3年目が、辞める判断が一番難しいかもしれない。

入社3年目で「仕事を辞めたい」と思う人は、とても多いです。会社を辞めたいという人も多いですが、営業の仕事自体を辞めたいと考える人もたくさんいます。

我慢の限界に達した人、3年目で営業の仕事が向いていないと気づいた人、人によって理由は様々です。

どんな理由であれ、入社3年目で辞めたいと思う人は多いけれど、3年目は辞める判断がとても難しいと僕は思います。

そんな入社3年目で営業の仕事を辞めたいと思っている人がどうすべきかというところを、転職経験者の営業マンである僕なりに考えてみました。

3年目にありがちな苦労

入社3年目で営業を辞めたくなる理由として、一番よくあるのが「成績」です。

入社3年目ともなると、同僚との間で成績の差が結構つき始めるんですよね。2年目から一人で営業活動に放り出されて、3年目にはバリバリ活躍する人もでてきます。

そういうデキル同僚と自分とを比較して、自信を無くしてしまうだとか、向いていないと自覚させられるだとか、そういった理由で辞めたくなる人が多いです。

周囲との差は、営業にはつき物。

それに一々不安を感じていてはキリがありません。周囲と差がつくことがあまりに耐え難いなら、営業を続けていくことは困難ですよね。

「もっと頑張れよ」と熱いことを言いたい気持ちにもなりますが、成績の差によって営業を辞めたくなる気持ちはとてもわかります。

営業あるあるであり、入社3年目あるあるですよねえ。

「とりあえず3年」が間近

「とりあえず3年は働けよ」という言葉が、社会人の間で浸透しています。

3年目ということは2年続いたわけですが、あと数ヶ月働けば「とりあえず3年」に到達するんです。入社3年目が辞める判断をするのが一番難しいかもというのは、これが原因。

社会一般で一人前の仕事人と認められるために必要なのが、「3年」という期間です。

「営業として3年立派に働いてきた、営業の仕事の本質知っている」という称号が、あと数ヶ月で得られます。

営業の仕事は2年目で一人前になれると僕は思っていますが、社会一般では「3年続けないと仕事の良さも悪さもわからないよ」と思われている節があるんですよね。それだけに「3年目で辞める」という決断は、あまり良く思われません。

「もう少し続けることもできただろう?」「辛抱が足りない」と思われてしまうんです。

1年目や2年目は「とりあえず3年」がある程度遠く、「早く見切りをつけた」と思われることもあります。1年目・2年目で辞めるのと、3年目で辞めるのとでは、若干周囲の反応も異なるんです。

だから、「今辞めるべきなのか」という判断が難しいんですよね。

そこで、少し順を追って考えてみることにします。

そもそも、辞めるべきなのか

入社3年目で辞めたくなったけれど、辞めるべきなのだろうか。

辞めるタイミングは一旦置いておいて、そもそも仕事を辞めるべきかという話をしましょう。現在は営業の仕事を辞めたいと思っているわけですから、辞める方に比重が傾いていると思います。

ただ、正直「辞めるべきでないのでは?」という不安や疑問もあり、悩んでいますよね。

そうでなければ、こんな記事は読みません。

「辞めるべきでないのではないか」と思う根拠は、恐らく3年以上続ければ、このまま長く続けられるのではないかということでしょう。確かに、3年目を我慢して続けて、成績が良くなって面白くなり、営業の仕事を続けることができている人もいます。

ただ、そうやって我慢して成功するには、「辞めたい気持ち」に一度ケリをつけないと厳しいです。

ズルズル気持ちを引きずったまま中途半端な状態で働いても、成績は良くならないし、営業の仕事が面白いとも思えません。一旦気持ちにケリをつけられないのであれば、我慢して続ける意味が無いんです。

辞めたい気持ちに決着がつけられないなら、辞めてしまいましょう。

それじゃあ、ケリをつけるにはどうすればいいのか?

これはとても難しい問題で、人によっては何をどうしたってケリをつけられない人もいます。仕事を辞めたい気持ちにケリをつけるには、辞めてしまうしか方法が無いんです。

それでもケリをつけるには、「ケリがついた」と自分自身に誤認させないといけません。

それには、人間としての器用さが必要です。

本心では辞めたいと思っているけれど、無我夢中に仕事を頑張ることで忘れる。

そうして気持ちに決着をつけたという錯覚を起こすことが出来た人だけが、辛抱した末に成功することができます。ただ、錯覚を起こすことに成功したとしても、営業の仕事で成功できない場合もあるんです。

そういう人は、恐らくそもそも向いていなかったのだと思います。

結局、気持ちをごまかして続けたとしても、成功できるかどうかはギャンブルです。

ただ、そのギャンブルに挑戦する価値はあります。自分自身の気持ちを誤魔化して錯覚を起こし、続けることができたなら、そのまま続けてみてください。取りあえずがむしゃらに仕事を頑張ってみて、様子を見る。

成績が振るわない、同僚との差に悩むという理由で辞めたい人が多い3年目だからこそ、一旦気持ちを落ち着けて努力をし、仕事を続けることで辞めたくなくなることもあると思うんです。

それでも辞めたい気持ちが無くならないなら、そもそも向いていないと判断できます。

それがわかっただけ、続けることに価値はあったと言えるでしょう。

また、そもそも辞めたい気持ちを誤魔化すことができない人は、辞めてしまっても良いと思います。

考えるべきは「3年」ではない

順を追って考えてみた結果、考えるべきなのは「取りあえず3年が経つのを待つかどうか」ではありませんでしたね。

3年経つのを待つのではなく、自分の気持ちに一旦ケリをつけて仕事を頑張ってみること。そして様子を見て「仕事が続けられる」と判断すれば辞めなくていいし、「無理」と思ったら辞めたらいい。

ただ単に3年間働くことに意味はなく、辞めるかどうかを判断するために働くことに意味があるんです。

僕は「辞めるなら今でしょ」と言うことが多いんですが、入社3年目の場合は「もう少し様子を見てみて」と言います。それは「取りあえず3年」理論を根拠にするものではなく、続けられる可能性が否定できないためです。

ただ、じーっと時が経つのを待ってはいけません。

無意味に3年待つくらいなら、今すぐ転職してください。

出来れば挑戦してみて欲しいところですが、ね。