新人の半分は3年で辞めていくと言いますが、3年目に半分の人材が一気に辞めるわけではありません。

実際には、3年間じわりじわりと辞めていき、3年目で生き残った者が半数なっているということです。生き残った半数が「俺らは生き残った戦士だな」なんて言って笑い合うわけですね。

そこで気になるのが「半年で辞める人っているの?」というところでしょう。

もちろん、います。

世の中には一週間で会社を去る人もいますから、半年で辞める人も案外多いです。半年で辞めるなんて、可愛いものだと思いますよ。少数派ながら、入社日にバックレる人も結構いますから。

以前、僕がブラック企業で営業マンとして働いていたときには、長続きしてる人の方が少ないくらいでした。

半年で辞めたくなって、その気持ちが本物であるなら、辞めてもいいと思います。

半年もあれば、仕事のことはわからなくても、職場のことはわかりますから。

半年で「辞める」決断の前に

半年で営業の仕事を辞めたくなっている人が、一番不安に思うのは「転職の際に不利にならないか」というところですよね。

結論としては「もちろん不利」にはなります。「とりあえず3年続けようよ」と言われている世の中です。人によって「とりあえず2年」だったり「1年」だったりしますが、やはり一年刻みなんですよね。

僕はよく「とりあえず1年」と言っています。3年は長すぎるから。

1年もあれば、その仕事のことが理解できてくる。特に営業職は突き詰めれば深い仕事ですが、仕事内容の全貌を理解するのには時間がかからない浅い仕事とも言えます。だから、僕は1年を目安としているんです。

これでも緩いんですよね、世間一般からすれば。

仕事のことを理解するのには最低一年は必要、出来れば二年・三年と続けたほうがいいと言われている中、半年で辞めるとなれば、当然不利になります。一年以上続けた人と同じ土俵で戦うことは、できません。

だからこそ、半年で「辞める」決断をする前に、色々と考えておくべきです。

少し冷静になろう

入社して数ヶ月は、仕事のことをアレコレと一気に詰め込まれます。

特に営業職は「習うより慣れろ」で、急に営業活動という戦場に送り込まれがちです。もしかしたら、入社して半年間が一番大変な時期なのかもしれません。

そんな時期に「辞めたい」と思うのは、誰にでもあることです。

一度冷静になって、その気持ちが本物かどうかを確かめなければなりません。一過性の「辞めたい気持ち」なら、誰もが持つものですから。それでもなんだかんだ続けていけるのか、もう無理なのかを考えましょう。

そこで、一度しっかり休んでみることをオススメします。

新人の頃は、休みの日にも仕事のことで悩みがちです。休みの日に仕事のことを考えると、気持ちが休まりません。体は休みでも、精神は働いている状態なんです。一度、何も仕事のことを考えないで済む日を作りましょう。

旅行が好きな人は、半年勤務記念でプチ旅行に行くのも良いかもしれません。

ゲームが好きなら、ゲームに一日中没頭するのも良いでしょう。RPGをプレイして一日中勇者になることで、気持ちが晴れるということがあります。僕も、たまに勇者になって頭を空っぽにして仕事のアレコレを発散してますよ。

そうやって精神を休ませると、一過性の「辞めたい気持ち」の場合、なんだか「大丈夫」になります。

感覚的な問題なので説明するのがとても難しいんですが、「うん、なんだか大丈夫だな」という気持ちになる。

本当に「辞めたい」と思っていて限界が来ている状態だと、精神を思い切り休ませても「無理、大丈夫じゃない」んです。気持ちが晴れたとしてもやっぱり出社するのは嫌で、仕事に対するモチベーションは常に下がったまま。

何日休んでも、その状態が続くんですよ。

そういう場合は、もう辞めてしまったほうがいい。

だから、それを見極めるために心の休日を作りましょう。一番いいのは有給休暇を取得して出来るだけたくさん休むことですが、入社半年だと取得しづらいと思います。

公休でもいいので、とにかく一日・二日だけでも心の休日を作り、自分の辞めたい気持ちが本物かどうか、自分が限界なのかどうかを見極めてください。

もう限界! 転職する場合

心の休日を作って見極めたけど、やっぱりもう限界だ! 転職してやる!

よーし、転職しちゃいましょう!

ただ、「辞めてしまう」のは少し待ってください。

出来るのであれば、働きながら転職活動をしたほうがいいですよ。働きながらの転職活動だと、半年で転職する言い訳がしやすいんです。半年で転職するということを、ネチネチ聞かれることも少ないんですよ。

退職してから転職すると「どうして半年で辞めたの?」と聞かれます。絶対に。

それが働きながらだと、不思議とあまり聞かれないんです。履歴書に「在籍中」「勤務中」と書いてるだけで「辞めようとしている」ことに違いはないのに、本当に不思議。恐らく、在籍中であればこういう言い訳が出来るため、あまりネチネチ追求されないんだと思います。

「今より良い仕事(会社)があれば、辞めてもいいと思っています」

この言い訳で、面接官は色々な可能性を頭に思い浮かべるんです。

「就職活動の結果に納得がいかず、もがいている」
「営業に向いていなかった」
「前の会社に何か重大な問題があったんだろう(違法とか違法とか違法とか)」

この他にも、色々。

この一言だけで転職活動をしている理由が、想像できるんです。ネガティブなものもありますが、ポジティブなものもありますよね。就職活動の結果に納得がいかずに努力をしているのだとか、自分はもっと良いところに行ける自信があるのではなかろうかとか…。

ポジティブな想像がたくさんできるから、転職活動をする理由をネチネチ追求しなくなります。

在職中マジックです。

働きながら転職活動をするのは可能?

もちろん、可能です。

僕はブラック企業からホワイト企業に転職しましたが、そのときも働きながらでした。辞めてから転職活動をする金銭的余裕もなかったし、失敗したときの保険も兼ねて働きながらの転職活動を選んだんです。

というか、辞めてから転職するという方法は、余裕のある人にしかできません。

だから、働きながら転職活動をするのはスタンダードなんです。不可能なわけがありません。

ただ、働きながら求人を集めたり面接日を調整したりするのは、案外大変です。そこで「転職エージェント」の利用をオススメします。転職エージェントを利用すれば、働いている間に担当者が求人を集めてくれるし、面接日の調整も代行してもらえるので楽です。

それに、転職サイトでは掲載されないような非公開求人もたっぷり得られます。

質の高い求人情報を働いている間に得られるだけでなく、面接日程調整代行や選考書類添削などのサポートが受けられるというのだから、利用しない手はありませんね。半年で転職活動をすると多少不利になりますが、そのフォロー方法も担当者と一緒に考えることができます。

半年で「辞めるぞ!」と決意をしたのなら、働きながら転職エージェントを活用して転職しちゃおう。

在籍中マジックは、本当にすごいから。