【バーテンダーを辞めたい】よくある悩みとその対処法、おすすめの転職先などを紹介

バーテンダーを辞めたい人には、二つの道があります。別の店でバーテンダーを続ける道と、異業種に転職する道です。

そのどちらの道に進むべきなのかは、あなたの抱いている悩みによって変わります。

このページでは、バーテンダーを辞めたい理由やその対処法、オススメの転職先などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

バーテンダーを辞めたい理由とその対処法

給料が上がらない

バーテンダー自体が稼げない仕事、というわけではありません。

ただ、給料がなかなか上がらない店は多いですよね。

飲食業界は、キャリアを進ませることで年収が大きく上がる傾向があります。

じゃあ、バーテンダーのキャリアって何だろう? 店長になることか、オーナーになることか。そのくらいですよね。

確かに、店長になれば年収500万円以上稼ぐことはできるかもしれません。オーナーになれば、年収800万円以上も夢ではないでしょう。

だけど、その道は険しいし、遠いです。

歩き続けても報われるかわからない道を歩き続けるなんて、辛すぎますよね。

そう思う人には、バーテンダー自体を辞める道と、給料が今より高い店に転職する道の二つの道があります。

経験をしっかりアピールすれば、給料が高い店に転職することは可能です。さらに、店長候補の求人なら、キャリアを進ませて年収を大きく上げることもできます。

積極的に店を移動して、状況を自分の力で良くしてやりましょう!

とにかく激務で辛い

激務で辛いから辞めたいという人は多いです。

人手が不足している店では、1日15時間くらい働くこともあるそうですね。

でも、中には激務じゃない店もあるんです。

たとえば、街の片隅でひっそりと営業されている小さなバー。営業時間が短めの店とか、従業員が多い店。あとは、客層をかなり限定しているバーも激務になりにくです。オタクバーやマジックバーなど、いろいろあります。

そういう店を選べば激務が解消される可能性があるんです。

もちろん求人数は少ないですが、探してみる価値はありますよ。

酔わされるのが辛い

客に飲まされることが、バーではよくあります。

お酒が好きなバーテンダーは客にごちそうしてもらうのは嬉しいかもしれませんが、度が過ぎると辛いですよね。

ただ、これは客層によって異なります。

たとえば、オーセンティックで落ち着いたバーだとこういうことは起きづらいです。落ち着いた客層の、落ち着いた店に転職するだけで、この悩みは解消できるのではないでしょうか。

人間関係に問題がある

人間関係に問題があると、バーで働くのは途端に辛くなりますよね。

バーは店員同士の距離が近いです。バーカウンターの中が狭いから物理的にも近い。そして、精神的な距離も近くなりがちです。

客を前にしているため、嫌な人を露骨に嫌がるわけにはいきません。仲良さげに取り繕うのもしんどいです。

そういう人間関係の悩みへの対処法は、二種類あります。

転職するか、割り切るか。

個人的におすすめの割り切り方は、嫌な人を「客のように扱う」ことです。客を扱うのと同じようにあしらうことにより、気分はいくらか楽になります。

一度試してみて、解消できなかったら転職してみてはいかがでしょうか。

夜の仕事自体がもう限界

そもそも夜の仕事自体が辛い! もう限界!

そういう人もいるでしょう。

昼夜逆転するだけでも、心身共に負担がかかりますよね。人間はもともと昼に活動して夜に寝る生き物だから、負担がかかるのは当然です。

これはもう、昼の仕事に就くしかありません。

バーテンダーにおすすめの転職先

ホテル

ホテルのフロントは、バーテンダーの能力を思う存分発揮できます。

フロントの仕事は、予約の受付・管理と、チェックイン・アウトの手続き。そして、宿泊客からの問い合わせ対応です。

問い合わせ対応には、「相手が望むことをしっかり把握してそれに応えること」が必要とされます。

一方、バーテンダーの仕事は客が飲みたい酒をつくることです。中には「甘いお酒」「すっきりしたお酒」と抽象的なイメージで注文してくる客もいますよね。特に、メニューが無い店なんかでは多いでしょう。

そういうときに、「相手が望むことを把握してそれに応えること」が要求されます。

つまり、ホテルのフロントとバーテンダーの仕事は一致しているわけです。

だから、僕は「バーテンダーの経験を活かせる仕事」として、ホテルのフロントをオススメします。

レストラン

レストランには、さまざまな仕事があります。

厨房、ホール、レセプション、ソムリエ。

その多くでバーテンダーの経験を活かせるんです。

まず、厨房は「手際よくお酒と料理を用意する経験と能力」を活かせます。

次に、ホールは接客経験を活かせますよね。

そして、レセプションは店内の状況把握の能力を発揮することができます。レセプションは店内の混雑状況を瞬時に把握・分析し、入店するタイミングを見極める。それから、どの席に通すかを考える仕事です。

バーテンダーもそこまでではないでしょうが、店内の状況を把握しないといけませんよね。そのうえで、注文を促したり、席の案内をしたりするでしょう。

この経験を活かす形です。

また、ソムリエはお酒に関する知識を活かせます。

ただ、ソムリエはワインに特化する必要がありますよね。バーテンダーとは異なる知識が必要なので、勉強が必要です。

レストランの仕事に興味がある人は、以上を参考に職種を選んでみてください。

営業職

バーテンダーの対人能力とノウハウは、営業職にも活かせます。

バーテンダーは、相手が心地よく過ごせるように気を遣うことを求められますよね。

そのためには相手の性格などを分析し、適切な距離感で接しなければなりません。

「相手が求める距離感と話し方で接する」という気遣いは、営業にも求められます。

ガンガン近距離で攻めると引いてしまう人に対し、ガンガン行けば失敗する。逆に、「よくわからないから、しっかり話がききたい」と思っている人に対し、一歩引いた営業をすれば失敗する可能性が高いんです。

だから、この気遣いができるバーテンダーは営業職に転職することで、大きく活躍できる可能性が高いです。

成績が給料に反映される会社なら、人並み以上に稼ぐことができると思いますよ。

-仕事の悩み