接客業を辞めたい!クレームとかほんまマジちくしょう!!

接客は、対人関係だから不確定要素も多いし、客から心の無い言葉を言われたりして疲れますよね。「お客様名は神様だと? 戯言だ!」と、逆に客に文句を言いたくなるようなこともあるでしょう。たまらず、SNSに客の愚痴を書き込む人も多いです。

そんな風に接客業を辞めたいと思うのなら、接客業から製造業に転職なんていいかもしれません。

今回は、製造業に転職する具体的なメリットや、接客業から製造業への転職成功率を上げるための予備知識などを紹介したいと思います。

客に監視されているという感覚からの脱却

接客業は、常に客に見られているという感覚がありますよね。接客のフィールドに出ていれば、そこはもう戦場。客の視線からは逃れられず、常に客に見られている意識を持って気を張らないといけません。接客を長年続けると感覚が微妙に麻痺してくるかもしれませんが、冷静に考えて「常に誰かに監視されている感覚」というのは、異常ですよね。

製造業に転職すると、そういう感覚から逃げられます。

これは、製造業に限った話ではないかもしれませんけどね。

勤務時間・休憩がしっかり管理されている

接客をしていると、接客途中だから決められた休憩時間になっても休憩に入れないということがありますよね。休憩中もヘルプに呼ばれることもあるし、残業も結構たくさんあって、勤務時間と休憩との境目が曖昧です。

だけど、製造業は始業から終業までの勤務時間が徹底的に管理されています。休憩時間とかお昼休憩とかも決められた時間にしっかり取れるし、休憩中に呼ばれるなんていうこともほとんどありません。

特に、工場においてはそれが顕著です。

だって、休憩時間を曖昧にして集中力が落ちて事故ったら目も当てられないじゃないですか。効率よく大量に生産数を確保するために、時間の管理は製造業においては基本中の基本なんです。

給料アップの可能性大

製造業は、給料が安いという印象があるかもしれません。

実際は、接客業と比較すると給料はいい方ですよ。未経験からだとしても月給30万円を超える求人も珍しくないし、少なくとも20万円を下回るなんていうようなことはありません。接客業から製造業へ転職したなら、給料アップの可能性がとても大きいです。

これも、接客業を辞めたいという人が製造業に転職するメリットのひとつと言えます。

なんだかんだと言っても、金は大事だから。

未経験から転職しやすい

製造業は、全体的に未経験から転職しやすい傾向があります。

製造業は効率化が命、生産性を上げることが正義の業界です。仕事内容がマニュアル化されていることが多いため、簡単な仕事からマニュアルに沿って仕事を覚えていくことで確実に仕事を覚えることができます。

また、そうやって教育していくことを前提としているため、未経験歓迎の求人がとても多いんですよ。

だから、挑戦したいと思うなら憶する必要はありません。

危険なのでは? という危惧について

製造業全般において危険性があるわけではないものの、工場の生産工程に勤める場合は危険が付き物です。調子乗ってやってるとバチがあたるし、よそ見してるその時に事故は起きるものさ。

だけど、気を付けてさえいれば事故にあうことなんてありません。

それに、事故の危険性があるなんて日常生活も同じじゃないですか。車を運転する人、横断歩道を渡る人みんなに命の危険が付きまとっています。だけど、僕たちはその危険性を自覚して注意をすることで事故にあうことはなかなかありません。

また、命の危険性があるようなことは昔に比べたら少ないですよ。

生産ラインの安全化が昔よりしっかりしていますから。

危険があるのは製造業に限った話じゃないし、特に気にすることはありません。

自分に合う職種を見つけよう

製造業と言っても、そこには色々な職種があります。

たとえば、実際に工場で製造をする仕事がありますよね。溶接技師・機械のオペレーター・ライン工などなど、製造部門の中にも「何を作るか」によって色々な仕事があるわけです。溶接や機械の扱いには資格が必要な場合があります。

他には、軽作業系と呼ばれる「外観チェック」「ラベル貼り」などもありますね。

さらに、生産管理という製品・材料を管理してスムーズに制作と出荷を行えるようにする仕事もある。製品の品質をしっかりチェックする品質管理も、製造業の仕事として良く挙げられるものです。

また、製造に直接関わらない仕事もたくさんあります。

必要な時に必要な材料を必要なだけ手配する購買部もあるし、当然のように事務などの仕事もあるわけです。製造業のどんな仕事に転職するかによって、あなたの今後の人生が変わります。

「製造業」という大きなくくりだけでなく、その中のどの職種を選ぶのかも、しっかりと考えた方が良いでしょう。

求人選びが一番大事!

製造業は転職のハードルが比較的低い仕事です。求人はたくさんあるし、応募して採用される確率が高い。だから、安直に求人を選んでしまって損をする人が結構いるように、ネットを見ていると感じられます。

接客業から製造業へ転職したいなら、求人選びに気を付けましょう。

一番手っ取り早いのが、転職エージェントに登録して非公開求人を吟味することです。

求人サイトに一般公開されている求人より条件がいいものが多いし、あまり変な会社の求人はありません。いい求人だからこそ、ホイホイ公開しないで秘蔵っ子として寝かしているわけだから。

また、転職エージェントに登録すると転職に関する相談相手になるし、内定後には条件交渉をしてもらうこともできます。転職をするときに、心強い味方が出来ると考えただけでも転職エージェントを使うメリットはあるわけです。

今すぐにでも接客業を辞めたい!

そういう気持ちはわかりますし、製造業ならスピード転職もできるでしょう。

だけど、安直な転職だけは避けてください。門戸が広い製造業という業界だからこそ、少しでも慎重に求人を選んで、確実に自分の人生を好転させられる職場に転職することが大切です。

まずは、どんな職種がいいかを考えたり、転職エージェントに登録したりすることから始めましょう!