有機溶剤を扱う工場で働く人は様々な悩みを抱えています。

健康被害への不安、危険物を扱うプレッシャーとストレス、給料の低さ etc.

有機溶剤を扱う工場を辞めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、有機溶剤を扱う工場で働く人ならではの悩みを分析しつつ、おすすめの転職先を紹介しています。

転職を検討している人は、ぜひ参考にしてみて下さい!

有機溶剤を扱う工場を辞めたい理由で多いのは?

  • 単純作業がしんどい、飽きた、辛い
  • やりがいを感じることができない
  • 交代制の夜勤がしんどい
  • 人と話すことが少なすぎて苦痛を感じてしまう
  • 肉体労働がしんどい
  • 労働環境が悪い
  • 有機溶剤には中毒の危険性があって不安
  • 危険物を扱うというプレッシャーがストレスになる
  • 給料が他の工場と変わらない

ネットで有機溶剤を扱う工場を辞めたい理由を調査したところ、上記の悩みが退職に繋がっているということがわかりました。

中でも有機溶剤を扱う工場特有のものとして挙げられていたのが、次の三つの悩みです。

あなたも似た悩みを抱いているのではないでしょうか?

中毒の危険性

有機溶剤は毒性がありますよね。

皮膚や粘膜から吸収され、その部位で作用して症状が出たり、全身に毒素が循環してさまざまな場所で症状が出たり…。

有機溶剤は常温で蒸発しやすいので、有機溶剤を扱う工場では知らないうちに毒素を吸い込んでしまっている可能性があります。もちろん、中毒にならないように作業主任者らが気を付けてはいますが…。

それでも、不安になりますよね。

また、現在「眩暈」「吐き気」「頭痛」など中毒症状に似た症状が出ている人もいるのではないでしょうか。

危険物を扱うというプレッシャーが辛い

危険物を扱う仕事には、プレッシャーがありますよねえ。

特に作業主任者として働いている場合、自分がミスをすると工場で働く作業員全員が危険にさらされてしまいます。そのプレッシャーはとても重く、辛い…。

耐えきれなくなり、有機溶剤を扱う工場を辞めたいと思う人もいるでしょう。

危険物を扱うからと言って給料が高いわけじゃない

有機溶剤という危険物を扱う作業をしているからと言って、他の工場より給料が高いわけではありません。

求人に記載されている年収は300~350万円程度です。有機溶剤を扱わない工場の年収と何の違いもありません。

なんだか不公平に感じてしまいますよね。

「給料変わらんし、不安に感じるくらいなら辞めよう」「ほかの工場に行った方が良いのでは?」と思っても、無理がありません。

有機溶剤を扱う工場を辞めたい人におすすめの転職先

有機溶剤を扱う工場を辞めることを決意しても、自分に合う仕事がわからないと転職活動に踏み切れませんよね。

これから、おすすめの転職先を6つ紹介します。自分に合う仕事を探す際の参考にしてみてくださいね。

※転職難易度は「低」「中」「高」の三段階で評価しています。

ガソリンスタンド

工場勤務で孤独感を抱いていた人も、接客対応のあるガソリンスタンドなら楽しく働けるのではないでしょうか。

また、有機溶剤を扱う工場に勤めていた人の中には危険物取扱者乙種4類(乙4)を取得している人もいると思います。ガソリンスタンドはガソリンという危険物を取り扱うため、乙4取得者が優遇されるんです。

転職しやすいだけでなく、幅広い仕事を任されてやりがいを感じられるようにもなるでしょう。

  • 平均年収:300万円前後
  • 仕事内容:給油、接客、車の誘導、簡単なクリーニング
  • 転職難易度:低

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは肉体労働が少なく、労働環境が良く、工場勤務の悩みを解消しやすい仕事です。

転職難易度も低く、工場で夜勤を経験していた人は宿直ありの現場で重宝されます。もちろん、宿直や夜勤が嫌だという人はそれらの無い現場に応募することで、夜勤も宿直も無く規則正しく働けますよ。

また、乙4取得者は有利になります。ビルメン4点セットとして重宝されているくらいですから。

  • 平均年収:300万円前後
  • 仕事内容:さまざまな施設の巡回、モニター監視、設備管理
  • 転職難易度:低

自動車整備士

自動車整備士に転職すると、工場で黙々と作業をしてきた経験を活かせます。

さらに自動車整備士は、丁寧に作業をすることが大切な仕事です。有機溶剤を扱う作業をしていた人は、常日頃から丁寧な作業を心がけていると思います。その「丁寧さ」も活かせるでしょう。

整備工場じゃなくてディーラーに勤務する場合は、黙々と作業しながらお客さんとのコミュニケーションも取れますよ。

有機溶剤を扱う工場から転職した場合、やりがいを感じやすいのではないでしょうか。

また、自動車整備士の資格は入社して実務経験を積んだ後に取得することになります。

  • 平均年収:400万円(見習い時:280~300万円
  • 仕事内容:自動車の整備・修理・車検対応
  • 転職難易度:中

水産加工品の食品工場

水産加工品の工場は危険なものを扱う機会がありません。どの食品を作るかにもよりますが、稼働している機械も他の工場と比べれば危険性が低いです。工場勤務はしたいけど危険が多いのは嫌だ、という人にはオススメですよ。

さらに水産加工品工場は夜勤が無い工場が多いため、規則正しく働けます。

また、水産加工品の工場は肉体労働がほとんどなく、寒すぎず暑すぎず労働環境が良いんですよ。有機溶剤を扱う工場で抱いている悩みを解消しやすい工場です。

  • 平均年収:300万円
  • 仕事内容:食品の加工
  • 転職難易度:低

メーカー購買部

製造の仕事から購買部門に転職すれば、経験を活かしながら悩みを解消できますよ。

購買部は製造部門を経験していると有利になるんです。製造を経験しているからこそ、求められる部品の質や量などを理解しやすくなります。さらに、製造部門の人との社内調整もスムーズに行えるでしょうから。

購買部門は工場内勤務が多く、残業が少なく、夜勤もありません。肉体労働も危険もなく、人と関われる上に、「交渉がうまくいったら嬉しい」など大きなやりがいも得られますよ。

  • 平均年収:400万円
  • 仕事内容:工場で使用する資材の調達、新規調達ルートの確保、値段交渉
  • 転職難易度:中

営業職

営業職は自分の働きが給料に繋がります。

成績が良くなれば給料が上がるというのは、大きなやりがいになりますよ。僕も営業をしていますが、さまざまな人と関わりながら自社商品を提案するのは楽しいです。工場勤務では得られない面白さだと思います。

人員を多めに確保する会社が多いためか、転職難易度も低いのもオススメポイントです。

  • 平均年収:350~400万円(企業や成績によって大幅に変動)
  • 仕事内容:自社製品の提案、顧客の抱える問題解決
  • 転職難易度:低