旅行好きにとっては憧れとも言えるような、旅行会社の仕事。ただ、生粋の旅行好きが旅行会社に転職をすると後悔したという話をよく耳にします。実際はとても激務で、旅行に行く暇などなく給料も少ないから旅行資金も貯まらない…。

「好きなことは仕事にするな」と言いますが、旅行会社はその典型のような気がします。

旅行関係の知識なんかも邪魔になることがあるようですし、旅行好きは旅行会社に勤めないほうが良さそうですね。旅行会社の営業を辞めたいという人の中には、そういった「旅行好き」も多いのではないでしょうか。

旅行が好きかそうでないかに関わらず、旅行会社の営業を辞めたいという人は今後どうすべきなのか、僕個人の意見も含め考えてみました。

サービス残業、休日の実態

様々な旅行会社をネットで調べ分析していたところ、どうも旅行会社は全体的にサービス残業が多いようですね。

タイムカードなんてあっても存在しないのと同じで、実働時間とタイムカード上の勤務時間には大きな大きなずれがあります。

定時の勤務時間内には、鬼のようにかかってくる電話に鬼の形相で対応しなければなりません。

実際にお客さんに旅行の案内をするなど接客業務もありますし、旅行の手配などもあります。非常にマルチタスク的な仕事で、とてもとても忙しいわけです。

ただ、事務系の仕事もありますよね。

「そこまで手が回らない!!」

だから、事務系の仕事など後に回しても問題ないようなものは後に回すことになります。定時が終わってからしか手をつけることができないような状態なので、当然残業することになるんです。残業が当たり前という業界体質なのは、これが原因でしょう。

ただ! 残業があることよりも!

サビ残が問題です。大手以外、残業代をフルで支払うところはほとんどありませんでした。

また、旅行代理店に関してはシフト制を採用しているところが多く、休日は不定期になりがちです。土日祝日に休める場合もありますが、土日祝日に休めないことの方が多いでしょう。特に世間一般の長期休暇中なんて、旅行会社としては稼ぎ時ですから、なかなか休みを取ることができません。

世間一般の休み=繁忙期となるのは辛いところですね。

教育体制が不十分

これも僕が各社をネットで調べて分析した結果ですが、教育体制がイマイチ不十分な気がします。最低限仕事をするのに必要な部分だけ教えてもらって、後は放り投げられるというようなこともあるようですね。

人材が少し不足しているのか、それとも自ら考え行動し学ぶという企業慣習のところが多いのかは定かではありませんが、十中八九そのいずれかでしょう。

新人が仕事を思うように覚えることができず、辞めてしまうことも多いです。

アプローチする対象が多すぎる

旅行会社は教育体制が不十分なところが多いと語りましたが、それに比べて営業活動の際アプローチする対象が多すぎるような気がします。

小・中・高等学校、大学や専門学校などの教育機関。商工会や青年会議所といった地域団体や行政関係にもアプローチをしなければならない。

その他、町内会やバス会社などなど…。

旅行関係の仕事を取り付けるために、色々なところに出向くことになります。

色々な方向からアプローチできる、考えれば考えるだけ顧客がいると考えればそれもメリットと言えるでしょう。

ただ、そういう「あっち行って、こっち行って」というのが苦手な人には厳しいですよね。ある程度顧客が絞られるほうが楽という人には、旅行会社は向いていません。

旅行会社の営業を辞めるべき人

  • 旅行が好きな人
  • シングルタスクな人
  • プライベートを充実させたい人

まず、「シングルタスクな人」から説明します。

旅行会社の営業は事務的な仕事の他、外回り営業や電話対応など多くの仕事をしていますよね。

同時に複数の仕事が突きつけられることもあり、常に何か別のことを考えながら仕事をしなければなりません。その時点で、シングルタスクな人には向いてないと言えるでしょう。

その上、営業活動をかける先も多岐に渡る。頭がこんがらがりますよね。

シングルタスクな人は、さまざまな意味で旅行会社の営業に向いてないから辞めるべきです。

また、旅行が好きな人やプライベートを充実させたい人も旅行会社には合いません。旅行が好きなのに旅行に行けないし、給料が少なくて世間一般の休みに休めないことが多いからプライベートの充実も何もあったものではないからです。

以上三つに当てはまる人は、転職活動を検討してみても良いのではないでしょうか。

転職成功のためのアドバイス

大前提として「旅行関係」から離れたほうがいいです。

趣味を仕事にすること自体が悪いとは言いませんが、旅行という趣味は仕事に結びつけにくいのだと思います。

仕事が邪魔になって旅行ができない、となっては本末転倒ですよね。また似たような理由で転職しないために、旅行関係の仕事は転職先候補から除外しましょう。

次に考えるべきなのは「営業を続けるかどうか」です。

営業職を続けるなら、出来るだけ顧客ルートが決まっているほうが良いと思います。そこで選択肢に浮かび上がるのが「法人ルート営業」です。

法人ルート営業であれば、業界や商材はあまり問いません。自分が興味ある業界で「法人ルート営業」をキーワードにして求人を探すのが良いでしょう。

営業職からも離れたいということであれば、自分の経験・スキル・年齢から何が出来るかを考えてみてください。

若いなら完全未経験で興味がある職種にチャレンジするのも良いでしょう。30歳を超えているなら、今まで経験した職種や得たスキルから、少しでも結びつく業界や仕事に飛び込んでみるのが堅実的かもしれません。

ただ、僕はあなたに何が合うかなんて知らない。

職務経歴書を作るなどして自分自身の経験とスキルを明らかにし、それを第三者に客観的に判断してもらうと良いでしょう。転職エージェントを利用すれば、経験やスキルなどから転職できそうな仕事を紹介してくれますよ。

旅行が好きな、そこのあなた!

旅行会社から離れて、良い待遇で働きながら、しっかり休日を取って旅行に行きましょう!

やっぱり、旅行は自分がするのが一番ですから。