「残業代が出ないような会社、辞めてやる!!」

残業をしたら残業代が支払われるのが当たり前なのに、支払わないのが当たり前のような会社が多いですよね。そんな会社は違法なので辞めてしまって問題ないと思いますが、「残業代が出なかったため辞めました」というのは退職理由としてどうなのかという疑問が頭に浮かぶでしょう。

結論を先に伝えます。

残業代が出ないという理由は、退職理由として特に問題があるものではないんです!

だって…残業代が出ないのは違法の可能性が高いから。

そもそも! 違法じゃないのか?

サービス残業に関しては雇い主と労働者の雇用関係や契約によって違法かどうかが変わりますが、違法な可能性が高いです。最初にも述べたように「残業をしたら残業代を払うのが当たり前」ですからね。お金という対価があるからこそ、僕たちは時に文句を言いながらも働くわけです。

対価をよこさない会社に自分自身の貴重な時間や体力を使うなんて、バカバカしいですよ。

違法かどうかは関係ありません。残業代も払わないような会社に、自分の時間をタダで浪費して尽くしてあげるような義理はどこにもないんです。お金も大事だけど、それよりも時間の方が何倍も価値があるんだから。

だから「退職理由としてどうなの?」とか余計なことは考えずに、辞めるか徹底抗戦するかのどちらかの選択肢をとるべきです。徹底抗戦するとなると社内に仲間を募って会社に対して何かしらの訴えをしなければならなくて大変なので、僕は辞めることをオススメします。

違法労働がまかり通っていた場合は素直なのもアリ

サービス残業が当たり前という違法労働がまかり通っていたような会社である場合、それを転職先に素直に伝えるのもアリです。面接中にネガティブな発言をするのは控えるべきなんですが、違法労働である場合は話が少しだけ違ってきます。

たとえば「残業が多い」という理由だと、相手は「残業してくれなさそうだな」と不安を抱くでしょう。

ただ、「残業代が出ない」という理由で「サービス残業してくれないのか…」と不安を抱くことはありません。企業が転職者に求めているのは、自分の会社によって有益な人材です。面接でネガティブ発言をするのは控えた方が良いのは、相手に自分を有益な人材と思わせるためですよね。

企業だって違法労働させたいわけじゃないでしょう。

もちろん! サービス残業して欲しいと思っている企業もいます。

しかし、そんな会社はこちらから願い下げですよね。そういう会社を面接で選別できるので、残業代が出なかったためと素直にカミングアウトするのはアリなんです。女子高生風に言うと「アリ寄りのアリ」。

ただ、残業代が出なかった事実を伝えるだけじゃなくて、もう一工夫あると「アリ寄りの」ではなく完全な「有り」になりますよ。

事実を伝えながらアピールする

残業代が出なかったという事実を伝えながら、自分が有益な人材であることをアピールしましょう。それが、必要な「もう一工夫」です。

「残業代が出なかった」という事実をどう受け止め、どう乗り越えようとしたのかを伝えることによって、それをアピールすることができます。たとえば「生産性向上を試みた」「業務の効率化の案を考えて、上司に提案した」などですね。

残業代が出なかったという転職理由はそのままですが、それを乗り越えようと試みた経験を話すだけで相手は前向きな印象を持ってくれます。僕はネガティブな理由をポジティブに変えて話すことが大事と語ることが多いですが、この方法だと無理に変換しなくても良いわけです。

「残業代が出ない」というのは、ポジティブに変換しづらいですからね。

どうしても転職理由を偽ることになってしまいます。ただ、ポジティブ変換ならまだしも完全に理由を偽ると面接官にバレる可能性が高いです。人事の人は面接に関しては百戦錬磨、自分より常に一枚以上上手ですから。

だから、「残業代が出なかった」という事実を転職理由として話しながら、自分がそれにどう立ち向かったのかを話すことがとても大事になるわけです。

企業が重視するのは「行動」と「今後」

企業が面接で退職理由を聞く本当の理由は、転職者がどのような人材であるかを見るためです。自分の退職理由を正しく分析できているかどうかということから「分析力」を見て、それに対して何かアクションをしたのかということから「問題解決能力」や「積極性」などを見ています。

企業が重視するのは、理由そのものよりもそれに対する「行動」なんです。

だから「残業代が出なかったため」という退職理由を伝えることは、何も悪くありません。自分に非があることではないですから。ただ、それに立ち向かっていったという行動をとることは大事です。

今「まだ何も行動してないな」と思った人は、辞める前に残業代が出ない会社に立ち向かってみましょう。

そういう前向きな姿勢から、企業はあなたの「今後」を見出してくれます。「問題解決のために動くことが出来る積極性の高い人材だから、今度うちの会社で働けば成長が期待できるだろう」と…ね。

そして「退職理由」なんて気にならなくなるくらいのアピールをすれば、転職も成功するでしょう。面接で一番大事なのは適切なアピールが出来る能力ですからね。ポジティブ変換できない理由なら、素直に話してアピール力でカバーすることで転職を成功に導くことができますよ。

残業代が出ない会社から離れて、残業代がしっかり支給される職場で働くことができる。残業代が出ればモチベーションも上がり、今よりもっと生産性の高い仕事ができるはずです。お金にも時間にも余裕が生まれて、私生活にまで潤いが生まれると思いますよ。

僕がそうですから。

サービス残業ばかりのブラック企業に勤めていたときは、お金と時間両方に全く余裕がなくて趣味もできず、何も楽しくありませんでした。心も若干荒みかけていたような気がします。楽しい旅行と素敵なバーに出会い、転職を決意してからは少し毎日が楽しくなりました。

「僕はこの会社や自分自身と戦って、自分の未来を掴むんだ!」と張り切ってたんですねえ。

転職してからはもっと楽しく、今はすっかり心身共に落ち着いています。もちろん懐も落ち着きました。

だから!

今こそ闘いのとき、ですよ!