今やIT技術は世界に定着し、無くてはならないものになりました。

でも、その割に日本ではIT関係の仕事に就きたいという人が多いわけではなく、離職する人も多い。

だから、求人が多いんです。しかも、未経験可能なものが多い。

つまり、ニートがITに就職することはとても現実的と言えます。

そこで、ニートからIT業界に就職するために知っておくべき全知識を、紹介しましょう。

まずはIT業界の職種を知ろう!

1.エンジニア・プログラマー系

  • プログラマー
  • SE(システムエンジニア)
  • ネットワークエンジニア
  • Webエンジニア
  • 組み込みシステムエンジニア

プログラマーは一番イメージしやすいと思います。実際には何をしているのかというと、イメージ通りに「ソフトウェア開発のためにプログラムを行う」ということ。年収は200万円から1000万円までピンキリですが、ボリュームゾーンは400万円前後。

SEは、開発するための仕様書や設計書などを作る仕事です。ただ、SEの仕事がどこからどこまでを範囲とするのかは、企業や案件によって異なることが多いので注意が必要。

年収は400~500万円あたりが平均ですが、経験豊富なSEは年収700万円以上を安定して得ている人が多いです。

そして、ネットワークエンジニアはPCが接続しているネットワークの構築から保守運用までを行う仕事。企業の活動を根底から支える役割ということですね。年収は450万円前後が平均的。

ここまでは主にソフトウェア開発に関わる仕事でしたが、ここからは少し違います。

Webエンジニアは名前の通り、Webアプリケーションの開発を行う仕事です。Webサイトを作るのがWebデザイナーなら、Webエンジニアはその中で使うさまざまなシステム・機能を作る仕事ということになりますね。

年収は450~500万円前後。

また、組み込みシステムエンジニアはハードウェアを動かすためのシステムを作る仕事です。PC・家電・カーナビなどなど、メーカーによってさまざまな商品のシステムを作ることになります。

年収は500~700万円です。

他の職種よりも若干高めの水準になっているのは、使う言語が難しいのが主な理由でしょうね。

以上プログラマー・エンジニア系の中から、ニートが就職しやすい仕事を挙げるとしたら…。

使用する言語の幅の広さと難易度の低さや求人の豊富さからして、プログラマー・SE・Webエンジニアです。

2.営業

IT業界の営業は、クライアントの元に出向いて、クライアントが抱えている問題を聞き取り、それを解決するために自社で開発可能なソフトウェアなどを提案するのが主な仕事です。

そういう特性上、飛び込み営業が少ない傾向があり、営業手法的にはニート上がりの人にとってもハードルが低いと言えるでしょう。

ただ、ヒアリング能力や提案力などが求められるため、人と話す機会が少ないタイプの消極的なニートや引きこもりにとっては、ハードルが高めです。

そして、技術を売るという特性上、自社の技術スタッフと相談することも多いんですよ。

そういう意味でもハードルが高いものの、一度IT営業を経験すると、他業界の営業職に転職したときにかなり役に立つ経験が得られます。キャリアの幅が広がるという意味では、ニート向きかもしれません。

また、年収は500万円以上という会社が結構多く、比較的稼ぎやすい営業職と言えるでしょうか。

その分、爆発的に稼ぐのは難しいですけどね。

ニートというバットステータスを相殺するために、資格取得も考えよう

ITエンジニアにも営業にも役に立つ資格と言えば、基本情報技術者とITパスポートです。

基本情報技術者というのは、IT業界の基礎知識を得るための資格です。取得しておけば、ニートからIT業界への就職に「有利になる」とまでは言いませんが、ニートという不利なステータスを相殺するくらいの力は得られます。

これがあるとエンジニアとしての適性を示せますからね。

難易度はかなり低めで、受験資格もなく、受験料も5,700円とかなり安いです。

就職に不安なら取得しておきましょう。

そしてITパスポートですが、これは基本情報技術者の下位資格です。

本当にIT業界の入門レベルの知識を養うための資格で、エンジニアを目指すには不十分。営業を目指すのであれば、ITパスポートでも十分ニートという不利なステータスを相殺する力を持っています。

難易度は超低いので、「とりあえず取っておくか」くらいの軽い気持ちで取得しておきましょう。

また、SNSで「未経験(ニート)からIT企業に行けたよ!」と自慢げに語る人は、TOEICスコアが高い傾向があります。

エンジニアにとって大事なのは問題解決力。

IT技術の本場はやはりアメリカなので、英語でしか書かれていない技術情報が多く、問題が起きたとき日本語で探すだけでは解決方法が見つからないことがあるんです。

原文のまま読んで理解できるということは、問題解決力が高いということであり、ITエンジニアに対する適性が高いということでもあります。

今からハイスコアを目指す必要はないものの、大学時代にTOEIC800点以上を取得していた人などはそれをアピールしましょう。

ニートからIT業界に就職するための最短ルートを探ろう

1.スクールを経由して就職する

スクールでプログラマー・エンジニアとしての技術を身につけて、実際にスクールで開発作業を行ってから就職すると、圧倒的に採用率が高くなるんです。

IT業界で最も重視されているのは、開発経験の有無。

未経験可能という求人だとしても、「実務経験はなくて良いけど、スクールや個人での開発経験は欲しいなあ」と考えている企業がたくさんあります。

正直に開発経験も無しで闇雲に求人に応募しても、かなりたくさん落とされてしまう可能性があるんです。

ニートにとって、それは挫折の要因になってしまうかもしれない。

2件3件ならいいけど、10件以上落ちるなんてザラですからねえ。スクールでは同じクラスで実際に開発を行うところが多いので、そういうところで開発経験を積んでから就職活動をしましょう。

2.契約社員からスタートする

契約社員だと、開発経験が無くても技術があればOKということが多いです。

完全未経験のニートにとっては、契約社員から始めるのがかなりの近道になるでしょう。

あまり落とされることもなく挫折の心配もないし、スッと業界に入れて、実務経験が得られるわけです。そうして契約期間が終了する頃には「実務経験も開発経験もあり」になるわけだから、契約続行せずに正社員として再転職すれば正社員としてしっかりとした待遇を得られるようになりますよ。

一見遠回りのようだけど、スクールよりも独学で技術を得たいという引きこもり体質な人にとっては、一番の近道です。

3.研修が充実している会社に就職する

IT企業の中には、人手不足のために開発経験すらも不問としているところもあります。

とは言え開発経験を求める会社が多いので、やはり落とされまくる可能性が高い。

ただ、開発経験すら不問とする会社を探すための「指標」があります。

それは「研修が充実している会社」という前提条件のもと、「求人でそれをアピールしている」会社です。

研修が充実しているという条件だけだと判断できないんですが、求人でそれをアピールするということは「研修を必要とする人をターゲットにして求人を出している」ということと判断できるんですよ。

それはつまり、開発経験すらも無いような完全未経験の人だったり、技術未収得の人だったり…。

開発経験が無い人や技術未収得の人にとっては、これが一番の近道になると思います。しかも、職場の人に教えてもらうことで独学よりもより深く技術が身につくでしょうしね。

また、営業を目指す人にとっても研修の充実度は大事です。

特にニート上がりだとビジネスマナーから学ばないといけませんし、その上IT業界の知識を学ぶ必要があるので結構長めの研修期間が必要になります。それを蔑ろにする会社に就職しても、挫折してしまうでしょう。

以上、ここまで語ってきた内容をまとめると、近道は次の三通りになります。

  • 技術未収得から早く仕事がしたいなら「研修の充実度」を重視する
  • 技術を習得して自信をつけてから確実に就職したいならスクール経由
  • 独学で技術を習得して「とにかく仕事がしたい」というなら契約社員

ニートが知るべきIT企業の求人の注意点

1.裁量労働制に注意

IT営業は取引先と自社技術職たちとの間を行ったり来たりすることが多く、労働時間を管理するのが難しいです。そのためか、裁量労働制を採用する会社がたくさんあります。

ただ、IT営業で裁量労働制を採用している会社は残業代のごまかしを目的としていることが多いんです。裁量労働制を採用し、それを求人でプッシュしている会社は残業が多い割に残業代は一部しか出ない可能性が高いと、警戒しておきましょう。

2.インセンティブに注意

IT営業には成績に応じてインセンティブを与える会社があります。

これは基本給を低くしてあることが多いという点に注意が必要。ニート上がりがいきなりインセンティブが得られるほど活躍するのは難しく、基本給が低いことでモチベーションが下がる可能性が高いです。

それよりも、成績に応じて昇給ペースが変わる会社を選びましょう。

能力向上とともに年収も上がるため、未経験のニート上がりにとってはこっちのほうがモチベーションを保ちやすいと思います。

3.注意すべき求人の文言をまとめて紹介!

  • できる方にはどんどん仕事をお任せしています
  • 若い社員が活躍する職場です
  • 和気あいあい、アットホーム、仲がいい
  • 給料保証

できる方にはどんどん仕事をお任せしていますというのは、研修が不十分で未経験だろうといきなり実戦をさせられる会社によくある文言です。そして、業務があまりマニュアル化されていない会社にもありがちですね。

そして、若い社員が活躍する職場は一見良い感じですが、「離職率が高い」「管理職が育たない」会社であり、ブラック企業か将来性が低い企業かのどちらかという可能性が高いので注意が必要です。

また、和気あいあいとか仲良しな雰囲気をプッシュしている求人は、「社内に独特な雰囲気とノリ」があることが多い。たとえば宗教的なノリだったり、体育会系ノリだったりですね。

元IT経験者としては、前者が多い印象があります。

あとは、給料〇〇万円保証という文言も結構見かけるんだけど、これは相場より高めの給料を提示して人を釣る求人です。実際に内訳を見ると基本給が低く、インセンティブの割合が高い傾向があります。

(ノルマを達成すれば)給料〇〇万円保証の間違いです。

以上に気を付けて、ニートからのIT業界への就職で失敗しないように求人を選びましょう!