転職したいのに、勤労意欲はあるのに…採用が、採用が、採用が決まらないー!!

20代のうちから「採用が決まらない」なんていうことがあるのかと、転職する前は思っていたことでしょう。実際、20代は簡単に転職出来ると書くサイトが多いですからね。僕も似たようなことを書いています。

だけど、実際に転職活動を始めてみたらなかなか仕事が決まらないということもあるんです。

20代で採用が決まらないのはどうして? どうしたらいいの?

そんな疑問に、転職経験者の僕が答えたいと思います。

求人に対してこだわりが強すぎる

近年20代の会社を見る目が肥えていると言われています。ブラック企業という言葉が生まれ、給料と残業と休日の三つに関する考え方が研ぎ澄まされてきたんでしょう。それ自体はとてもいいことだと思います。

ただ、研ぎ澄まされるあまり、転職する際に求人の条件にこだわりすぎる人がいるんです。

残業が少なく休日が多く、それでいて給料が多い…。理想形にこだわるわけですよ。確かにそれが理想なんだけど、20代からそれを実現するのは本当に難しいです。残業時間が短くて休日が多い職場では当然給料も少し低めになるし、給料が多ければ残業が多くなる。

こだわると、どうしても仕事が決まりません。

20代は経験もスキルもまだまだ未熟です。給料を取るか、プライベートの時間を取るのか優先事項をどちらかに絞りましょう。

アピール方法を間違えている

企業は、採用活動を行うときに必ず「求める人物像」を明確にします。どれだけ自己アピールを頑張ったとしても、その人物像にマッチしていなければ採用は決まりません。これは20代だからとか30代だからとか、年代関係なく考えないといけないことです。

自己アピールに手応えがあったのに採用が決まらないという人は、十中八九アピール方法を間違えている!

転職活動で行う自己アピールは、「自分がこれを話したい」ということを話すのではなく、「企業がこれを聞きたい」ということを話すのが大事。企業がどんな話を求めているかを知るために、企業の分析は徹底的に行わないといけません。

自分の都合や思惑だけを考えてはいけないのは、社会人生活全般に言えることですよね。相手の思惑を考えて行動することは、大人の条件とも言うのかもしれません。

退職理由がネガティブ

仕事を辞める理由なんて、大体ネガティブなもんですよ。残業が多いとかブラック企業だとか、給料が低すぎるとか…。ただ、ネガティブな理由をそのまま話していてはダメです。人はネガティブな話より、ポジティブな話の方が好感を持ちます。当たり前のことですよね。

だから、本心はネガティブそのものだとしても、上辺だけはポジティブに話さないといけません。

本音と建て前というやつです!

残業が多くて嫌になったということなら、生産性の高い職場で効果的に成果を上げていきたいというほうが好印象ですよね。そういう感じで、ネガティブな退職理由をポジティブ変換してやりましょう!

目指せ、ポジティブモンスター!

次もアカンかもなあ、という考え

採用がなかなか決まらないと、「次もダメかもしれない」「アカンやろなあ」と思うようになります。それは仕方のないことだとは思いますが、その考え自体が採用から遠ざけているかもしれませんよ。

人間「ダメかもしれない」と思いながら行動をすると、本当にダメになるんです。どうしてかって? 最初から「ダメかもしれない」と予防線を張って、「100%の努力」をしないからですよ。

ダメだったら「知ってた」って言えるでしょう?

最初から逃げ道を作っているのだから、努力も怠り力は発揮されなくて当然。採用が決まらなくても、当然となってしまいます。

「次もダメかもなあ」じゃなくて!

「次こそは!」と熱く意気込みましょう。

一人で転職活動している方にアドバイス!

転職活動において、孤独な戦いを挑んでいるあなた! それこそが、採用が決まらない理由かもしれませんよ。転職は孤独な戦いという時代はもう終わった。今は強い味方を付けてから転職活動をする時代です。

強い味方とは転職のプロである、転職エージェント。

僕自身が転職エージェントの世話になったということもあり、僕は転職する際には転職エージェントを強くプッシュします!

企業がどんな人材を求めているかは転職エージェントの担当者が教えてくれるし、書類選考や面接の対策アドバイスなどもしっかりしてくれる。辞めたいと思った理由を話せば、退職理由をポジティブ変換する手助けもしてくれます。希望条件があなたのスキルや経験に見合わない場合も教えてくれるから、転職者はドーンと構えていればいいわけです。

転職エージェントを使うだけで、僕がこの記事で語ってきた「こうしたほうがいい、ああしたらダメ」というアドバイス全てを実行できるということ! 自分ひとりでアレコレ悩むよりも、効率よく転職活動が出来るというわけですね。

転職エージェントを既に使っている方にアドバイス!

転職エージェントを既に使っているけれど、それでもやっぱり採用がなかなか決まらない方もいます。そういう方にオススメなのが、転職エージェントを複数使うことです。

僕も転職エージェントは複数に登録しました。当時は「転職しちゃるぞ」という勢いのままに、たくさん登録したんですよ。まあ…そうたくさんやらなくてもいいんだけど、二つか三つくらいは使ったほうが良いと思います。

複数使うことで、色々な求人がゲットできるし、いろんな角度から転職アドバイスを受けることができますからね。転職活動がよりスムーズになるし、様々な角度からのアドバイスを自分なりに受け止めて活用することで内定率も上がるでしょう!

また、担当者を変更することもオススメですよ。

担当者との相性が悪いと、どうしても採用が決まらないということはありますからね。転職エージェントの中でも、キャリアコンサルタントの性格や経験・スキルは様々です。どうしても採用が決まらないのなら、担当者に原因がある場合も考えられます。

担当者の変更は、サイト上から簡単に手続き出来るので遠慮なくチェンジしましょう。

自分の未来を掴むためだから、今の担当者さんに悪いとか遠慮するだけ損ですよ。

仕事を辞めたいから転職を始めたけど、採用が決まらなくて困っている。その悩みの理由は自分にあったり、自分以外にあったり様々。その理由を徹底的に排除して、採用を手中に収めましょう!

これまでなかなか決まらなかったからこそ、決まったときの喜びは計り知れません