接客業を辞めたい? それなら事務がオススメだよ!

そういう話を、何度か耳にしたことがある人、目にしたことがある人は多いと思います。実際、僕も以前このブログで「接客業から事務への転職は王道パターン」だと語ったことがありますしね。

そんなに言われているということは、接客業から事務に転職したらそれだけ良いことがあるということです。

接客業を辞めたいという人の悩みは、事務職で解決する!

営業事務・経理事務・一般事務と色々あるけれど、色々あるからこそオススメなんだ! ということを解説しつつ、求人選びの注意点などを紹介していきたいと思います。

客からのクレームなどから解放される!

接客業の悩みとして一番に挙げられることが多いのが、客からのクレームですよねえ。いい客もいるんだけど、どうしても嫌な客もいるものですから。嫌な客の相手をするのは疲れるし、理不尽なことを言われて腹が立つやら憎らしいやら情けないやら複雑な気持ちになります。

クレーマーは人間の屑だ、気にすることはないと割り切れたら楽かもしれないけど…。

人間関係を割り切るということは難しく、また、割り切ってしまえば大切な何かが失われるのではないかという危機感もありますよねえ。

そういう、客がらみのストレスから解放されるというのが、事務に転職する一番のメリットだと思います。事務職も職場によっては来客対応があるため、客の相手をすることが全くないとは言い切れませんが、接客業よりも頻度は圧倒的に少ないです。

また、来客対応なんてほとんどないという職場もありますから。

サビ残から解放される

事務職は、残業自体が少ないです。だから、わざわざ残業代を出さないというリスクを負うメリットがありません。残業をしたら残業代が出るわけで、頻度も少ないから「たまになら残業してもいいかな」という気持ちにさせてくれます。

接客業は、残業多いですよね。

しかも、サービス残業が横行しているという話をネット上でよく目にします。僕が普段行くお店で働いているあの人も、その人もサービス残業をしているのかもしれません。サビ残って、なんのために働いているのかわからなくなりますよね。本当辛い…。

事務職は、そのストレスから解放されます。

生活が規則的になる

接客業は、業種にもよりますが、シフト制が多いですよね。だから、生活がどうしても不規則になりがちです。特に飲食なんかは、営業時間が長くて昼に働いたり夜に働いたり大変だと思います。

そういう、不規則な生活をしていた接客業経験者が、事務に転職すると生活が規則的になって嬉しいという話をよく聞くんですよ。

生活が不規則になると、自律神経が乱れて寝付けなくなったり、体が常にだるくなったり色々なデメリットがあります。なんとなく常にだるい感じがするなあという人は、多いんじゃないでしょうか。

事務は、基本的に定時で帰れます。

土日休みで、休日出勤なんてほとんどありません。休日に事務を呼び出さないといけない状況なんて、なかなか無いですからねえ。事務の仕事は社内で完結することがほとんどだから、休日出勤するほどの緊急性はありません。

だから、生活はとても規則的になります。

同じ時間に寝て、同じ時間に起きて、同じ時間に会社を出る毎日は、何物にも変えがたい幸せですよ。ブラック企業で不規則な時間に生活をしていた僕が言うんだから、間違いありません。

接客業から事務への転職で活かせる経験やスキルはある?

接客業と言っても色々ありますが、事務に活かせるところはありますよ。

たとえば、小売店に勤めていた人なら売り上げデータをまとめたり、売れ筋商品に関する資料やPOPを作った経験がある人が多いと思います。データをまとめること、資料を作成することの二つは事務の基本業務だから、その経験は面接などでアピールできるでしょう。

また、職場によっては、事務が来客対応をすることもあります。とはいえ、別の部署に取り次いだりする程度ですが、コミュニケーション能力は活かせるでしょうね。

接客業を経験したという自分の現在を、少しでもプラスに捉えていれば面接に役立ちます。面接で一番ダメなのは、自分の経験を悲観的に考えることです。理屈や論理よりも、あなたが「接客業の経験は事務に役立つ」ということを自覚し、それを熱心にアピールすることが何より重要だと思いますよ。

不安なら、少しでも勉強しておこう

事務には特別な資格は不要ですが、最低限度のPCの知識は必要です。一般事務なら、ワードとエクセルは問題なく扱えないといけません。

どの程度扱えればいいのかは職場にもよりますが、ワードなら表やグラフの挿入などは出来ないと話にならないでしょう。エクセルなら、グラフの作成やSUMなどの最低限の関数の知識は必要です。

事務に転職する前に、一度自分のPCスキルを確認しておきましょう。

どうしても不安なら、MOS(マイクロソフトオフィス・スペシャリスト)の資格を取ると良いと思います。これは、ワード・エクセル・パワーポイントというビジネスに必要なソフトをしっかり実用レベルまで扱えるという証明になりますからね。

また、経理事務なら簿記2級以上は必要になります。

一般事務ならPCスキル、経理事務ならそれに加えて簿記の知識と、どの事務職を選ぶかによってハードルの高さは違いますから。ちなみに、専門船が高い事務職になればなるほど給料は高くなる傾向があります。

未経験は転職エージェントを使った方がいい

事務の求人は、比較的未経験者もOKという求人が多いです。とはいえ、経験者を優遇しているところが多いのもまた事実。

もしも、未経験者のあなたと経験者の誰かが同じタイミングで応募した場合、経験者が取られてしまう可能性が高いですよね。

少しでも通過率を上げるために、対策をしないといけません。

その対策になるのが、転職エージェントです。

転職エージェントを使うとどうして選考の対策になるか? 未経験からの効果的なアプローチ方法を、転職支援のプロに教えてもらえるから。それに、個人がいきなり応募するよりも、転職エージェントが仲介して「人材を紹介」する形をとる方が企業側も安心してあなたを採用できますからねえ。

だから、転職エージェントを使うと接客業から事務に転職するハードルが大幅に下がりますよ。

元々、事務は未経験から転職しやすい仕事だと言われています。一般事務か、経理事務か、営業事務か…どの仕事に転職するか、あなたのスキルがどの程度のものかにもよりますが、あまり憶する必要はないでしょう。

恐れることはありません。

辞めたいと思っている仕事を続けるよりは、辞めて事務職に転職したほうが後悔はしないでしょう。