日興証券を辞めたい人が共感できるような退職理由や会社の不満点を、Vorkersキャリコネカイシャの評判という企業口コミサイトから集めてみました。すると、日興証券の退職理由は「ストレス」という答えが圧倒的に多かったんです。

じゃあそのストレス要因はどこにあるのか? 解消するにはどうしたらいいのか? をメインに、日興証券のよくある退職理由とそれを転職で解決するためのポイントを紹介したいと思います!

毎日のストレスから解放されたい

  • 損失を与えてしまうことは避けられない
  • 自分を可愛がってくれる顧客に「ためにならない」商品を売らないといけない
  • 職場の空気が悪い
  • 数字と年収とが噛み合っていない
  • 研修が短く知識がないまま支店に配属される

日興証券にはさまざまな人がいますが、退職者の多くが「毎日のストレスから解放されたい」という理由を挙げています。そのストレス要因をまとめた結果が、以上のとおりです。

まず、証券会社の仕事は顧客に損失を与えてしまうことは避けられません。そのときの相場環境にもよりますし、どんな商品も証券という投資商品である以上は利益が出ることも損失が出ることもありますからね。

ただ、損失が出たときに怒鳴られたり、人格否定されたりするのは辛いです。

逆に「君は悪くないんだ」と顧客に言われても、それはそれで罪悪感に胸をわしづかみにされます。

また、自分を可愛がってくれる顧客に「その人のためにならない」商品を売らないといけなくなるのも辛いですよね。会社の方針として「こういう商品を売ってください」と言われたり、ノルマのためだったり…。

そういうストレスがあるからか、職場の空気が悪くて、それもまた新たなストレスを生み出すという負の連鎖があります。

年収に関しては「日興証券は給料がいい」という話をよく聞くものの、中には「数字を出していないのに高い年収を得ている」ケースがあり、逆に「数字を出しても年次以外で昇給しない」というケースもあり、ストレスと不満の原因になっているとのことです。

また、証券会社の仕事は知識が無いと成り立ちませんよね。

それなのに、新人の研修は1か月程度しかなく、知識が無いまま支店に配属されてしまうのはとてもとても厳しいです。支店配属後にしっかりとした研修があるかと思いきや、そういうことは決してなく、やはり知識に乏しいまま戦力にされてしまう。

しかし、新人だろうと容赦なくノルマはあるわけで…。

以上のようなストレスから、日興証券を辞めたいという人はかなり多いでしょう。

じゃあそのストレス要因を転職で解消できれば、幸せになれるわけです。そこで、転職の指標となる「ストレス要因を解消できる会社の特徴」「仕事の種類」を紹介したいと思います。

ストレス要因を解消できる会社の特徴。

  • ノルマが少ない
  • 価値が一定の商品やサービスを提供できる
  • 雰囲気や価値観が自分と合う
  • 昇給・給料制度が明瞭
  • 研修が充実している

オススメな仕事。

  • 法人ルート営業
  • IT営業
  • 旅行代理店カウンターセールス
  • タクシードライバー
  • 各種サービス業
  • 企画・マーケティング職

法人ルート営業はノルマが比較的少なく、余裕をもって顧客と接することができます。既存顧客を相手にするため関係を自分のペースで構築しやすく、無理に商品を押し付ける必要もありません。

IT営業は顧客の要望をもとにシステムやITサービスを提案する仕事なので、近年証券会社に必要とされている「顧客本位」の仕事がしやすいです。

旅行代理店やタクシー・サービス業は、客がその商品やサービスを求めて利用します。その時々で価値が極端に変わることがなく、罪悪感が芽生えることもありません。

また、自分から価値ある商品やサービスを生み出す側の企画・マーケティング職にキャリアチェンジするのも、ストレス要因を解消するひとつの方法となるのではないでしょうか。

方針が合わない

昨今、各証券会社が「顧客本位」を目指しています。

そのため、日興証券も顧客本位を重視した経営方針を取るようになったものの、現場においては顧客本位のように取り繕っただけの「営業推進」となっている現状があるんですよね。ただ、現場の人間はそれを望んでいるわけではありません。

そういう営業の方針をとらないといけない状況があるわけです。たとえば、個人予算やそれに基づく評価制度などがその原因でしょう。

また、経営層が「ビジネスモデルを変えないといけない」と言う割には、現場の管理職に保守的な人間が多いというギャップがあります。ビジネスモデルに対してよりも、現在の商売の中で変革しようという意向もあり…。

支店で働く人たちは、経営層の方針と管理職の方針とのギャップに苦しめられ、理解できず、辛い想いをしているようです。

個人的に思うのは、「風通しのよさ」を重視して転職をすれば良いのではないかということ。

経営層の方針・管理職の方針と現場が合わないということは、「現場の意見をしっかり吸収できる上位層」であれば解消できることです。そう考えると、新人もベテランも管理職も関係なく意見できる雰囲気が必要になります。

そこで、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを利用して、「風通しの良い職場がいい」と告げることで今の苦しみを解消できる求人が得られますよ。

キャリアパスが見えない

「キャリアパスが明瞭ではない」という意見を、企業口コミサイトでよく目にします。原因となっているのは「経営方針と管理職の方針とのギャップ」や「保守的な方針による成長の阻害」などが挙げられるでしょう。

企業口コミサイトで日興証券の不満点を見ていて僕が総合的に感じたのが、「転勤を苦に感じない人」「リテールを延々飽きずに続けられる人」「とにかくお金が欲しい」人にはこの会社の仕事が向いているのではないかということです。

思考停止で働き続けられる人は、この会社で出世できると思います。管理職に保守的な人間が多いのは、そのためかもしれませんね。

逆に、「自分自身でキャリアを設計できる人」「向上心の高い人」にはあまり向いてない会社なのではないでしょうか。

自分が「向いてない」と感じたなら、とりあえず「もう一度キャリアを設計すること」と「自己分析」が大事だと思います。

そのために、転職エージェントを使うと良いでしょう。

転職エージェントに登録すると、キャリア支援のプロ「キャリアアドバイザー」が担当者に付きます。あなたの経験・スキル・性格・志向などから、今後どういうキャリアが考えられるのかを複数パターン提案してくれるんです。

自分自身でもしっかりキャリアプランを立てた後、キャリアアドバイザーの提案を踏まえて「もっとも自分に向いているキャリア」や「最も自分の意向に近いキャリア」を選ぶと良いのではないでしょうか。

そして、他のストレス要因を解消するために求人選びをすれば、あなたにとって最も良い転職先に出会えると思います。