接客業をしていると、色々なストレスを感じますよね。最近はSNSなんかで、接客業の悲哀の声がよく流れてきます。

それを見る度に、僕は接客業をしていた友人を思い出すんですよ。彼もまた、色々なことに悩んでいたうちの一人でしたから。

接客業の悩み、「自分だけ?」「自分が弱いから?」なんて思ってませんか?

いやいや、同じことで悩んでいる人は案外多いものです。仕事に悩みはつき物、人生にも悩みはつき物。

けれども、ストレスや悩みの種類というのは、そんなに多くはありません。だから、同じ悩みを抱えている人はこの世にたくさんいるんです。

みんなも悩んでいるんだ!

そう知ることで、少しは楽になるでしょう。

そこで、接客業についている人のよくあるストレス要因を、いくつか集めてみました。

これを見ながら転職に向けた考え方を突き詰めていきたいと思います。

ストレス要因1:お客様は、何様だ!?

「お客様は、神様です」というのは、最初は演歌歌手の三波春夫と漫談家の宮尾たか志の二人の対談で生まれた言葉なんですよね。

演歌歌手が歌を歌うとき、「神前で祈るかのように雑念を取り払い、心をさらにして臨む。だからお客様は神様だ」と三波春夫が語ったのが、本来の意味なんです。

それが今ではなんだ?

客が、店に対して「お客様は神様だ」と喚いている。

言葉だけが独り歩きして、変な解釈が広まった典型ですよね。お客様は神様というのは演者や店員など、サービスを提供する側の心構えであって、客が使って良い言葉ではないでしょうに。

接客業をしていると、そんな横暴な神様たちの攻撃に遭うわけですよ。

何かがあると「神様だから」と、店員は自分より下の存在なのだからと、威張って喚いて…。無茶を言って店員を困らせたり、店員を罵倒したり、店員に土下座させたり、接客業をしている人を人間と見ていない人が、いますよね。

接客業をしている人のよくある悩みとしてまず挙げなきゃいけないのは、こういう神様気取りの客の相手をしなくてはならないことでしょう。

立場があるからこちらは強く出られないし、どんなに無茶苦茶でも頭を下げなきゃいけないなんて…。

ストレスが溜まりますよね。

接客業のストレスや悩みは、自分の能力不足以外だと客に原因があるものばかりです。接客業の悩みを相談する人はみんな、「こんな嫌な客がいる」と言いますから。

神様は神様でも、疫病神じゃないか!

友人も疫病神なお客様に、とても困らされていました。

一人の、強烈な客がいたんです。昔からの常連さんらしく、友人が勤めるお店の店長との繋がりが深い人でした。友人が担当していた時間帯は、以前別の人が担当していたらしく、その客はその前の担当者がお気に入りだったんです。

もう、想像がつきましたか?

友人は、常連客の嫌がらせに遭いました。

「態度が気に入らないから謝罪しろ」「気が利かないね、前の担当は…」罵倒と、土下座の強要などが続いたそうです。

常連さんだから余計に強気に出られず、店長に相談しても「あの人がそんなことをするわけが」と信じてもらえなかったんですよ。

その後、テレビのように特にスカッとする展開はありませんでした。

本当に、怖いなあ…。

ストレス要因2:臨機応変

接客業にはマニュアルがありますが、人と関わる仕事なため臨機応変に対応しなければなりません。ただ、マニュアルと臨機応変な対応は時に矛盾します。

マニュアルを無視して、お客様には気持ちよく帰っていただけたとしても、上司に「マニュアルと違う」と怒られることもありますよね。

接客業においてマニュアルは絶対ではないのに、絶対のような風潮がありませんか?

どの程度臨機応変にすればいいのか、どの程度マニュアルを厳守すればいいのか、わからなくなりますよね。

それで、最終的には自分で考えて動くことが怖くなるんです。そうなったら最後、指示待ち人間のレッテルを貼られてしまう…。

この辺の折り合いがなかなかつけられず、ストレスを抱え込む人は多いですよ。

ストレス要因3:向いてない…

日本人は、何かと「察してよ」って言いますよね。

昔好きだったあの子も、「察してよ!」とよく言っていました。僕は「言葉にしないとわからない。エスパーじゃないんだから」と反論しましたが、その後フラれたことは言うまでもありませんね。

日本人は、言葉にせずともわかるだろうということを、美徳とする人が多いです。

京都の人が「お茶、おかわりいかがですか?」と言うと「はよ帰れ」という意味だとか聞きますが、それも「雰囲気で察してください」ということなんでしょう。

これは客が店員の気持ちを察してくれということですが、普通は逆ですよね。

接客業をしていると、客の気持ちや何を望んでいるのかを察しなければなりません。

そして、それを実行に移さないといけない。

それが出来ないと、これまた指示待ち人間のレッテルを貼られてしまいかねません。

ただ、「察したこと」という不確かな情報を元に行動するのって、勇気がいりますよね。間違っていたらどうしよう、逆に失礼だよね…なんて考えてしまって、不安で不安でしかたがありません。

その不安もあってとっさに動けない。そんな自分自身にストレスを感じる人は多いです。

察して動くということは接客業において必須スキルですから、これが苦手な人はそもそも向いていないんですよね。

声が小さいとか、人と目を見て話すのが怖いとかもよくある悩みですが、それも全部「向いていない」と言い換えることができます。

思えば、友人も接客業に向いていなかったんでしょうね。

え、僕ですか?

僕は営業をしていますが、接客業に向いているかと聞かれたら…自信ないなあ。

営業の仕事は「仕事だから」と割り切って半ばやせ我慢をして「向いている人間」を演じているところもありますから、根っこは接客には向いていないんでしょう。

接客業特有のストレス要因を克服できないなら転職したほうがいい

接客業のストレス要因を集めてみましたが、「客関係のストレス」と「能力や適正に関するストレス」にほとんど二分できますよね。

細かく語れば色々出てくるでしょうが、総合的に語れば僕が挙げた三つくらいのものでしょう。

ただ、この三つは能力がある人以外には全て、接客をしている内はずっと付きまとってくるものです。

悩みは大別して三つくらいしかないと言いましたが、その中にはとても細かいストレス要因がいくつも集合していることでしょう。

接客業でイライラして、その衝動に任せて自分の体を傷つけてしまうという人もいます。それだけ、追い詰められがちな仕事なんですよ。

だから、この三つのストレス要因はなかなか克服できるものではありません。このストレス要因が消えないなら、どうすればいいんでしょうか。

あなたが追い詰められていて、どうしても接客業が続けられないなら、転職しましょう。

接客業からの転職についてここでは詳しく語りませんが、以前語ったことがあります。

接客業を辞めたいんだけど、転職先はどこがいい?
接客業をしている人を、僕は尊敬しています。 本当にすごいですよね。お客さんに対して笑顔 […]

理不尽な客に、矛盾だらけの仕事に、能力不足…。それらに付きまとわれながら苦しんで仕事をするより、転職をして悩みを解決して少しでも楽しく仕事をしましょう。

働いている時間って、人生の中でかなり長いんだから。

仕事で苦しむことは、人生で苦しむこと。理不尽なことで、苦しめられる必要はない!