どこまでも美を求める華やかなイメージのある、美容メーカー。

そのイメージは間違いではないのでしょうが、そこで働く社員は荒波に身を晒しているのが現状です。美容関係のメーカー、特に化粧品会社で買収話をよく聞いた時期がありましたよね。

業界は結構再編が進んでいて、今やどこの会社の社員も危機感が強い。

それだけではなく、この仕事元来の辛さや大変さもあって、辞めたいと思う人は多いはずです。今回はそんな美容メーカーの営業を辞めたいという人に、少しだけアドバイスをしたいと思います。

企業体制に疑問を持つ人は多い

美容関係のメーカーに入って、企業体制や売り方・商品そのものに疑問を持つ人が多いです。

化粧品、高いですよね。彼女や奥さんから「この化粧品買おうと思ってる」と見せられたものが、数千円を軽く超えていたりして驚くこともあるでしょう。安物でも1000円近くするものがありますからね。高いものは1万を超えたりもします。

ただ、原価は数円から数十円程度です。

会社に入ってそれを知ってしまった後、営業として客に勧めることに疑問を持ってしまいませんか? 原価ほぼゼロと言える商品を何千円という高値で売るという、実態のないものを売りつける感覚…詐欺師になった気分だと思う人も多いのではないでしょうか。

営業の感覚からすると、客は広告イメージを買っているわけです。

「夢を買ってるんだ」とも言えるかもしれませんが、一度疑問を持つと、その論調には賛同できなくなります。自分が売る商品自体、そして夢を売るという売り方や企業の考え方に疑問を持てば、仕事を続けていくことは困難でしょう。

大手が強すぎる

美容メーカーは業界再編が進んでいるとはいえ、大手が強いことに変わりはありません。小売店に行くと、並んでいるのはブランド力のある大手の商品ばかりです。ブランド力の乏しいメーカーの商品を見かけることは、なかなかありません。

たまに「おっ?」とあまり見かけないメーカーのものを見ることがありますが、たまにです。

ブランドが確立されている大手の会社は、大して苦労もなく売れます。流通ルートも確立していて、新規顧客よりルート営業のほうが重要なのではないでしょうか。新しい店がどこかにオープンすれば、すぐに商品を置かせてもらえると思います。

ただ、ブランド力に乏しいメーカーは大変ですよね。

新規顧客獲得に必死で、なかなか売り上げが伸びないでしょう。

美用品は「広告イメージや夢を売っている」と語りましたが、この業界は知名度が命です。自分の肌につけるものですから、安全と信頼が一番に大事。その上で「あの広告みたいにキレイになりたい!」「あの商品良さそう」と、付加価値である広告イメージを買っています。

無名ブランドは、「安全かな? 信頼できるかな?」という第一段階から、客に手にとってもらうのが難しいでしょう。

そのため、小売店もなかなか置きたがりません。アポイントをとることすらも難しく、「おたくの商品は扱いませんよ」と門前払いされることもあるのではないでしょうか。

無名ブランドほど激務で、ノルマにあえぐ人は多いですよね。

今の仕事が続く保障はない

最初に述べたように、近年美容関係の会社は再編が進んでいます。2016年には大正製薬が化粧品会社を買収して、「また製薬会社が化粧品作るのか」と思った人も多いでしょう。

美容業界は大手最強でありながら、その下には数百もの中小零細がいます。それらが企業合併や吸収されるのは、時間の問題でしょう。今の仕事を続けたって、今のまま仕事が続く保障はどこにもないんです。

辞めたい気持ちを我慢して働いて、結果異動や切り捨てに遭う可能性だってあります。

それなら、我慢せずに辞めてしまうほうが懸命だと僕は思いますよ。

一番オススメの転職先は?

転職先として一番オススメなのは、他業界のメーカーです。

自動車部品とか食品とか、世の中には美容関係以外のメーカーがたくさんありますよね。そこで営業職として働くのが、一番のオススメ。各業界メーカーにはメーカーの辛い部分があるのは確かですが、メーカー営業は営業職の中でも比較的働きやすいと言われています。

メーカーは土日祝日休みを基本とするカレンダーで動いているところが多く、営業職もそのカレンダーに則って仕事をするんです。そのため、決められた休みでしっかりと休日をとることができます。残業も少ない傾向があるため、全体的にプライベートを重視しやすいです。

給料も営業職全体の中で特に低いことものなく、高いこともなく安定しています。

特に大手だと、決められた販売ルートを回るだけだったりするので比較的楽です。法人ルート営業が基本ですからね。

美容関係の仕事を続けたいなら

営業職を続ける代わりに、美容業界から離れるということを僕は一番オススメしています。

ただ、美容関係の仕事を続けたいという人も多いでしょう。

その場合にオススメなのは、メーカーの営業ではなくて小売店の販売職です。小売店の販売職として美容商品を売る側に回れば、色んなメーカーの商品に触れることができます。自社製品を是が非でも売らないといけないメーカーとは違い、客に合う商品を選んで売るのが販売職の仕事です。

無理をして自分がオススメできない商品を売ったり、詐欺まがいのことをする必要はありません。

お客さんが喜ぶのを目の前で見たり、お客さんが今より綺麗になるためにどうすればいいのかを考えたりするのも楽しいですよ。

その分、給料は少し低くなるかもしれません。販売職は給料が低い傾向があるので、その点は目は注意してください。「それでも美容の仕事がしたい」という熱い思いがあれば、多少給料が低くても続けられるのではないでしょうか。

美容メーカーの営業を辞めたいという人に一番伝えたいことは、そういうことです。

「あなたは、美容の仕事がしたいですか?」

YESな人は販売職などを検討してみて、NOの人は他の営業職を検討してみると良いでしょう。