飲料メーカーの営業は、やることが多くて残業や休日出勤もあり、営業職の中でもハードな部類に入ります。

飲料メーカーの営業を辞めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、飲料メーカーならではの悩みを考察しながら、オススメの転職先候補を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい!

飲料メーカーの営業を辞めたい理由は?業界特有の悩みを考察

販売権がなかなか取れない

飲料メーカーの業務用営業は、販売権がなかなか取れずに苦労しますよね。

店の人があらかじめ「このメーカーがいい」とこだわっていることがあります。「うちはこのメニューに、このメーカーの飲料を合わせたいんだ」と。そこに自社製品を押し通すのは至難の技です。

大抵は、門前払いを食らってしまいます。

なかなか成果が出ずに落ち込んだり、ノルマが達成できず怒られてしまったり、ストレスが溜まりますよね。

店頭販売をさせられて休日出勤が多くなる

スーパーなどに営業をかける量販営業の場合、店舗での店頭販売を命じられることがありますよね。

客と直接かかわることで情報収集を行ったり、客の意見を販売戦略に取り入れたりすることが目的なんでしょう。

だけど、店頭販売をさせられると休日出勤が増えるんですよねえ。スーパーなどは土日のほうが集客率が高いです。より多くの顧客と関わったり集客率が高い日のデータを集めたりするため、休日出勤をさせられてしまいます。

本来の営業活動に専念できないうえに、休日出勤…。

やってられなくなりそうですね。

給料が割に合わない

飲料メーカーの営業は、他業種の営業に比べてやるべきことが多いです。

業務用営業は店舗の情報を事前に集め、メニューと飲料の組み合わせを考えないといけません。新店舗をオープンする店主に対しては、飲食店向けの物件情報や地域のマーケット情報などを提供する必要もありますよね。

そのため、営業の準備が忙しくなりがちです。

量販営業も売り場の提案や売り方の提案など、マーケティングの観点からさまざまなことを考える必要があります。店頭販売もさせられますしね。

飲料メーカーの営業はたくさんの苦労をしています。

給料は「月給25万円程度」と記載している求人が多く、年収は350~400万円程度が相場でしょう。

たくさん苦労しているのに高年収が得られない…。

確かに、割に合わない仕事なのかもしれません。

飲料メーカーの営業から転職!おすすめの転職先候補を6つ紹介

飲料メーカーの営業におすすめの転職先候補を6つ紹介します。これらはあくまでも一例なので、自分に合う仕事を探す際の参考程度にしてみて下さい。

反響営業に転職

反響営業は成約率が高い傾向があります。

反響営業は、広告などで商品やサービスに興味を持った顧客からの問い合わせを待つ営業手法です。対応する顧客の購買意欲が最初から高いため、成約率が高くなるんですよ。

飲料メーカーの営業で成約率の低さに悩んでいる人に、オススメです。

また、反響営業は飛び込みをすることがないため精神的負担も軽くなります。門前払いを食らうたびに気持ちが落ち込む人にとっては、とても仕事がしやすいのではないでしょうか。

反響営業は不動産やリフォーム業者、自動車メーカーなどが多く取り入れています。

飛び込み営業では売れないような高額商品を取り扱っているため、消費者からのアプローチを待つ反響営業という手法を取っているんでしょうね。

飲料メーカーの仕事の悩みを解決しながら営業を続けるなら、不動産・リフォーム業者、自動車メーカーの反響営業に転職すると良いでしょう。

営業企画に転職

営業企画は、自社の商品やサービスを販売するための営業戦略を立てる仕事です。

営業企画には、営業経験が求められます。現場では、さまざまなトラブルが発生しますよね。営業を経験しておかなければ、営業職が抱える具体的な課題を把握しきれず、具体的な営業方針が立てられなくなります。

営業企画に転職すれば、経験を活かしながら、顧客とのかかわりによるストレスやノルマ未達によるストレスなどを解決できますよ。

飲食店長候補に転職

飲料メーカーの業務用営業をしていると、飲食店の経営にも口を出す機会がありますよね。

たとえば、飲食店向けの物件情報を調べて伝えたり、周辺地域の情報を調べて伝えたり…。

そのため、飲食店のマーケティング関係の知識が飲料メーカーの営業には備わっている可能性が高いです。飲食店の店長候補として働いて飲食のノウハウを得れば、重宝される人材になれるのではないでしょうか。

販売職に転職

販売職は飲料メーカーの営業のさまざまな経験や能力を活かせるため、オススメです。

まず、コミュニケーション能力です。営業としてさまざまな顧客と接してきた経験は、販売職で重宝されます。特に量販営業として店頭販売をした経験がある人は、そこもアピールポイントになるでしょう。

続いて、販売戦略を考えて提案してきた経験も活かせます。

販売職はただ客と接していれば良いというわけではありません。どうすれば売れるのか、売り場構成から接客手法まで幅広く分析して、考える必要があります。販売戦略の考え方を理解している飲料メーカー営業は、戦略がうまい販売職として活躍できるでしょう。

事務職に転職

事務職は、飲料メーカーの営業のさまざまな悩みを解消できる可能性がある仕事です。

まず、顧客と付き合うことによって発生するストレスを解消できます。事務職は電話対応とメール対応は行うものの、客と交渉などを行うことはありませんからね。

さらに、事務職に転職すれば残業に関する悩みを解消できます。

事務職の月間平均残業時間は11~12時間程度なんですよ。

参考:doda残業時間ランキング

そして、年収は300~350万円程度が相場です。残業が少ないこと、マイペースに働けることなどを考えると割りに合った給料だと言えるでしょう。

飲料メーカーの営業の悩みを解消したい! 営業以外の仕事がしたい! という人にはオススメですよ。

IT/Webエンジニアに転職

営業職からエンジニアになる人は多いです。

エンジニアには、営業スキルが役立つ場面があるんですよ。たとえば「システムエンジニア(SE)」には、顧客が抱える問題を掘り起こして、それを解決できるシステム設計を提案することが求められます。

顧客の問題を解決するために提案を行うのは、営業が日頃行っていることですよね。

もちろん、エンジニアになるには技術を修得しなければなりません。

ただ、エンジニアの求人には「未経験OK」「イチから育てます」という求人が多数あります。転職する前に技術を完璧に仕上げなくても、技術面の研修をしっかり行ってくれる会社を探せば、転職可能です。

営業スキルがあれば優秀なエンジニアになれる可能性があるため、興味があるならエンジニアへの転職を考えても良いのではないでしょうか。