営業に異動になって辞めたい度MAXの人はどうするべきか?

「君は営業に異動してもらう」

突然の人事命令! 人事には逆らえない… 最初は心機一転頑張ろうと思っていたけど…

「正直、辞めたい!」

このページでは、営業に異動になり辞めたいと思っている人に、現役営業マンであり転職経験者の筆者からのアドバイスをさせていただきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

急に営業に異動されたらモチベーションが下がるのは当たり前

異動で配置が換わり、仕事内容が変わってモチベーションが下がるのは当たり前です。

特に新卒で「営業より事務のほうがいい」と事務職を希望し、事務職を満喫した後で営業に転換…となると、モチベーションは地に落ちます。

これ、案外よくあることなんです。

営業職より事務職が良いという文系卒が多く、営業を募集するより事務を募集したほうが人が集まります。企業は最初事務として少し多めに募集を行い、その後ある程度の人員を営業に回すというのがよくあるんです。

「詐欺だ!」と思うかもしれませんが、新卒採用だと会社は選べても、職種は選べない風潮が根付いているから、仕方がないと割り切るしかありません。

営業職の場合「やりたくなかったのに異動させられた」という人が多いため、モチベーションは当たり前のように天から地へと落ちます。それは当たり前のことで、特別なことではありません。だから「我慢しろ」と言う人が多いですよね。

僕は、その意見には半ば賛成、半ば反対です。

我慢して営業職を続けるべきか

異動で営業に配属されて、今どれくらい経ちましたか?

もし、あなたが異動後三ヶ月未満であれば、あと少し続けてみることで考えが変わることも考えられます。モチベーションが下がるのは当たり前で、今は「やりたくない」と思っていた仕事に配属されたことでテンションが下がっている状態と言えるでしょう。配属後しばらくは、その状態が続きます。

今の「辞めたい気持ち」は異動後の一時的な落ち込みであって、営業の仕事自体が向いていないわけではないかもしれません。

最初は少し辛抱して、営業の仕事に慣れるように努力をしながら、様子を見てみるのがベターだと思います。

先輩に教えを請うなどして、自分なりの仕事術を見つけることができれば、営業の仕事はグンと楽になります。仕事が楽になると楽しむ余裕も生まれ、案外営業も悪くないなと思えるかもしれません。

僕は最初から営業マンでしたが、自分の仕事術を見つける前とその後とでは、モチベーションや働きやすさが段違いでした。

でも、半年くらい経過しても、全く営業を頑張る気になれない人や、営業に向いてないと感じている人や、他にどうしてもやりたい仕事がある人は辞めるべきだと僕は思います。

そのまま働き続けたら「仕事の質が下がる ⇒ 成果が出ない ⇒ 精神的に落ち込む ⇒ 仕事の質が下がる ⇒......」という負のループに陥ってしまう可能性がありますからね。そうなるくらいなら早めに転職してしまったほうが良いと思います。

転職活動は早めに始めておくべき

「もう少し続けてみよう」と思っている人も、「できるだけ早く辞めてやろう」と思っている人も、転職活動はとにかく早めに動き出しておくことをおすすめします。

今、辞めたいと思っているのは異動後でナーバスになっているだけなのか、それとも本当に営業が無理なのか…。

それを判断できるまでは「辞めるつもり」で行動しておくのがベストです。

とはいえ、働きながら自分ひとりの力で転職活動をしても、情報収集に限界があったり効率が悪くなってしまいます。

そこで活用したいのが「転職エージェント」です。僕も転職活動で実際に利用した転職支援サービスです。

転職エージェントを利用することで、自分が働いている間に担当キャリアアドバイザーに求人を探してもらうことが可能です。仕事中にメールが届くから、あなたはそれをチェックするだけでOK。それだけで、いろんな求人が手元に集まってきます。

転職エージェントに登録するだけで「本格的な転職活動にいつでも移行できる態勢」が整いますし、辞めたくなっている仕事を辛抱して続けることの心の支えにもなって、一石二鳥です。

結果的に営業を辞めたくなったら、そのまま転職活動に舵を切ればいい。辞めたい気持ちがなくなったら、転職エージェントにその旨を告げて退会すればいい。

遠慮せず自分本位でフル活用していきましょう!

転職エージェントについては以下の記事で詳しく解説してるので、参考にしてみてください↓

関連記事

-仕事の悩み
-