ガムシャラに頑張れた20代、自問自答を繰り返す30代。

営業の仕事が向いていない、辞めたいと思ったとしても、20代の頃はガムシャラに突っ走ることができたという人は多いです。

営業の仕事は能動的に物やサービスを売る仕事ですから、やる気に満ちていた20代の頃には特に疑問も抱かず努力ができたんだと思います。

ただ、僕が思うに30代は営業の仕事を一番辞めたくなる年代なんじゃないでしょうか。

営業に向いていない人はもちろん、そうでない人でも辞めたくなる何かが潜んでいると思うんです。そんな仕事を辞めたくさせる魔物の潜む30代で、営業の仕事を辞めていく人の離職理由などを紹介しましょう。

30代で「向いていない」と自覚する

営業職を30代で辞める人の中で、特に多いのが「向いていないことを今更自覚した」ということです。

がむしゃらに突き進んでいた20代の頃は気づかずとも、若干落ち着いてきた30代で気づく人はたくさんいます。僕の周りでも、30代の先輩が「俺は向いていないと思う」と言っていました。

ただ、向いていないことを自覚するタイミングが、20代とは違うんです。

20代は「人と付き合うのが苦手」とか「単純に面白くない」とか根本的な理由で、営業の仕事は向いていないと自覚します。

30代になると「人脈を維持することが辛い」「売れないから向いていない」と、20代で向いていないと自覚する理由の先にある壁に躓いているんですよ。

人と話すことは苦でなくとも、これまでの数年間で相手をしてきた客との人脈維持は苦になることがある。

20代はがむしゃらに突き進んで面白かったとしても、30代で売れなくなってきて面白くなくなり、向いていないのではないかと疑問を抱くこともある。

根本的に営業が向いていないというよりも、営業職を続けていくのに限界を感じているということですね。

徒労感

営業の仕事を続けていると、徒労感に襲われることがあります。

20代の頃必死になって築き上げてきた人脈、個人的な顧客ルートは、30代になっても続いていくとは限りません。

人脈維持を必死になって頑張ったとしても、陳腐化してしまうものです。友人関係でもそうなってしまうことがあるんだから、客と営業の関係なんてもっと早くに腐ってしまいます。

人脈形成するのは大変ですが、腐って崩れ去ってしまうのは、一瞬です。

まさに、徒労!

営業の仕事が面白くて、営業の仕事に向いているとしても、徒労感に襲われて虚しくなり、辞めてしまう人もいます。

徒労感を乗り越えると、「営業の仕事以外考えられない」と笑って語れるんでしょう。乗り越えられない場合は、辞めていくんです。

営業の仕事を続けるのって、案外大変ですよねえ。

20代の頃に根本的に向いている・向いていないでハッキリ選別されて、その後続けたとしても、今度は違う観点から向いているかどうかで選別される。二段階に壁が立ちはだかり、その後に徒労感という大きな壁も待っている…。

それら全てを乗り越えてこそ、営業は天職となり得る。

営業は人の出入りが多い仕事ですが、なんだか辞める人が多くて当然な気がしてきました。

転職するなら、選択肢は二つ

辞める理由を考えると、なんだか辞めて当然だと思えてきますが、実際に転職するとなると、取るべき選択肢は次の二つのうちのどれかだと僕は考えます。

異なる営業職に転職する
異業種に転職する

営業職の種類を変えるだけで、問題が解決する人もいるので、全員に異業種転職は勧められません。特に30代は20代の頃よりも異業種転職の難易度が増すので、安易にオススメして良いものではないでしょう。

それじゃあ、種類を変えるだけで問題が解決する人はどんな人なのか。

僕が思うに、「複数の人脈維持が辛い人」です。

複数の人脈を常に形成してそれを維持していかなければならず、陳腐化する人脈がある徒労感にも耐えなければならないのは、主に新規開拓営業の場合ではないでしょうか。新規開拓営業は、常にいろんな顧客を相手にし、根気良く人脈を形成、維持していく仕事ですからね。

その場合、新規開拓からルート営業に変えるだけで、問題が解決できる可能性が高いんです。

ルート営業は決められた顧客ルートを回る仕事。新規開拓よりも相手にする顧客の数が少なく、人脈維持も比較的楽です。そのため、複数の人脈維持が辛いと感じている人は、ルート営業に鞍替えするだけで営業の仕事を続けられることがあります。

異業種転職より、オススメですよ。

ただ、そうでない人は、やっぱり異業種転職するしかないんですけどね…。

30代の異業種転職、その戦略は?

20代はある程度無策でも異業種転職ができますが、30代は無策では正直キツイです。

そこで、二つの戦略を立てる必要があります。

最初に立てるべき戦略は、次は何の仕事をするかどうかです。「この仕事やってみたかったんだよね」という仕事がある人は、苦労する覚悟があれば、その仕事に挑戦するのも良いかもしれません。ただ、そうでない人は「比較的転職しやすい仕事」を探すのが懸命。

営業から転職しやすいのは、こういう仕事。

  • 販売
  • マーケティング・企画
  • 事務職
  • 工場の作業員
  • 警備やビルメンテナンス

営業の仕事と近い販売職は、営業職から特に転職しやすいです。物やサービスを売るという点については一致していますから、当然と言えば当然ですよね。

また、営業マンは常に顧客と関わる仕事のため、営業はユーザー目線の考えを良く知ることになります。その事をしっかりアピールすれば、マーケティングや企画の仕事へも転職しやすいのではないでしょうか。

正直、営業の仕事から関連のあるところで転職しやすい仕事を探すと、上記二つくらいのものです。

事務職以下の仕事は、どんな仕事からでも未経験を受け入れてくれることの多い職種。営業から転職しやすいというより、ただただ転職先に選びやすい仕事なので注意してください。今後のキャリアをしっかり考えるなら、マーケティングや企画が一番オススメです。

ただ、こういった転職しやすい仕事のうちどれを選ぶかは、個人の自由

そこから先は興味関心の惹かれる仕事だったり、自分の希望が一番叶えられそうな仕事だったりを選びましょう。ひとつ目の戦略は、これで大丈夫です。

二つ目の戦略は、自分自身をどうやって売り込むか。

これに関しては希望職種によって売り込み方が変わるため、僕から「こうしたらいい」とは言えません。

ただし、転職エージェントを利用すれば、希望する職種ごとに適切な売り込み方を教えてくれます。それを全部鵜呑みにするのではなく、参考程度にとどめておいて、後は営業で培った「売る方法を模索する力」を使い、自分自身の売り文句を自分で考えましょう。

転職は、営業職としての最後の売り込みの仕事です。

自分自身という商材を、しっかり求人先企業に売り込みましょう。