やりたい仕事は、ステップを踏めば、見つかるよ。

20代で「やりたいことが見つからない」「やりたい仕事がない」という人は、多いと思います。僕もやりたい仕事が見つからずに悩んだことがあるし、僕の友達は10代の頃からずっと悩んでいました。

社会人永遠のテーマでもある「やりたい仕事」、20代のうちからそういう仕事を探すことの意味と探し方を紹介しましょう。

20代でやりたいことが見つからないのは、普通だよ

僕もやりたい仕事が見つからずに悩んだことがあると語りましたが、20代でやりたい仕事が見つからないというのは実は普通のことなんです。

20代にしてやりたい仕事に就いているという人は、そう多くはありません。

就職活動をしているときの僕は、やりたいことなんてわかっていませんでした。ただなんとなく「ITかな」と思い営業職になったわけです。結果ブラック企業にキャッチされてしまったわけだけど、僕は今もやりたいことはあるけど特別やりたい仕事があるわけではありません。

また、就職活動を始めるときには「これがやりたい」ということがあったとしても、就職活動をするうちにわからなくなる人も多いですよねえ。

就活というのは自分を否定される気分になるし、そうするうちにやりたいことがわからない状態になる。

それに、やりたいことがあったとしても「まだ20代だし」「年をとってから」と考える人は多いです。

たとえば、喫茶店を開きたいと考えても、「普通に営業頑張ってお金を貯めてからかな」と考えていた知人がいます。その知人は今40代なんですが、結局お金を貯めた後に「飲食店のことがわからない」「経営がわからない」と苦労したそうです。

20代だからという言い訳をせず、やりたい仕事に就くメリットは大きいと思います。

20代でやりたいことが見つからないのは普通だけど、やりたい仕事に就きたいと考える姿勢は大事なことなのではないでしょうか。

20代で自分がやりたい仕事に就いておくことのメリット

20代のうちから自分がやりたい仕事に就いておくことのメリットは、凄く大きいんです。僕の知人の例もありますし、それ以外にもたくさんのメリットがあります。そんなことは明白だと思うかもしれないけど、今一度再確認しておくことは大事!

やりたいことを探したいなら、メリットを見つめなおして決意をかためようぜ。

人生に迷うことがなくなる

やりたいことが見つからないまま人生を歩むと、節目節目に迷います。

僕はプライべートにやりたいことがあるからあまり迷わないけど、それでもたまにこう思うんです。何か自分には他にもっとやるべきことがあるんじゃないだろうか? 自分にできる何か、自分がしたい何か…。

後輩が入る時期になると迷うし、季節の変わり目にも迷うし、イベントごとがあるたびにも迷うんですよ。

特に若いということが、僕らを迷わせます。

今はまだ若いのだから、今のうちに何かしなくちゃいけない! という気持ちになるんですよねえ。

プライベートでも仕事でもやりたいことがわからないという人は、多分もっと人生に迷うことが多いと思います。やりたい仕事に就くことで、今後の人生に迷いがなくなり、自分の人生をハッキリとした想いをもって歩くことができるのではないでしょうか。

自分が将来なりたい姿を忠実に再現できる

やりたい仕事に就くと言っても、本当にやりたいことができるのはまだ先かもしれませんよね。

たとえば、「この業界の仕事がしたい」という漠然な想いと「この業界の、こういう仕事がしたい」というハッキリとした想いとが同居している人は多いです。

一番最初に叶えられるのは、前者の漠然な想いだけということがほとんど。自分がやりたい仕事がある業界・会社での経験を積むことで、本当にやりたい仕事ができるようになります。キャリアを積んでいくことが必要になるだろうということです。

20代のうちからやりたい仕事に就いておくことで、本当になりたい自分の姿や、本当にやりたいことを忠実に再現できるようになります。

これが30代・40代になると、キャリア形成が難しくなって本当にやりたいことができない可能性も出てくるんです。

仕事のストレスが減る

やりたい仕事にストレスが無いとは言いません。

ただ、ストレスに対して自分の中で納得することができます。それに、やりたい仕事をしているというだけで、やりたくない仕事をしている人に比べればストレスは減っているんですよ。

ストレスが減れば元気でいられる時間が増えて、元気でいられる時間が増えれば仕事を頑張ることも恋愛をする余裕も、趣味を楽しむ余裕も生まれます。

また、やりたいことをしている充実感も得られますよね。

僕は、人というのはなんだかんだ「自分にできること」「自分のやりたいこと」をやりたいと願う生き物なんだと思います。それがきっと人生を戦い抜くということなのかもしれません。

複雑怪奇で漠然としたことが多い世の中で、それを明確にし、戦うことができるというのは、ハチャメチャに幸せなことなのではないでしょうか。

人間は、生きがいが欲しい生き物なんだ。

コツコツと人脈を作れる

誰かが言った。

「若いうちには、金よりも人脈を得よ」と。人脈というのは将来、自分が想像していない利益を生むことがありますからね。

20代のうちからやりたい仕事に就くことによって、その方面の人脈をコツコツと築くことができるようになります。やりたいことというのは同じ方向性でも微妙に変化するものです。

30代・40代と経験を積んだあとに他の事に派生したとき、その人脈の助けにより実現が可能となるわけです。

また、やりたいことの方面の人脈を作ることは、自分自身を成長させてくれるんですよ。たとえば師匠のような人に出会うことができれば技術はさらに磨けるし、人間力も磨くことができます。

20代のうちに作る人脈というのは、尊敬できる人の人脈であることが多いです。若い僕らは経験豊富な人に憧れ近づこうとし、向こうは若い人材を育てようとかわいがろうとしますから。

プライベートが充実する

やりたい仕事をすることで、心の余裕が出来ます。

これまでの「やりたいことがわからない」という漠然とした不安から解き放たれて、心にかかっていた霧が晴れるわけですからね。そうして元気になることによって、仕事だけじゃなくプライベートも充実してきます。

仕事の充実とプライベートの充実は、互いに干渉し合うものなんです。

僕の場合、プライベートを充実させる余裕がある会社に就くことで、その会社の仕事もなんとなく楽しくなってきましたから。

転職活動は年齢が進むほど難しくなる

これは、やりたい仕事に就くことを後回しにすることのデメリットを打ち消せるというメリットです。

やりたい仕事に就かなくても幸せな人は、僕のようにプライベートにやりたいことを探します。だからそういう人は別に「後回しにしている」わけではなく、幸せになることができるんです。

ただし、今あなたは「やりたい仕事を探している」人だと思います。

言わば仕事に生きがいを求めていると言えるわけで、そういう人は後回しにしたとしても結局はやりたい仕事に就きたいと考えるものです。人間というのは生きがいを持とうとする生き物だから。

しかし、転職活動というのは年齢が進むほどに難しくなります。

特に未経験の業界や仕事に関しては、難易度の上がり幅が大きいです。

企業が未経験者に求めるのは、20代のように若く吸収力が豊かであること。若い発想力なども求められるし、自分が実年齢よりも若い吸収力と発想力があると力説したとしても、20代にはかないません。

「後から」「社会経験積んでから」じゃなくて、今のうち、今のうちなんです。

自分がやりたい仕事を見つけるための準備(方向性の洗い出し)

自分がやりたい仕事を見つける方法は、準備をしっかりとすることです。「やりたいこと」は好きなこと・得意なこと・性格・趣味などと、直結しています。それらを洗い出すことで、やりたいことの方向性が見つかる!

洗い出しをしましょう。

自分が好きなことやワクワクすることを書き出そう

あなたが好きなこと、ワクワクすることを書き出してみてください。ワクワクと仕事は結構繋がることが多いし、ワクワクすることを仕事にできたら毎日楽しいですよね!

たとえば、最近だと「VRにワクワクする」と言っていた大学時代の先輩が気付けばVirtual Youtuberを手がけている会社の社員になっていたという事件が、僕の周りにありました。彼が転職前に言い残した言葉「これからはVRやでえ」というのが、まだ僕の頭に響いています。

遊びとして好きなこと・ワクワクすることも、仕事としてワクワクすることも、日常の「好き」はどんなことも仕事に繋がっているというわけです。

特に20代はまだ若く、「面白そう」「ワクワクする」ということを出発地点にしても大きな問題になりません。未経験だとしても転職需要があるし、もし仕事としてはイマイチだったとしてもやり直しがききます。

単純なワクワクを仕事に繋げるという行為は、若者にのみ許されたことなのかもしれませんね。

どんな些細なことでもいいから、日常のワクワクを洗い出しましょう。

自分が得意なことを書き出そう

仕事は「得意であること」というのが、とても大事なことです。

得意なことをすることにより人に頼られたり、大きな成果を挙げられたり、仕事のやりがいが得られますからね。自分が得意なことを探すことも、自分がやりたい仕事を見つけるということに繋がります。

ただ、好きなことを探すよりも得意なことを探すほうが難しいですよねえ。

少し「得意かもしれない」と思っても、謙遜してしまって「仕事にはならないだろう」と決めつけてしまいがちですから。特に20代のうちは自信がない人が多く、自分だけで得意なことを考えると行き詰ります。

得意なことを洗い出すときには、そういう謙遜を全部取っ払いましょう。少しでも自分の中で「これは得意かもしれない」ということがあれば、全部書き出してください。

あとは、友達や同僚・先輩などに聞いてみると良いでしょう。

その先に、仕事の選択肢が広がっています。

  • 本が好きで整理整頓が得意だから図書館の仕事をする。
  • 気遣いが得意だからホテル・旅館の仕事をする
  • 料理と気遣い両方得意だから、料亭の料理人になる

好きと得意を融合させたり、得意なことを複数合体させたりすることで、仕事の選択肢というのは無限のように広がりますよ。

自分の性格を主観と客観から見てみよう

自分の性格というのも、どういう仕事がやりたいかを考えるのに使える要素です。

たとえば、マイペースな性格だから営業のように競争するよりも、事務のようにコツコツとした仕事がしたいのではないかと考えられますよね。あとは、人の役に立てることに喜びを感じる性格だから営業サポートなどの後方支援の仕事をしたら、やりがいがあるかもなとか。

ただ、自分の性格は主観で考えるだけだと不正確なことがあります。

友達に聞いてみるなどして、客観的意見も取り入れましょう。

趣味を仕事にしてみるのは?

好きなことやワクワクすることは仕事に繋がっている。それと同じで、どんな趣味だとしても仕事に繋がっているんです。

たとえば、こういう感じ…。

  • ジオラマ作りが趣味でミニチュア結構作るから、それを仕事にできないだろうか
  • オモチャ集めが趣味だから、企画や製作をすると面白いかもしれない
  • 趣味で映画評論ブログしてるけど、ライターとして役立てられるのでは?
  • 楽器が趣味で色々触ってるから、楽器メンテナンスの仕事とかいいのかも

直接的にも、間接的にも、趣味を仕事にすることは可能です。実際、ミニチュア製作の仕事・特殊造形の仕事などは世の中にあるわけだし…。ミニチュアを作れる器用さという得意分野から派生させて、他の仕事を探すこともできるでしょう。

自分の趣味と、それに連なる仕事を考えてみると面白いと思いますよ。

洗い出しの結果を携えて転職活動を始めよう

洗い出しをしたら、やりたい仕事の方向性が大体わかってきますよね。

今度はそれをもとにして、実際の求人をひたすらチェックしていきましょう。実際の求人を見ることでその業界・仕事のことがわかるし、20代の年収モデルや残業時間などのリアルな数字も見ることができます。

そうして洗い出した方向性を一つひとつ検討していき、「これがいい」と思った求人の仕事をすると良いのではないでしょうか。

そのために、転職エージェントを利用するのがベストです。

転職エージェントは求人数が多く選択肢が広くなります。アドバイザーがいるから、ひとりだと見落としてしまいがちな仕事の選択肢も拾ってもらうことができるんです。ポイントは、アドバイザーに洗い出しの結果を見せること。

また、20代という若さの強みを活かす転職活動のアドバイスも受けられます。

20代からやりたい仕事を見つけるためには、出来る限り多くの選択肢があった方が良いです。

まだまだ若いんだから、仕事の選択肢はほぼ無数と言えるほどに広がっています。洗い出し結果を携えて、選択肢を広げて転職エージェントを使ってまた広げながらも着実に絞り、「これだ!」という仕事を見つけましょう。

誰にでも、それができる!