいいですし、希望の地域や年収や働き方にマッチした新着求人メールチェックするだけでもかなり多くの求人を見ることができます。

この『求人を見る』という行動が実はとても大切。

自分のいる職場よりも良いところがあるということを実感したり、今自分が置かれている環境を客観視することができます。

「ただ辞めたいと思っている状況」から抜け出せるきっかけになるんです。

さらに、転職エージェントに登録しておけば、好きなときにキャリアアドバイザーに相談をすることができます。

「次にどんな職場を選べばいいかわからない」「○○が原因で辞めたいんだけど…」「他の職種に転職できるのか」などなど、転職活動に関してわからないことをことごとく質問できるわけですよ。

とりとめもないような相談も、簡単な相談も、今更聞けないようなことも、全部聞いてくれます。そして、彼らの経験から適切なアドバイスをしてくれる。

心強いですよねえ。

実際、転職するとなったときには面接日時の調整もしてくれます。選考書類の書き方のアドバイスや添削もしてくれて、面接アドバイスもしてくれて…トータルサポートをしてくれるんです。

だから、とりあえず転職エージェントに登録するなどして、軽く転職活動を始めてみましょう。

じゃないと、何も変わらない!