社会人8年目ともなると「転職できるのかなあ」と不安になる人も多いと思います。四年制大学をストレートに卒業してから8年目だとしても、30代前半ですからね。

30歳を超えると転職が難しくなると、上司や身近な人などに脅されている人も少なくはないでしょう。

20代の頃と比べると確かに少しだけ難しいですが、しっかり対策を立てれば不可能ということはありませんよ。「転職が難しいよ」と忠告したくなるのは30代後半から。ただ、30代後半でも転職を成功させる人は大勢います。

転職が可能かどうかを考え、二の足を踏むのは無駄です。

大事なのは、転職という大勝負の勝率を高めること――。

業界内の転職なら即戦力アピール

社会人8年目ともなると「即戦力」を企業から求められるようになります。業界内の転職で自分自身が即戦力として使えることをアピールできるのであれば、転職はそう難しい話ではありません。むしろ、「思っていたより簡単だったな」と拍子抜けすると思いますよ。

大事なのは「即戦力アピール」をどのようにして行うかです。

考えるべきは自分が持っている武器は何かと、その武器をどのように活用すれば利益を生み出すことができるのかということ。

武器として一番思い浮かびやすいのが「仕事に関するスキル」でしょうか。今の仕事で培った技術や知識などは、業界内の異なる仕事でも使えることが多いですからね。キャリアアップをする場合には、なお更スキルと知識は良いアピールポイントになります。

ただ、武器はスキルや知識だけではありません。たとえば「今回の転職を通じて、将来的に目指すポイントがある」という明確なビジョンも、武器になります。何か目指しているところがあって、そのために転職が必要と語ることで転職活動に真実味と説得力が生まれますからね。

そういった武器さえアピールできていれば、即戦力として高い評価を受けるのには申し分ありません。あとは「どのように活用すれば利益を生み出すことができるか」という部分ですが、これは武器のアピール方法と言えます。

アピール方法はその人の人柄や特徴が出る部分なので、僕から一概には言えません。個々人で最適だと思うアピール方法を考えてみてください。

未経験の業界・職種の場合は難しい?

未経験の業界・職種を目指すなら、今のうち!

30歳前半は未経験OKの求人が豊富であると言えるギリギリのラインなんです。30代後半に突入してしまった場合、途端に求人数がガクッと減ります。35歳限界説なんていうものがありますが、求人の全体数が減るためにそういう説が生まれたわけです。

キャリアを形成するのに数年かかるという観点から考えても、未経験職種に転職するのは今のうちと言えます。30代後半から新しいキャリア形成をするとなると、大変ですからね。

30代前半のまだ若いと言っていられる今なら、未経験業界・職種の求人を多数得ることができる。

ただし、戦略はしっかりと立てないといけません。20代は「やる気マックスです!」とアピールするだけでも未経験転職できる場合があるんですが、30代はやる気だけではダメ。やる気も大事だけど、未経験の職種で一人前になれるという説得力が無いといけません。

説得力を生むのは、やはり自分の武器です。

スキル的なものなら、サービス業から営業職に転職する場合には「コミュニケーション能力」「会話術」などが武器になります。仕事のスキルというのは職業や業界固有のものではなく、多数の職業・業界に紐づけされているものです。

そのため、自分の持つスキルが繋がっている業界や職種の中から自分の興味が惹かれる仕事を選ぶと、多数の武器を持つことができます。

最初から「この仕事がしたい」と決まっているとしても、今の仕事と共通するスキルを探せば武器を手にすることができるわけです。

ただし、共通するスキルが特に無い場合もあると思います。そうなると、自分自身の性格やポテンシャルをアピールするしかないでしょう。たとえば「物事を柔軟に考えることができる」とか、「現在自分なりに勉強を重ねている最中だ」とか…。武器にできるものをなるべく多く探してみてください。

そうすることで、未経験の職種や業界においても転職成功率を引き上げることができますよ。

自己分析と他己分析の重要性、そして最後は…

8年目の転職活動の勝率を上げるためには、どんなケースでも「自己分析」と「他己分析」を怠ってはいけません。武器を見つけることが大事だと連呼してきましたが、武器を見つけるためには自己分析と他己分析を行わないとダメなんです。

そう言うと、「自己分析だけじゃいかんのか?」という質問がくるかもしれません。

自己分析だけじゃ、あかんのよ。

自分自身に下す評価というのは、甘すぎるか厳しすぎるかのどちらかであることが多いです。自分で自分のことを適正に評価できている人なんて、ほとんどいないと思います。謙遜や卑下をしたり、自信満々でおごったりするものですからね。

自己分析と他己分析の両方を組み合わせることで、ようやく自分自身の正当な評価をすることができるというもの。

自己分析に関しては、巷に出回っている「転職用の自己分析シート」を使ってみると良いでしょう。シートを使わず、自分に関して思うことを書きなぐってみるのも面白いと思います。

他己分析は、自分の仕事ぶりを見てくれている同僚や先輩後輩に聞くのが一番いいですが、職場の人には聞きづらい場合もあるでしょう。そういった場合には友人や恋人・家族でもOKです。

転職エージェントを使って他己分析をしてもらうのも、アリですよ。僕は、転職エージェントを使って分析してもらいました。

そうやって自己分析と他己分析をして、自分の武器を見つけてください。

自分自身の中に眠る武器を手に取って、転職活動という戦いに勝利しましょう!