圧倒的無気力!

仕事のやる気が出ない…。辞めたいと思うこともしばしば。そういう悩みを抱える人は、結構多いです。

仕事のモチベーションには、誰しも波がありますからね。「とことんやってやるぜ!」と燃えているときもあれば、「もう嫌だ辞めたい、何もしたくない」と思うときもあるわけです。

ただ、あまりに「やる気が出ない状態が長い」もしくは「やる気が出ない状態が深刻」な場合は危険信号かもしれません。

そこで、「仕事のやる気が出ない状態」を20代という年齢も踏まえて、僕なりに考察してみました。

20代が仕事のやる気を失う理由を考察してみた

人の身体的欲求と精神的欲求を満たす概念に、マズローの欲求段階というものがあります。この欲求段階には5段階あって、1番から5番に近づくにつれて欲求を満たす難易度が上がるんですよ。

1番目は「食べる・寝る」といった生理欲求、2番目は「身の安全や経済的安定」といった安全欲求。日本に住んでいる時点で、1番目の欲求はほとんどの人が満たしています。2番目の「身の安全」は満たしているけど、経済的安定はどうだろう。

微妙ですね。

3番目は「コミュニティに属していたい、仲間が欲しい」という社会的欲求で、4番目は自身を認めて欲しいという承認欲求。一番上の5番目は「理想の自分でいたい」という、自己実現欲求です。

以上五つの欲求全てが満たされてこそ、人は満足感を持って生きられるというわけですよ。20代はこの途中である人が多いから、満足感が薄いと考えられます。

特に承認欲求と自己実現欲が欠けているのではないでしょうか。

それが、20代がやる気を失う理由!!

「認められたい」「こういう自分でありたい」という欲求は、多くの人の原動力になっています。特に仕事をするときには「自分の仕事ぶりを上司に認めて欲しい」とか、「たくさん稼ぎたい」「昇進したい」とか思うものですよね。

それが満たされないうちは、不安や焦りが募ります。

また、満たされるかどうかもわかりません。それがどれだけ先のことなのかもわからないわけです。

だから、やる気がなくなることが多いんですよ。目標が霧に包まれている状態だから、どうやって手を伸ばせばいいかわからず手を伸ばす気力が失せるわけです。

危険な状態とは?

欲求不満からやる気を失うのは、誰にもあることです。それ自体は健全なことだと思うから、何も危険なことはありません。ただ、普通はその後に立ち直れるものなんですよ。最初に「仕事のモチベーションには波がある」と述べました。

一度、底の底まで下がりきったら、次は上がるしかないですからね。自分があるべき姿に到達するまでは、上がっては下がり下がっては上がりを繰り返すものです。それが正常な精神状態だと思います。

ただ、たまに下がったままな人がいるんです。

これは危険な状態。

下がったままの状態が続くと、うつ病になりかねませんから。

うつ病になる「やる気の失い方」

危険な状態にある人は、僕が思うに「自分の理想」とあまりに遠すぎるんじゃないでしょうか。

たとえば「ブラック企業で働いている人」がそうです。望んでブラック企業で働く人は、なかなかいません。本当は「たくさん給料を貰い、同僚や上司と切磋琢磨し合いながら楽しく働きたい」と思うものの、ブラック企業に就職してしまったという人が多い。

それは、自分の理想の対極にある状態です。

その状態を続けている限り、承認欲求と自己実現欲求が満たされることはありません。

永遠に満たされない欲求を求め続けるあまり、やる気を失っているんです。それが、僕が思う「うつ病になるタイプのやる気の失い方」。自分の理想と遠すぎるという自覚がある人、今の仕事環境が酷いという自覚がある人は環境を変えないとヤバイですよ。

転職しよう

「うつ病になるタイプのやる気の失い方」に、少しでも思うところがあったのなら転職することを僕はオススメします。

人間が根源的に求める欲求が満たされることがあり得ない場所にいては、人は絶望してしまいますからね。絶望することなく希望を持って働き、モチベーションの波を受け入れながら頑張るには「自分にとって良い環境」でないといけません。

そのために今すぐできることは、転職活動でしょう。

まず、自分自身が仕事や職場に何を求めているのかを考えてみてください。多少忙しくてもいいから稼ぎたいとか、給料はそれなりでいいから残業したくないとか…。自分が思う理想を想像するんです。

その理想を完全に叶えることは、20代の今は難しいかもしれません。

ただ、その理想に近い仕事や職場を探すことはできます。

希望条件さえわかっていれば、転職エージェントを利用することで希望条件に沿った求人をたくさん手に入れられる。転職エージェントを使うなら、希望条件の洗い出し自体を手伝ってもらうこともできる。面接アドバイスも受けられるから、選考通過率も上がるでしょう。

とにかく!

自分が「こうありたい」という姿を思い描き、その理想を実現できる職場を今すぐに探すんです。

そこでもやる気が出ない状態になることもあるかもしれません。ただ、それは道半ばだからです。自分にとって良い環境でやる気を失うことは健全なこと。その後には必ずまた「やる気」が沸き上がってきます。

やる気が出ない状態があまりに長引くのなら、あなたは無意識に絶望と諦めの渦中にいるんです。絶望と諦めから抜け出して、希望の明日を目指して進みましょう。