縫製工場を辞めたい…。

縫製工場で働く人の悩みをネットで調べてみたところ、どうやら縫製工場は数ある工場の中でもかなり特殊な傾向があることがわかりました。

今回はそんな縫製工場の特殊な悩みを解説した上で、縫製工場を辞めたいと考えている人におすすめの転職先候補を紹介しましょう。

よくある【縫製工場を辞めたい理由】まとめ

  • 眼精疲労
  • 腰痛と肩こり
  • 常に神経をとがらせないといけないのが辛い
  • 常に納期に追われ続けるのが辛い
  • 家に持ち帰って仕事をしなければならない
  • 毎日12時間労働
  • 人間関係が大変
  • 他の製造業と比べて給料が低い

以上が縫製工場を辞めたい理由として挙げられることが多い悩みです。

眼精疲労に腰痛と肩こりは、ミシン作業の宿命のようなものですよね。常にミシンと向き合っていなければならないから目が疲れます。ずっと座っているから腰も痛くなるし肩もこるでしょう。

さらに、ミシン作業というのは繊細なものです。常に神経をとがらせて集中し続けていなければ、失敗してしまいかねません。精神的疲労もたまりますよねえ。

そのうえ、納品してもさらに新しく受注が入って次の納期がやってきます。納期地獄です。生産と納品のサイクルを延々と回し続けなければなりません。

ノルマを達成できなければ家に仕事を持ち帰ることもありますよね。納期はそう長くとってはくれないですから。

そもそも労働時間が長い縫製工場が多いですよねえ。際限なく受注があるから工場は常にフル稼働です。

交代制を採用しておらず毎日労働時間が10時間以上になるケースもありますよね。三交代制の工場に転職すれば悩みが多少は緩和されるかと思いきや、縫製工場の三交代制の求人はかなり少ない傾向があります。

年間休日も105日程度と工場にしては少なめの工場が多く、縫製工場は製造業でもかなり特殊だと言えるでしょう。

また、人間関係が大変だという声も多数あがっています。職場にはボスのようなお局のような人がいて、その人に嫌われれば地獄だとか。いじめが横行している工場もありますよね。

以上のような悩みがあるわけですが、給料が良ければそれでもまだ頑張れる人もいるでしょう。

ただし、その給料も決して高くはありません。実際の求人を見ていると「月給14万円から18万円」という求人が多いことがわかります。月収25万円以上のものは大抵管理系の仕事です。年収にすると200~250万円あたりが相場ですよね。

自動車工場などは年収300万円を超える求人が多数あります。

確かに、他の製造業と比べて縫製工場はやけに低収入です。

このことからも縫製工場は製造業の中でも非常に特殊だと言えますよね。

工場の仕事の場合「三交代制勤務にすれば悩みが解決する」「他の工場に転職すれば多少は給料もマシになる」と、他の工場に転職することで悩みを解決する道もあるように感じます。

ただし、縫製工場に関しては以上のような特殊性から「ほかの縫製工場に転職すればどうにかなる」という問題ではないと僕は思うんです。

異業種・異職種に転職するしかないのではないでしょうか。

縫製工場を辞めたい人におすすめの転職先候補

1.異なる業種の工場

縫製工場ではなく、異なる業種の工場に転職することで悩みが解決する可能性があります。

たとえば、自動車関係の工場です。自動車関係にはミッション工場や組み立て工場などさまざまな種類がありますが、大抵の工場は24時間稼働し続けます。大手メーカーから仕事を受注していますからね。それくらいしなければ回らないんです。

とことんまで効率化しなければノルマを達成できません。

そのためか、3交代制を採用している工場が多い傾向があるんです。3交代制になれば24時間稼働でも労働時間は8時間になります。もちろん夜勤が発生しますが、労働時間の長さという悩みは解決するでしょう。

そして、年収も縫製工場よりは高い傾向があります。

もちろん、家ではできない仕事のため持ち帰りの仕事もありません。労働時間と給料に関する悩みはほとんど解決できると言えるのではないでしょうか。

2.パン屋

縫製工場で働いて身につけた手先の器用さをパン屋でも活かせるのではないでしょうか。

パン作りというのは手先の器用さがとても大切なんですよ。生地を成形したり細かな装飾をつけたりするのは全て手作業ですからね。手先が器用な人でなければパンを作ることができません。

さらに、黙々と作業をすることに対する忍耐力も活かせます。

そして、縫製工場は意外と協調性が大切ですよね。チーム作業をすることもありますから。パン屋も基本的にチーム作業なんです。ひとつのパンを作るにも「生地を丸める人」「装飾をする人」「焼く人」などさまざまな役割がありますからね。

協調性も活かせます。

縫製工場での経験の多くを活かせる意外な選択肢として、パン屋の仕事はおすすめです。

3.営業事務

協調性を活かす転職先の選択肢として営業事務をおすすめします。

営業事務の仕事は、簡単に言えば営業職のアシスタントです。営業が使う書類を作成・管理したり、営業の外出状況を管理したりします。営業職の考えていることをしっかりくみ取り、営業職が必要に感じるタイミングで必要に応じたサポートをしなければなりません。

協調性が必要な仕事です。

ここで「チーム作業で得た協調性」を活かせます。

チーム作業というのは周囲をよく見て行動する必要がありますよね。周囲の人の作業状況を見て必要なタイミングで動かなければ、作業が止まったり遅くなったりすることがあります。

つまり、営業事務と同じようなことが求められているわけです。

そして、ノルマもありませんし休日日数も多い傾向があります。縫製工場勤務の悩みを解消する仕事の選択肢としても優秀です。

そのため、縫製工場を辞めたいという人には営業事務をおすすめします。

4.データ入力

縫製工場の「コツコツ」「黙々」と作業をする集中力を活かせる仕事として、データ入力を紹介します。

データ入力の仕事は「顧客情報」などのさまざまなデータを、専用のシステムやツールなどに入力することです。扱うツールは会社やデータによって異なります。Excelを使うこともあればWordを使うこともありますし、会社全体で使っているデータ管理システムを使うこともありますね。

ただ黙々とそういったツールやシステムなどにデータを入力し、報告する仕事です。

同じ「座ったまま」「コツコツ働く」系の仕事なので、慣れれば縫製と似たような感覚で作業できるでしょう。

ただし、データ入力は正社員の求人が少ないです。あったとしても「データ入力のみ」ではなく「電話対応あり」「事務作業あり」という求人がほとんどになります。

データ入力のみの場合は「アルバイト」「派遣」が基本です。

融通がきく働き方がしたい人にはおすすめですよ。

これまで紹介してきたように、縫製工場を辞めたいという人にはさまざまな転職先の選択肢があります。

どんな経験・能力を活かしたいのか、どんな悩みを解消したいのか。まずはそれを考えて、転職先を絞り込みましょう。