「今月の営業ノルマですが、○○さんは8割達成、2割未達成です」

営業ノルマを達成できた人は集会で上司に褒められ、達成できていない人は集会で上司に晒し上げられる。

ノルマを達成させようという気持ちを沸き起こらせるためにやってるんでしょうが、正直苦痛ですよね。

僕も何度か晒し上げられた経験があります。

晒し上げがなかったとしても、ノルマを達成できなければ上司にはよく怒られていました。

「達成できないなら辞めてしまえ!」と言われることもある。

営業のノルマは達成しようとするとしんどいし、達成しないともっとつらい状況になる。

今回は、そんなあなたに現役営業マンの僕からささやかなアドバイスを送りたいと思います。

営業ノルマに付きまとう悩み

営業ノルマがこなせないと、職場によっていろいろなペナルティがあったりしますよね。

集会での晒し上げも考え方によっては「恥をかく」「嫌な思いをする」という精神的なペナルティです。

場合によっては、もっと具体的なペナルティが課せられることもありますよね。

給料減額。

ノルマがこなせなかったら、ペナルティとしてボーナス削減・給料減額されてしまうということが、営業の仕事ではよくあります。歩合制をうたっているところだと多いです。

歩合制ならまだ納得はできるかもしれませんが、歩合制でなくとも給料減額をするところもあったりして、その場合は本当に理不尽ですよね。

また、ノルマを達成できたとしても過酷なノルマによる心身のダメージというペナルティがあります。

営業のノルマなんて、良いことなにもないじゃないか!!

良いことはなにもありませんが、それでも営業の仕事にはノルマがつきものです。

営業一人ひとりがしっかり頑張らないと企業の売り上げが伸び悩むのは確かなので、文句ばかり言ってもいられませんよね。

【アドバイス1】自分活用マニュアルを作ろう

営業の仕事というのは、いかに自分の経験を仕事に反映させるかということに尽きます。

そのため、誰にでも使えるような仕事術というのは特にありません。仕事に何かコツを見出している人は、自分の経験からそれを見出しているんです。

そして、その見出す作業を欠かしません。

自分の仕事や普段の作業なんかを分析してフィードバックし、それをマニュアルにしていくんですよ。

僕はそのマニュアルを「自分の個性や経験を活かすためのマニュアル」なので、自分活用マニュアルと呼んでいます。

めちゃくちゃそのままのネーミングですけどね。

ネーミングセンスないんですよ、僕は。

ともかく、自分活用マニュアルを作るには、仕事から普段の何気ない行動までいろいろ分析しなければなりません。

たとえば、こんな風に分析するんですよ。

今日仕事で営業をかけるとき、ついつい自分の都合ばかりで話を進めてしまった。自分は話したがりなところがある。

商品の説明をするのは得意だが、相手先の事情を踏まえないため説得に現実感がない。

相手の事情を先に聞き出してから、得意の話術で説得するほうがうまく営業できるのではないか。

これをやると、「自分はどんなやつか」「どこが良くてどこが悪いのか」がわかります。

営業の仕事って、自分の長所と短所を如何にうまく使うかだと思うんです。それが経験を活かしていくことにもなります。営業のコツというのは自分の経験や長所・短所から来るものなんですよね。

【アドバイス2】気にしない心を育てよう

先ほど説明したのは「ノルマを達成するための方法」ですが、これからはノルマに関する悩みから抜け出すにはどうすればいいかについて語ります。

僕の実体験や独自の考えを多分に含みますが、そこのところはご容赦ください。

僕が思うに、営業マンが大切なのは「気にしない心」です。

一昔流行った芸人にいたじゃないですか。「ちっちゃいことは気にすんな、そーれワカチコワカチコー!」って。

ちょっと古いですが、ワカチコ精神でいきましょう。

上司に晒し上げられても気にすんな。失敗しても落ち込みすぎるな。ノルマ達成できなくとも気にすんな。

だって、それらは全部「ちっちゃいこと」なんだから。

僕もブラック企業にいたときは「○○くんが今月のノルマ未達成です」と晒されたこともありますし、失敗して深く落ち込んだこともあります。でも、そういったことを気にしてても仕方がないんですよね。

気にしたところでどうにかなるわけでもないし、気にしすぎると仕事が億劫になってパフォーマンス落ちるし。

そしたら余計に成績下がる。

全部「ちっちゃいこと」と考えればいいんですよ。

【アドバイス3】転職も検討しよう

営業職を続けるのであれば、ノルマが緩い職場に転職したり、ノルマを達成した分がインセンティブになって跳ね返る職場に転職したりと、ノルマに関する悩みを解消するには転職するという選択肢も考えたほうが良いです。

最初のほうに述べたとおり、営業ノルマは働く僕らにとって良いことがありません。

そこで、例えば少しでも「ノルマ」を前向きに捉えられる職場に転職することで悩みを緩和することができます。

僕は、転職をしてからノルマが緩くなっただけでなく多少のインセンティブがつくようになりました。

未達成だと怒られはしますが、給料形態は「基本給+インセンティブ」なので未達成でも給料が下がりません。

給料が上がるから「いっちょやってやろう!」という気持ちになり、仕事も楽しくなりました。転職するだけで、こんなに気分が違うとは転職する前は思ってもみませんでしたよ。

「ノルマがあるから苦しめられる」のでなく「ノルマをクリアすれば努力が報われる」と考えられる職場なら、頑張れる気がしませんか?

また、「もう、ノルマ自体に関わりたくない」という人は、ノルマとは無縁の職種への転職をおすすめします。

営業の経験を活かしたいなら、ノルマがない・ゆるい営業の仕事を選ぶという選択肢だってあります。

いずれにしても、転職活動を始めるのは早いほうがいいです。すでに相当なストレスを感じながら働いている状況なので、いつ心と体を壊してもおかしくありません。そうなってしまったら転職活動どろこではなくなってしまいます。

営業マンよ、ちっちゃいことは気にすんな!

でも自分の行動を振り返って仕事術を見出せ!

どうしても辛いなら早めに転職を始めよう!!