営業を辞めたい! 辛すぎるし、忙しすぎるし、残業とかもう無理!

そんなあなたに、そう総務! 営業から総務に転職したい、転職先の候補にしているという人も多いのではないでしょうか。

営業から総務の転職は良いところも、難しいところも両方ありますよ。

だから、総務への転職に興味があるなら、真剣に考えてみましょう!

営業から総務になったら、どうなるか? どんなメリットがあるのか? 営業から総務に転職する場合の 注意点は何か?どんな人が向いているのか?

営業より楽という傾向がある

楽というと語弊があるかもしれませんが、営業よりは断然楽と語る人が多いんですよね。営業職とは全く異なる仕事をするから、営業が辛いと思った人は総務が楽なのかもしれません。逆もまた然りでしょうね。総務が辛い人には、営業の方がいいのかも。隣の芝は青いというやつです。

総務の仕事は、基本内向き。

間接部門として、全ての部署との関係を取り持ちます。社内全体のことを見渡し、経営陣と現場陣との懸け橋となり、社員全員を経営陣が目指すところに足を向けさせるということが総務の仕事。

何でも屋とも、言いますね。

総務の仕事内容を一言で表すと、「他では扱わないけど、必要な業務」ですから。万事屋チックになるわけです。特に、中小企業においては総務部の仕事は本当に多岐にわたります。中には、人事を兼ねるところもあるし、財政を兼ねるところもありますからね。

大きな会社になればなるほど分業体制が整い、総務の仕事の幅が狭くなるようです。

ただ、何でも屋と言えども社内向きの仕事が多いためか残業も休日出勤も営業よりは断然少なく、しっかり休めて楽というわけですね。部署と部署とを繋ぐ仕事は多いけれど、対外交渉は営業より少ないというのも営業より楽と言われる理由かもしれません。

デスクワークが苦にならない人は向いている

営業の仕事をしていて、辛いと思うのはどちらかというと外回り時? YESな人は、総務に向いています。総務の仕事はデスクワークが多いですからね。机上の作業が苦になるという人には、到底向いているとは言えませんから。

向き不向きというよりも、大前提となる条件と言えるかもしれません。

ルーティンに苦痛を感じない人

総務の仕事は、突発的に入る仕事もあるけれど、基本的にはルーティンが多いです。営業のように毎日違う刺激があるようなものではないため、飽きる人はすぐ飽きます。営業の毎日色々な刺激があることに疲れたという人は、総務に転職するとハッピーでしょう。

だけど、営業のそういうところは好きだったんだけどなあ…という人は、総務に転職したらアンハッピー。

総務に刺激的な毎日は無く、安定して同じような毎日があります。だからこそ、居心地が良くて安心するという人がたくさんいるわけです。

協調性が大事

総務は、社内の様々な部署を繋ぐ役割を持っているため、協調性が無いとやっていけません。協調性のない総務という存在を考えただけで怖くなるほど、協調性が無いというのは地雷ステータスです。

元営業の人には心配いらないかもしれませんが、もしも協調性不足や調整業務が苦手などの理由から営業を辞めたいと考えているのなら、総務への転職はオススメしません。違う職種を考えた方が良いでしょう。

逆に、協調性がある人ならそこをアピールしてもいいかもしれませんね。

総務への転職、アピールポイントは

営業から総務に転職する際、アピールポイントになるのは何でしょう? はい、ここで一度画面から目をそらして10秒くらい考えてみてください。

アピールポイントは、ズバリ! 調整力とコミュニケーション能力。

営業から転職するとき、役立つスキルは基本的にこの二つです。営業は潰しがきかないとか言う人もいるけれど、営業で培う調整力とコミュ力は潰しがききまくります。どんな仕事をしても使うことだし、特に総務にとっては非常に重要!

総務部は、社内すべての部署とかかわりを持つ唯一の部署と言えます。

そんな部署で働くからには、色々な立場の人間を繋ぐ調整力は必須。そして、上手に付き合っていくコミュ力も必須です。各部署に嫌われてしまったら、総務の仕事は圧倒的にやりづらくなってしまいますからねえ。

だから、営業から総務に転職するときは、調整力とコミュ力をアピールしましょう!

営業経験のエピソードを交えて話すと、より効果的だと思います。

総務に転職する際、役立つ資格はある?

ありまぁす!

まず、総務はパソコンを使えないと仕事になりません。特に、ワードとエクセルは使いこなせないとお話にならないわけですよ。だから、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の資格が大いに役立ちます。

これは、名前の通りマイクロソフトオフィスの機能を使いこなしている証明となる資格です。総務部以外にも、デスクワーク基本の仕事全般の転職に役立ちます。

また、簿記2級以上を取得していた方が会社の選択肢は広がりますよ。

中には総務に財政とか経理業務とかを兼ねている会社もありますから。そういう会社に転職するなら、簿記が必要になるわけです。それに、経理業務を兼ねていない場合も簿記の知識があれば経理面から会社全体のことを把握しやすくなり、より総務としての価値が上がります。

だから、簿記は無いよりはあったほうが確実にいいわけです。

ほかにも、中小企業診断士の資格がプラスに見られるようなので取得するのも良いかもしれませんね。ただ、中小企業診断士は転職後にも取れるため、今すぐ考える必要はないでしょう。

今取っておいた方がいいのは、MOSと簿記。

総務に転職、注意点

気を付けろ! 男性の採用は少ないぞ。

求人は「男性限定!」とかやっちゃいけないんですが、総務は男性の採用は少ないんです。なんだか総務は女性という昔ながらのイメージが、未だにあるんでしょう。とはいえ、総務部に男性が全くいないのも困りものなんです。

男子トイレのことを見れる人がいない問題とか、力仕事に対応できる人がいない問題とか、男性が求められる場面が結構あります。だから、皆無ではありません。

転職活動の際、注意していれば男もチャンスはあります!

たとえば、転職エージェントを使うとかね。

転職エージェントを使い、総務志望ということを告げれば男性の採用を考えている企業の求人を紹介してくれます。さらに、面接の日程調整とか内定後の待遇交渉もしてくれるし、一石二鳥以上の効果が得られるんです。

営業から総務に転職したい人、特に男性は転職エージェントを使いましょう。

転職のため、今すぐ起こせるアクションは、転職エージェントに登録することと、資格取得を検討すること!