「自分は営業に向いてない… もう辞めたい…」

何事もそうですが「向いてない」と気づいたら、途端にやる気がなくなりますよね。習い事やスポーツなんかも「向いてないわ」と思った途端、もうどうでもよくなってしまいます。

だって、向いてないんだからこのまま続けてもしょうがないと思うから。

だけど、実際に辞めるかどうかは躊躇ってしまいますよね。果たして「向いていない」というだけで、辞めてもいいものなのだろうかと考えると、決断が鈍るでしょう。

そんなあなたに、現役営業マンである僕からこう言いたい。

「向いてないなら辞めていいんです」

むしろ、ほとんどの場合、辞めたほうがいいんです。

この記事では、営業に向いてない人の特徴と、営業に向いてない人に(逆に)向いてる職業を紹介しています。

ぜひ参考にしてみて下さい!

営業に向いてない人の23個の特徴

こういう人は営業に向いてない! 向いてないから営業を辞めたいという人が当てはまるだろう、営業に向いてない人の特徴を23個紹介したいと思います! 流石に多いので、〇〇編と三部に分けて見ていきましょう。

人付き合い編

  • 人見知り・コミュ障
  • 嘘がすぐバレる・嘘がつけない性格
  • 空気を読むのが下手
  • 表面的にしか言葉を受け取らない

言うまでもないかもしれませんが、人見知りの人やコミュ障の人は営業には向いていません。営業職は仕事柄、大勢の人に会います。新規営業なら毎日毎日大勢の「はじめましての人」と出会うわけですよね。

はじめましての人に対し、物やサービスを売るというのは絶対人見知りやコミュ障にはできないことです。

ただし、仕事になると話は別というタイプの人なら、人より疲れるだろうけど向いてないとまでは言い切れないかもしれませんね。

嘘をついたら、すぐに「それ嘘だろー」と言われるタイプの人、営業に向いてない。営業職の多くは嘘をつきます。自分自身がオススメできないものも普通にオススメするし、ノルマをこなすには自分と客に嘘をついてまでそういうことをしないといけないんです。

嘘がつけない人は客からは信頼されるものの、ノルマ達成できずストレスが溜まりやすいのではないでしょうか。

空気を読むのも、営業の大事な対人スキルですよね。

また、人の言葉というのには裏表と行間というものがあります。ビジネスの世界だと特に裏表は激しいわけですが、営業の世界は行間も凄く大事です。言葉の裏と行間に、その客が求めているものが隠されていることがありますから。

言葉を表面だけじゃなく、さまざまな角度から考察する力が大事なんだと思います。

仕事や人生への取り組み方・考え方編

  • 競争意欲が低い
  • 出世欲がない
  • チャレンジ・ギャンブルをしない
  • あまり自分を責めることがない
  • 物事の因果関係に全く興味がない
  • 役割意識が低い
  • 消極的
  • 物事を自分主体で考えたい
  • イエスマンすぎる

営業の世界は競争の世界、競争意欲が低い人や出世欲がない人にはしんどいことが多いです。特に新規顧客をどんどん獲得してなんぼという業界においては、血で血を洗うドロドロの戦いが繰り広げられることがあります。

僕は競争意欲が低いタイプなのでガツガツした雰囲気はダメだから、今は比較的まったりなメーカー営業です。

ギャンブルをしないというのは、パチンコ競馬などの賭け事をしないという意味ではありません。普段からギャンブル性の高い行動をしない傾向にあるというか、リスクとメリットを考えると動けなくなるタイプの人のことです。

営業はリスクよりメリットを取らないといけませんから。

また、契約が取れないときに「どうしてダメなんだろう」と考えるじゃないですか。そこで「自分に原因がある」という可能性を模索しない人は、営業に不向きです。

どんなにダメな商品だとしても、結果を残す営業マンはいます。営業マンが契約取れないのは、常に自分に原因があるんです。契約取れないなら、自分に原因を探して改善するしかない。

それが出来ない人には営業は続かないし、成長できません。

物事の因果関係に興味がないというのも、よくないですよね。物やサービスを売るという行為には、必ず因果関係があります。「こういう需要があるから、こういう商品を売る」というだけじゃなくて、「こういう背景があるから需要が生まれた」という因果関係もあるわけです。

因果関係を深く掘り下げていくことにより、営業のアプローチ方法が見えてくることがあります。

僕は以前ブラックIT企業で営業をしていましたが、そのときに先輩が言っていました。「IT営業の仕事は、クライアントが困っていることを深堀りして客も気づいてないニーズを掘り起こし、解決に導くこと」だって。

因果関係をあらうことが、営業の仕事。

営業は客を主体として物事を考える仕事です。物事を自分主体で考えたい人にとっては、苦痛に感じることが多々あります。休日が客の都合でつぶれることもあるし、予定が変わることなんて日常茶飯事ですから。

最後のイエスマンすぎるというのは、「NO」と言えないような人とも言えますね。客商売とは言っても、安請け合いしてはいけません。

IT企業の営業マンを例にとると、安請け合いする営業は現場から凄く嫌われます。現場の人間に嫌われてしまっては、営業職としての仕事に支障が出ますからねえ。それに、安請け合いしたとしてもコストに利益が見合わなければ上司に怒られるんです。

だから、営業に向いていません。

そのほか性格や行動編

  • 自信がない
  • プライドが高い
  • 完璧主義
  • 何かの計画を立てるのが苦手
  • 視野が狭い
  • ルーズ
  • 打たれ弱い
  • なんでもかんでも欲が弱い
  • 本を読まない
  • ワクワクすることがない

自信が無さそうな営業マンとは、誰も契約したくありません。

客が頼るべき営業マンが頼り無さそうなんだから、当たり前ですよね。自信ありありで語ってくれる人のほうが、信頼感があります。あと、自信ある人のほうが商品を魅力的に語れるんです。

ただ、自信があるのは良いけどプライドが高いのはいただけません。

営業は頭を下げて、利益を上げるのが仕事だから。

完璧主義な人はひとつの仕事に突き詰めすぎるし、予定変更などでパニックになる傾向があるため営業には向いてないと思います。人と人とのことに、完璧なんてないんだから。

ルーズな人はそれはそれでダメですけどね。約束に遅れる人とか、整理整頓が苦手な人とか…。

打たれ弱い人は営業職あるあるなクレームや、飛び込み営業などによる自己否定などに耐えられなくなるため、営業には向いていません。

あと、本は読んだ方が良いですよ。本を読むということは情報を仕入れるということです。営業の武器は情報ですからね。本を読まないし、読みたくないという人は武器を得る機会をひとつ失うということだから営業に向いていないんだ。

ワクワクも地味に大事。

何かにワクワクしている人は、周囲から見て明るく前向きで堂々としているように見えます。私生活でも仕事でも新しい人に会うことでも、とにかくワクワクしている人のほうが営業職として強いというのが僕の持論です。

以上が営業に向いてない人の特徴! これらに多く当てはまるのなら、営業から転職したほうが良いのではないでしょうか。

「営業に向いてない」という事実は、覆らない

自分は営業に向いてないということを存分に自覚したところで、営業に向いてないという状態は努力で何とかなるものなのかを考えてみたいと思います。

結論:努力では覆らないよ。

営業に向いてないのは、性格の問題です。人見知り・コミュ障という性格、嘘がつけない性格、プライドが高い性格、自信が持てない性格…。

努力次第では、それを上辺だけ自信満々な性格にして、人付き合いが得意な性格であるかのようにすることはできます。

ただ、根元は変えられません。

根元の性格が変わらないから、自分を偽っている状態に苦しさや辛さを感じるはずです。

それは「向いていないのが辛い」という状況と、あまり変わりません。それで成績が上がっても、無理をしていることに違いはないんだから。

だから、「向いてない性格」は覆らないし、無理して変えようとしなくていいんです。

それより、自分が向いていると思う仕事をするほうが心の健康も保てて、仕事の成果も上がるでしょう。

自分は営業に向いていないし、営業を辞めたいと思っているのであれば、積極的に転職を始めてみましょう。

転職先の考察1 自分に向いている営業タイプや業界を選ぶ

営業に向いてない問題って、意外と難しいことだと思うんです。営業職と一言で僕らは済ませてしまうけど、営業職にも色々ありますよね。たとえば、「BtoB」「BtoC」という違いがあります。

他にも「ルート営業」「新規営業」という種類の違いがあるでしょう。

さらには、飛び込み営業・インサイト営業・反響営業・受付営業・技術営業・内勤営業という手法などの違いもあるんですよね。

営業に向いてないと一言で済ませてしまうのは、もったいないような気がします。

転職することを考えるのなら、営業の業界・タイプを変えるだけでも向いている仕事になる可能性があるということも考えて欲しいんです。

たとえば、僕はIT営業がダメだったけどメーカー営業は楽しくやりがい持ってやれています。もちろん、前の会社がブラックだったという理由もあるけど、恐らく楽しめなかったのはそれだけではないと思うんです。

営業のタイプや業界の向き不向きが、あったんでしょう。

僕が思うに、「ガンガン稼ぎたい」「活躍したい」という考えが弱い人には、メーカーの法人営業が向いていると思います。メーカーの営業というのは安定したルートに安定して商品を乗せるための、バックアップです。

ガンガン自分が前に出て活躍するというよりも、顧客との繋がりを保つために働きます。

僕は取引先と長く付き合えるから、この仕事が結構好きです。

新規営業に向いてない人は、ルート営業に向いている可能性があります。

逆にルート営業に向いてないなら、新規営業に向いている可能性があると言えるでしょう。

どちらにも不向きだったとしても、他のタイプを考えれば良いんです。

反響営業は相手の問い合わせがあったときに営業を行う消極的な営業方法で、積極的に動きたいタイプじゃない人に向いていると思います。飛び込み営業とか外回りとかが苦に感じるなら、オススメです。

受付営業は、受付に座り顧客からの問い合わせに対応する営業手法。取りこぼしてはいけないというプレッシャーはあるものの、比較的落ち着いて仕事ができます。

技術営業は専門技術に理解している人が、その技術を必要としている人に問題解決のための技術提供の提案をする仕事です。技術の知識が豊富な人や、技術屋が向いているという人には合うかもしれません。

内勤営業はいわゆるカウンターセールスで、店舗のカウンターに座り来客に対して営業を行う手法です。受付営業と同じようなものと考えてOK。

以上の営業タイプと、その向き不向きの例を挙げるとこうなります。

  • 人見知りするなら、法人ルート営業
  • 打たれ弱いなら、受付営業・法人ルート営業・反響営業
  • チャレンジばかりの刺激的な日々が辛いなら、内勤営業(カウンターセールス)
  • フットワークが重いなら、受付営業・反響営業・内勤営業
  • 企業間やり取りにプレッシャーを感じるなら、個人営業関係
  • 技術職肌の人には、技術営業

自分に向いている可能性がある営業職のタイプ、案外あるんですよね。

注意して欲しいのは、業界によって営業タイプにはある程度の傾向があるということです。

たとえば、IT営業は法人を相手にとり、インサイト営業や技術営業を行います。保険会社は反響営業・個人新規営業・法人新規営業・内勤営業が多いです。メーカーは、法人ルート営業と法人新規営業が基本となります。

まずは「興味がある業界」で選んでみてはいかがでしょうか?

これまで長々と語ってきた「営業タイプ」は、その次です。

営業に向いていない人が営業を続けるには、業界自体に興味を持つことが大事だと思います。ITに興味がない人がIT技術を理解して営業をするなんて、難しすぎますよね。興味が無ければ調べる気が起きないだろうし、物覚えも悪くなるでしょう。

向いてない原因が、興味の無さにある可能性も考えられます。

まずは、興味がある業界を複数ピックアップしてみてください。

その業界の営業タイプを調べ、自分に合っているかを考えてみましょう。自分に合う業界・営業タイプの求人がたくさんあるのなら、営業職自体を辞めなくても済むと思います。

転職先の考察2 営業に向いていない人に(逆に)向いている仕事を選ぶ

営業に向いていない人の特徴をあれこれ紹介し、色々な営業のタイプも紹介しました。だけど、営業とは違う仕事がしたい人も多いはずです。

営業自体を辞めたい人に、営業に向いていない人が逆に向いている仕事をいくつか紹介します。

事務職

営業から転職するときの転職先としては、定番中の定番ですねえ。そもそも新卒のときに営業じゃなくて事務がやりたかったという人も、多いはずです。僕の友人も新卒時に某自動車メーカーに事務志望で入社したら、案の定営業に回されましたよ。

事務職は、営業職と反対の特徴が多いんですよねえ。

データを扱うことが多いため完璧主義な人のほうがいいし、扱うソフト自体は簡単だから自信がないひとも安心。競争は存在しないし、消極的だとしても仕事をこなしていれば問題はないしイエスマンのほうが都合がいいですから。

性格的・仕事や人生への取り組み方的に営業に向いていない人には、事務が向いているわけです。

事務は営業より給料が低くなることがありますが、年次昇給で安定してじわじわ上がっていきます。そもそもの給料も平均と比べて低すぎるわけではないため、安定を考える人にはぴったりでしょう。

経理

完璧主義な人に向いていると言えば、経理ですね。ただ、営業に向いていない理由が「ルーズ」「計画を立てるのが苦手」だという人には向いていません。向いていない理由に完璧主義という項目が入っている人には、オススメできます。

経理の仕事には簿記の知識が必要ですが、簿記の検定資格は絶対必要なわけではありません。

最近は誰でも使えるソフトウェアで経理を行う会社も多くなってきているため、入社後働きながら勉強していけば問題ないとする会社もたくさんあります。

そういう会社を選べば、営業から転職することが可能ですよ。

消費者金融の仕事

消費者金融の仕事というと、営業活動を含みそうですが、実際はあまり含みません。

消費者金融がどのようにして顧客を得ているかというと、「反響営業」です。営業職として人を雇ってガンガンあちこちに行くことはせず、客からの問い合わせに対応することで顧客を得ています。

仕事内容は、掃除・WEBページ更新・金庫と現金の精査・電話対応・審査の対応・契約対応など事務的です。

会社によりますが、店舗にて受付による審査と契約を行うこともあります。大手は無人店舗が多いため、営業ぽい仕事はかなり少ないです。

企画やマーケティング

企画やマーケティングは、営業の経験を活かせる仕事としてお馴染みです。

商品・サービスを企画するときに、情報収集・調査・分析が必要になります。顧客の需要を掴むことと業界知識が必要になるため、業界の営業出身者は向いているんです。営業職よりは自分のペースで仕事をすることができるのが魅力的。

人付き合いはありますが営業ほどではなく、人付き合い的に営業に向いていない人にはぴったりだと思います。

ただし、「視野が狭い」「ワクワクすることがない」「物事の因果関係に興味がない」に当てはまる人には不向きです。

事務系の地方公務員

営業に向いていない人の特徴を見ていると、「安定を好む人」が多いように感じられます。競争意識が低くギャンブル性の高いことをせず、イエスマン…。血なまぐさい努力をして高い地位に行こうとするよりも、のんびり過ごしていたいタイプの人が多いですよね。

そういう人には、事務系の公務員が向いています。

ただ、向いているからとすぐになれるわけではないのが難しいところですけどね。他に魅力を感じる仕事を見つけることができないなら、一度試験を受けてみるのも良いと思います。

工場勤務

顧客と関わることがほとんどなく、競争もなく与えられた仕事をコツコツとこなすのが工場の仕事です。工場の中でも作業員ではないオフィスワークの場合も、事務や購買など似た傾向のある仕事が多くなっています。

工場勤務と言ってもポジションはいろいろあるし、職種も幅広いです。

ライン作業・溶接作業・機械オペレーター・品質管理・購買・事務などなど、自分に合った仕事を探すことができます。

どんな人に向いているかは似た傾向があるものの、仕事内容が変わりますからね。逆に言えば、工場の仕事に向いているだろう人はポジションをある程度好みで選んでも問題ないということになります。

ただし、品質管理には工場勤務経験が必要とされる求人も多数あるので、注意しましょう。

トラックドライバー

あまり人と関わることなく、コツコツ目の前の仕事をこなすトラックドライバー。仕事の量はとにかく多いものの、営業職に向いてない人の特徴のほとんどに当てはまる人にもオススメできる仕事と言えます。

それでいて営業職の経験も、一応活かせる仕事なんです。

トラックドライバーは荷物を運ぶだけが仕事ではなく、そのついでに営業活動をすることがあります。新サービスの案内や契約更新の交渉などなど、ドライバーは客先に出向く仕事ですからね。

営業活動の機会はそれほど多くはないため、営業に向いていない人でもこなせるでしょう。

ビルメンテナンス

ビルの設備をメンテナンスするなどして管理するのが、ビルメンテナンスの仕事です。営業と比べると細々とした仕事が多く、仕事の幅も広いため、コツコツとひとつひとつ仕事を片付けていくイメージですね。

一人で作業をすることがほとんどです。

電気設備を弄ることもありますが、ビルメンテナンスの仕事に電気関係の資格は必須ではありません。もちろんあれば電気関係の仕事も可能になるため重宝されるんですが、働きながら勉強する人が多いようです。

時間的融通もききやすいため、資格を取ってない人は、仕事の休憩中や待機中などに勉強します。